インターネットマーケティング事業のPlatform IDがF5のBIG-IPプラットフォームを導入

F5ネットワークスジャパンは2012年8月9日、インターネットマーケティング事業を行うPlatform IDがBIG-IPプラットフォームを導入したと発表した。

Platform IDが採用したのは、BIG-IP Local Traffic ManagerとICSA認証を取得したF5のネットワークファイアウォール・ソリューションだ。これにより、ファイアウォールとロードバランサーを1台のアプライアンスに集約し、以前のサイロ型システムからシンプルな統合型システムに移行。従来、個別サービス毎に約3000万円必要だった初期費用を約2000万円にまで削減するなど、機器コストと運用管理コストを低減したという。また、IPv6への対応を実現したほか、サービスインまでの期間を約6分の1に短縮可能になったとのこと。

Platform IDのシステムイメージ
Platform IDのシステムイメージ

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。