ITRが企業向け無線LAN市場規模を発表、アルバとメルーが前年度比80%超の急成長

ITRは2012年7月25日、企業向け無線LANの国内市場規模を発表した。

これによると、2011年度の出荷金額は142億円で、前年度比46.4%増の大幅成長になった。この背景にあるのは公衆無線LANスポットおよびスマートデバイスのビジネス利用の拡大だ。このトレンドは今後も続くことから、2012年度も同28.2%増を見込んでいるという。

また、2011年度のベンダーシェアは以下の図表の通り。1位は引き続きシスコシステムズが堅持した。また、2位のアルバネットワークスは前年度比81.3%増、3位のメルー・ネットワークスは同84.6%増の急成長を遂げているという。アルバは大企業、メルーは大学・病院を中心に実績を伸ばしているとのこと。

企業向け無線LAN市場ベンダーシェア(2011年度・出荷金額ベース)
企業向け無線LAN市場ベンダーシェア(2011年度・出荷金額ベース)

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。