スマートデバイスの法人出荷台数、2012年度は前年比1.8倍の242万台に

ICT総研は2012年6月25日、スマートデバイス需要動向調査の結果を発表した。

これによると、スマートフォンとタブレット端末を合わせたスマートデバイスの出荷台数は、2012年度に3087万台になる見通し。PCの1530万台と比較すると約2倍になる。その後もスマートデバイスは堅調に増加していき、2016年度の出荷台数は4210万台になるという。一方、PCは横ばい、フィーチャーフォンは減少が続く見込みとなっている。

スマートデバイスおよび関連端末の国内出荷台数予測

また、同調査ではスマートデバイスの出荷台数に占める法人向け比率についても予測を行っている。ICT総研によると、現時点ではフィーチャーフォンやPCに比べてスマートデバイスの法人導入は進んでおらず、2011年度の法人向け比率は4.9%の129万台にとどまった。

だが、キャリア各社の取り組み強化の効果もあり、2012年度は前年比1.8倍の242万台に拡大する見込み。そして、2016年度には530万台に達し、スマートデバイスの出荷台数に占める法人向け比率も12.6%になると予想している。

スマートデバイスの出荷台数予測(個人向け・法人向け)

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。