NTTコム、ブラウザ間でリアルタイム通信を実現するWebRTCプラットフォーム

NTTコミュニケーションズは2013年12月5日、WebRTC技術を活用したアプリケーションを開発するためのプラットフォーム「SkyWay」の無償提供を開始した。

WebRTCは、ブラウザで音声や映像によるリアルタイムコミュニケーションを可能にする技術。従来、専用アプリケーションやプラグインが必要だったが、ブラウザだけでリアルタイムコミュニケーションを実現できる(関連記事:ビデオチャットを劇的に身近にするブラウザ技術「WebRTC」を徹底解説)。

WebRTCでは、ブラウザ間の直接通信を確立するための仲介サーバーが必要になるが、SkyWayは仲介サーバーのAPIを提供する。また、ブラウザ間で通信を確立するための処理の記述が簡単に行えるというJavaScriptライブラリとそのソースコードも公開した。

NTTコムによれば、WebRTCのプラットフォームの公開は国内初。今回の無償公開はフィールドトライアルという位置づけで、これで得た知見を元に機能改善や信頼性向上を図り、正式サービスとしてのリリースを目指すという。

SkyWayを活用したアプリケーションの例
SkyWayを活用したアプリケーションの例

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。