Bluetooth 4.2が策定――プライバシー保護やIPv6対応、2.5倍の速度向上など実現

Bluetooth SIGは2014年12月4日、Bluetoothの最新仕様である「Bluetooth 4.2」を策定したと発表した。

IoT(モノのインターネット)時代の標準無線技術となるべく、セキュリティや接続性の強化、高速化などのアップデートが図られているという。

具体的にはまず、政府機関に要求される高レベルのセキュリティ基準(FIPS)に対応し、プライバシーの保護を実現する。例えば、ビーコンを導入しているショップなどにおいて、あらかじめデバイス側で許可しない限りトラッキングされない不正トラッキングの防止機能を実装する。

また、2014年末に策定される新プロファイル「Internet Protocol Support Profile (IPSP)」により、BluetoothでIPv6も使用可能になる。Bluetooth Smartの各種センサーを、IPv6/6LoWPANを介してインターネットに直接接続できるようになるという。

さらに、Bluetooth Smartデバイス間のデータ転送速度と信頼性も向上。4.1と比較してBluetooth Smartパケットの容量は10倍に増え、デバイスのデータ転送速度は最大2.5倍に向上するという。その結果、送信エラーの発生が削減され、電力消費量も従来より抑えられるとのことだ。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。