NEC、Aspire UXのコールセンター向け機能を強化

NECとNECプラットフォームズは2014年7月23日、中小事業所向けのビジネスホン「UNIVERGE Aspire UX」の機能強化を発表した。

今回の機能強化は、コールセンター向けが中心となっている。電話対応中のオペレーターに対して、スーパーバイザーが顧客との会話には割り込まずに指示などを伝えられる「ACDウィスパリング」機能を追加。また、取次待ちの呼の発生状況について、従来のアラーム音に加えて、ボタンの点灯/点滅によっても通知できるようになった。

このほか、プレゼンス表示やチャットなどが可能なUCツール「デスクトップコミュニケータUC100」も機能強化し、従来の多機能電話機だけではなく、PHSや単独電話機との電話連携が可能になった。

機能強化したAspire UXの販売開始日は8月4日。想定システム価格は、73万3000円~(IP電話サービス4回線、12ボタンデジタル多機能電話機8台、コールセンタ機能4台分)となっている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。