日立とSAPがモバイルデバイス管理で協業、10月からMDMサービス開始

日立製作所とSAPジャパンは2012年9月5日、モバイルデバイス管理(MDM)分野での協業を発表した。

SAPジャパンのMDM製品「SAP Afaria」をベースに、日立の統合システム運用管理製品「JP1」と連携したMDMサービスを共同開発し、10月中にまずは国内で提供開始する予定だ。スマートデバイスとPCの一元管理機能や数万台規模のスケーラビリティなどを備えたサービスになるという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。