「モビリティ化という“旅”を企業が成功させるには?」――日本HPが企業向けモバイル戦略を説明

日本HPが企業向けモバイル戦略説明会を開催した。企業がモビリティ化を進める過程を1つの“旅路”にたとえ、モバイル戦略のポイントやHPのソリューションの強みなどを説明した。

「これは企業にとって、新たなパラダイムへの1つの旅路(Journey)なのだ」

日本ヒューレット・パッカード(HP)は2014年3月14日、企業のモバイル戦略に関する記者説明会を開いたが、HP エンタープライズグループ テクノロジーサービス ネットワーキング&モビリティ ワールドワイド・ストラテジストのクレイグ・パトリッジ氏はこう述べた。

HPが企業のモバイル戦略を「旅路」にたとえるのは、例えばMDMの導入だったり、「何か1つの特定製品での解決は、本質的な解決にはならない」(日本HP エンタープライズグループ事業統括 テクノロジーコンサルティング事業統括 モビリティソリューション 大村恵吾氏)という考えからだ。企業にとってモビリティ化とは、従来型のクライアントサーバーモデルに、モバイルとクラウドを組み合わせた「新しいコンピューティングパラダイムへの移行」(パトリッジ氏)であり、一朝一夕に成し遂げられるものではない。

モバイルとクラウドで起こるパラダイムシフト

クライアントサーバー+モバイル-クラウドがこれからのパラダイム

例えばIT部門の考え方1つをとっても、今までの「ユーザーに権限を与える(そしてそれを管理する)」というアプローチから、「ユーザーに選択肢を与える(そしてそれを支援する)」へと変わる必要がある。また、今までの資産をすべて捨てて、旅立つわけでもない。既存の資産を活かしながらの旅である。

モビリティ化に向けて取るべきアプローチ
モビリティ化に向けて取るべきアプローチ

だから、企業は、モビリティ化を1つの長い旅と捉え、しっかりとした戦略のもと、着実に取り組んでいく必要がある、というのがHPの意見だ。

モビリティ化におけるHPの強みとは?

モビリティ化の旅をサポートするパートナーとして、HPがアピールした点は大きく3つある。

HPが強調した3つのポイント

まずはPC/タブレットからネットワーク、ITサービスまで、エンドツーエンドのモビリティソリューションをグローバルレベルでワンストップ提供できるという点だ。

2点目は、HPが自社導入の中で蓄積してきたモビリティ化のノウハウと経験である。例えばクレイグ氏が強調したのは、マイクロソフトのユニファイドコミュニケーション(UC)製品「Lync」についてだ。「HPでは、32万人規模で利用している。おそらく世界でもこれだけの規模でLyncを利用している企業はないだろう」。また、HPではBYODも15万人規模で実施している。なお、モバイル戦略においてUCは、離れた場所にいる人同士を円滑につなぐためのツールと位置づけられる。こうした自社実践で培ったノウハウをもとに、ITだけではなく、人事・労務面も含めてサポートを提供できるという。

3点目は、充実したサービスポートフォリオだ。HP製品のみならず、「各分野のリーディング企業とのアライアンスにより、様々なリクエストに応えられるポートフォリオを用意して提供する」と大村氏は説明した。

続きのページは、会員の方のみ閲覧していただけます。

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。