SDN/NFV活用の新型ネットワーク「IIJ Omnibus」――1日単位で必要なネットワーク機能を利用可能

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、SDN/NFV技術を活用した新型ネットワークサービス「IIJ Omnibusサービス」を9月から提供開始すると発表した。ユーザー企業は、ルーターやファイアウォールなどのネットワーク機器を自社で所有することなく、必要なときにオンデマンドで必要なネットワーク機能をクラウドサービスとして利用できる。

「これからは、すべてのシステムを我々のクラウドでご利用いただける」(IIJ 専務執行役員 クラウド事業統括の時田一広氏)。

IIJ GIOブランドでクラウドサービスを展開しているIIJが、いよいよルーターやファイアウォールなどのネットワーク機能についても、クラウド上でサービスとして提供し始める。同社は2015年7月15日、企業ネットワークに必要な機能を仮想化し、オンデマンドで提供する新型ネットワークサービス「IIJ Omnibusサービス」を9月から提供開始すると発表した。

IIJ Omnibusサービスの概要
IIJ Omnibusサービスの概要

IIJ Omnibusは、SDNとNFVを活用したクラウド型ネットワークサービスだ。ネットワーク機能を提供する仮想アプライアンスのことはIIJ Omnibusでは「モジュール」と呼ばれるが、具体的には以下のモジュールが提供される。

9月から提供開始予定なのは、IIJのバックボーン直結のインターネット接続機能を提供する「インターネットアクセスモジュール」、IIJ GIOやAzure、ユーザー企業のプライベートクラウドなど各種クラウド環境への閉域接続機能である「クラウドエクスチェンジモジュール」、VPN接続機能の「VPNモジュール」などだ。

また、2015年3Q以降には、未知のマルウェアなどにも対応する拡張ファイアウォール機能「エンハンスドファイアウォールモジュール」、アンチウィルスや迷惑メールフィルタなどの「メールセキュリティモジュール」、URLフィルタリングなどの「Webセキュリティモジュール」等を順次追加していくという。

IIJ Omnibusで提供予定のモジュール(仮想アプライアンス)
IIJ Omnibusで提供予定のモジュール(仮想アプライアンス)

なお、これらモジュール間の通信の処理等を行うのが、IIJが独自開発したNPS(Network Processing System)という機能。

「1企業のシステムであれば何とかなると思うが、SDNとNFVをそのまま使っただけでは、サービスシステムにはなり得ない。SDNとNFVの2つの利点を最大限活かすために、NPSを開発した」(IIJ 常務執行役員 ソフトウェア開発統括の石田潔氏)。IIJ Omnibusの技術面での核となっているのが、このNPSのようだ。

IIJ Omnibusの構成イメージ
IIJ Omnibusの構成イメージ

続きのページは、会員の方のみ閲覧していただけます。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。