ソフトバンク、グローバルIoT管理サービスを今秋開始

ソフトバンクは2015年7月28日、グローバルIoT/M2Mマネジメントサービスの提供を今秋から開始すると発表した。

米Jasper TechnologiesのIoT/M2Mプラットフォームを採用し、IoT/M2M用モバイル回線の管理機能や、障害の簡易診断機能などを提供する。IoT/M2Mをグローバル展開する場合でも、単一プラットフォームによる管理が可能だ。

主な利用シーンとしては、テレマティクス、工作機械のリモートモニタリング、盗難防止ソリューションなどを想定。

例えば、テレマティクスにおいては、海外で販売されるクルマで使われる複数キャリアの通信を専用のWeb管理ポータルで一括管理したり、リアルタイム障害診断機能によって障害箇所の特定や切り分けを行ったり、API連携により企業の基幹システムと連携した管理を行うといったことが可能だという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。