レンタルサーバー事業のカゴヤ・ジャパン、フォーティネットのメールセキュリティを導入

フォーティネットジャパンは2013年7月25日、データセンター/レンタルサーバー事業者のカゴヤ・ジャパンが同社のメールセキュリティアプライアンス「FortiMail-3000C」を導入したと発表した。

カゴヤ・ジャパンは今回、レンタルサーバーサービス「KAGOYA Internet Routing」で提供するメールサービスのオプションメニュー「迷惑メール対策」にFortiMailのウイルス対策およびスパムメール対策機能を採用した。

また、カゴヤ・ジャパンではFortiMailのゲートウェイモードを利用してメールのルーティングを変更し、3つのVLANを1つのVLANに統合しているという。ゲートウェイモードとは、既存のEメール ゲートウェイに対してインバウンド/アウトバウンドのプロキシ メール トランスファー エージェント(MTA)サービスを提供する機能とのこと。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。