ドコモ、法人向け通話録音サービスを7月開始

NTTドコモは2012年6月28日、携帯電話やスマートフォンの通話内容を自動録音できる法人向けサービス「通話録音サービス」を7月から開始すると発表した。

同サービスを利用すると、通話前に双方に「通話内容を録音する」旨を告知する10秒程度のガイダンスが流れ、ドコモのネットワークで通話内容を自動録音できるようになる。ドコモでは、通話内容を証跡として保管する必要がある企業や、通話内容をサービス品質向上などに活用したい企業などに販売していくという。

なお、録音した音声ファイルは、ドコモ側には保存されず、ユーザー企業が指定したサーバーに送信される。このため利用には別途、ユーザー側でサーバーなどを用意する必要がある。ドコモ設備とユーザー設備をつなぐアクセス回線としては、専用線やインターネット、インターネットVPNなどが利用可能だ。

「通話録音サービス」の概要
「通話録音サービス」の概要

料金は、初期費用が1グループにつき3150円。同サービスでは、複数の回線で1つのグループを構成し、そのグループごとに音声ファイルの送信先を指定するかたちになっている。また、月額費用は、通話録音機能使用料が1回線当たり525円、グループ利用料が1グループ当たり525円。このほかアクセス回線の登録料は1接続当たり0~3万1500円、アクセス回線接続プランは同0~10万3950円となっている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。