DDIベンダーのInfobloxがセキュリティ強化――IIDの脅威インテリジェンスと連携

DDI(DNS、DHCP、IPAM)ソリューションベンダーのInfobloxは2016年3月28日、脅威情報の収集・分析・配信を行うセキュリティ機能の強化戦略を発表した。Infobloxのセキュリティソリューションに、今年2月に買収したIID社のスレットインテリジェンスおよびビッグデータ分析プラットフォームを加える。

IID CEOのラース・ハーベイ氏は、「企業のセキュリティチームは、スレットインテリジェンスのオペレーションに苦労している」と指摘したうえで、両社のソリューションが組み合わさるメリットをこう説明している。

「機械可読型のスレットインテリジェンスを利用可能な形式で取得するのは難易度の高い作業であり、スレットインテリジェンスをネットワーク上のデバイスと直接統合するのはさらに難しい。IIDとInfobloxの組み合わせにより、これらをすべて1つのパッケージ内に収めるため、企業が攻撃の検出から実行、軽減までを瞬時に実現できるようにするうえで役立つ」

なお、IIDは非公開企業で、Infobloxは買収に伴い同社の株主に対して4500万ドルを支払っている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。