フォーティネットが次世代FW新製品「FortiGate 200G」、Wi-Fi 7対応に生成AI活用も

フォーティネットは2024年5月20日、次世代ファイアウォール(NGFW)アプライアンスの新シリーズ「FortiGate 200G」を発表した。

次世代ファイアウォール(NGFW)アプライアンスの新シリーズ「FortiGate 200G」

次世代ファイアウォール(NGFW)アプライアンスの新シリーズ「FortiGate 200G」

最新の第5世代セキュリティプロセッシングユニット(SP5)を搭載する同シリーズは、ファイアウォールスループットの向上とFortiGuard AI活用セキュリティサービスの利用を可能にしたことが特徴だ。Wi-Fi 7対応の5GbEポートも提供する。

FortiGate 200Gシリーズは、最新のキャンパスで必要とされる高性能なネットワークとセキュリティ機能を提供することを前提に設計。競合他社ソリューションとの比較において、業界平均の7倍のファイアウォールスループット、16倍のIPsec VPNスループット、2倍の脅威保護を実現したという(下図表参照)。

FortiGate 200Gと他社製品の性能比較

FortiGate 200Gと他社製品の性能比較

また、FortiGuard AI活用セキュリティサービスにより、インラインの高度なマルウェア防止、DNSフィルタリング、データ損失防止(DLP)、攻撃対象領域の管理などのサービスを提供。5GbEポートの搭載により、無線LANアクセスポイントのパフォーマンスが向上し、帯域幅使用率の最適化、データスループットの向上などが実現されるとしている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。