SII子会社、ソフトバンクと共同出願した特許技術でリンクアグリゲーションの制約を解消する新製品

セイコーインスツル(SII)の100%子会社であるエスアイアイ・ネットワーク・システムズは2014年1月15日、新製品「NS-8210-10 bulk」の販売を開始した。2つのEthernetリンクを仮想的に1つにまとめることができ、帯域増強とリンクの冗長化が図れる。

NS-8210-10 bulk
NS-8210-10 bulk

複数の物理リンクを仮想的に1つのリンクとして扱う技術としてはリンクアグリケーションが知られているが、同社によればリンクアグリゲーションには、「接続するリンクの両端の装置がリンクアグリゲーションをサポートしていることや使用するポートに共通の設定をしかおかなければならないという制約」がある。これに対してNS-8210-10 bulkの場合、既存のレイヤ2網に接続してリンクを追加すれば、ルーターやスイッチの設定・設計などを変更することなく、仮想的に1つのリンクとして扱えるという。

NS-8210-10 bulk
NS-8210-10 bulkの利用イメージ

なお、NS-8210-10 bulkで用いられている技術は、エスアイアイ・ネットワーク・システムズとソフトバンクテレコムが共同出願した特許技術。2013年12月に特許登録された。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。