ソニーがグーグルと戦略提携、Android搭載テレビを発売へ

ソニーは2010年5月21日、米グーグルと戦略的提携を構築し、Google TVプラットフォームを世界で初めて採用した「Sony Internet TV」の開発を行うと発表した。Google TVプラットフォームは5月20日(米国時間)、米サンフランシスコにて開催中の米グーグルの開発者会議「Google I/O」で、ソニー、インテル、ロジテックにより発表されたテレビ向けのプラットフォーム。Android OSを採用するほか、グーグルのWebブラウザ「Chrome」も搭載する。

ソニーでは、Sony Internet TVをまず米国で2010年秋をめどに発売する予定だ。ディスプレイ一体型とブルーレイディスクドライブを組み込んだセットトップボックス型の2タイプを投入する計画だという。

ソニーは今回の提携の狙いについて、「オープンプラットフォームならではの柔軟性を誇るグーグルのAndroidプラットフォームを採用することで、商品開発プロセスの最適化を図ると同時に、オープンで拡張性があり、進化を続けるユーザー体験の提供を目指す」とコメント。また、Sony Internet TVについて「インターネットとテレビを融合させることで今までに無い楽しみ方を提供するだけではなく、アプリケーションのダウンロードにより進化し続けるという、新しい時代のテレビ」と説明している。

PC、携帯電話と勢力を拡大してきたグーグルだが、ついに今度はテレビにまで進出することになる。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。