NEC、OpenFlow対応のUNIVERGE PFシリーズを強化

NECは2012年12月12日、OpenFlow対応のネットワーク製品「UNIVERGE PFシリーズ」のラインナップ拡充を発表した。OpenFlow対応のコントローラ「UNIVERGE PF6800」の機能強化を図ったほか、新たに2つのOpenFlow対応スイッチを発売する。

コントローラについては、次の3点が強化された。1点目は回線障害時の復旧時間で、従来の約10分の1に短縮。2点目は仮想テナントネットワーク(VTN)上の仮想ルーターでのIPv6ルーティングが可能になったことで、これによりセグメントをまたがったIPv6通信が可能になるという。最後は、VLANコンフィグレーションの簡易化である。コントローラからスイッチのVLAN設定を集中的に行うことが可能になった。

スイッチについては、「UNIVERGE PF5248」と「UNIVERGE PF5220」を12月27日から販売開始する。PF5248は8ポート10GbEスイッチで、10Gポートでサーバーからの回線を直接収容可能。コアスイッチとしてもエッジスイッチとしても利用できるという。価格は215万円(税別)~。

PF5220は、エッジスイッチを想定した24ポートGbEスイッチ。NECでは中規模の企業ネットワークでも導入が容易としている。価格は139万円(税別)~。

UNIVERGE PF5248 UNIVERGE PF5220
UNIVERGE PF5248 UNIVERGE PF5220

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。