JR東日本、iPadをメンテナンス・建設部門に1万4000台導入

東日本旅客鉄道(JR東日本)は2014年6月10日、メンテナンス部門と建設部門にタブレット端末を導入したと発表した。導入した端末は、iPad AirとiPad mini Retinaディスプレイモデルで、導入台数は約1万4000台。5月末に配備を完了したという。

JR東日本では、すでに主要駅や乗務員にはタブレット端末を配備しており、導入済みのタブレット端末の合計台数は約2万2000台となる。

メンテナンス部門と建設部門では、図面やマニュアルなどを電子化し、誰もが常に最新の資料をタブレット端末で見られるようにする。また、現地の状況を画像と音声でリアルタイムに共有したり、輸送障害発生時の遠隔会議に活用することで、迅速な対応を可能にしていくという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。