ブロケードがクラウド戦略の説明会 ~新アーキテクチャ「CloudPlex」など紹介

ブロケード コミュニケーションズ システムズがデータセンターおよびクラウド事業に関する説明会を開催した。来日した本社バイスプレジデントが最新の戦略について語ったほか、同社の中核製品「VDX 6720」の導入事例も紹介された。

ブロケード コミュニケーションズ システムズは2011年6月1日、データセンター/クラウド向け事業に関する記者説明会を行った。これは5月3日~4日に米国で行われたイベント「Brocade Tech Day Summit 2011」を受けて開催されたもので、米Brocade本社でデータセンター製品部門 プロダクト・マネジメント担当バイスプレジデントを務めるダグ・イングラハム氏が来日した。

米Brocade データセンター製品部門 プロダクト・マネジメント担当バイスプレジデント ダグ・イングラハム氏
米Brocade データセンター製品部門 プロダクト・マネジメント担当バイスプレジデント ダグ・イングラハム氏

説明会では「CloudPlex」という同社の新しいアーキテクチャが紹介されたが、これはパブリック/プライベート/ハイブリッドクラウドを統合するためのアーキテクチャだという。そのコンセプトの1つは「Virtual Compute Blocks」で、「例えばサーバーとストレージはデル、ハイパーバイザーはVMware、ネットワークはブロケードといったように、ベスト・オブ・ブリードの環境を提供できる」とした。

Virtual Compute Blocksのパートナー企業
Virtual Compute Blocksのパートナー企業

また、イングラハム氏は「ハイブリッドクラウドで重要なのはオープンであること」と語ったうえで、OpenFlowおよびOpenStackへの対応を表明したことにも触れた。OpenFlowとはスタンフォード大学を中心としたコンソーシアムが策定しているオープンな次世代ネットワーク制御技術で、今年3月にNECが世界初のOpenFlow対応スイッチを製品化している。また、OpenStackは、オープンソースのクラウド基盤構築ソフトウェアである。

さらにイングラハム氏はBrocade Tech Day Summit 2011で発表された新製品についても紹介。特にアピールしていたのはSANバックボーンの「Brocade DCX 8510 Backbone」やSANスイッチの「Brocade 6510 Switch」などのファイバーチャネル製品群で、業界で初めて16Gbpsを実現しているという。

続いて日本法人社長の青葉雅和氏が登壇し、昨年11月に発表したデータセンター向けスイッチ「Brocade VDX 6720」の導入事例などについて語った。イーサネットファブリックを提供するVDX 6720は、同社のクラウド戦略の中核を担う製品である。

ブロケード コミュニケーションズ システムズ 代表取締役社長 青葉雅和氏
ブロケード コミュニケーションズ システムズ 代表取締役社長 青葉雅和氏

導入事例の1つは、業務システム開発やデータセンター事業などを行うアイネット。同社の仮想化サービス「VAiOS」のネットワーク基盤としてVDX 6720は採用されている。「仮想化へのニーズに対応していくうえで、ネットワークがネックになってはいけない。今までのSpanning Tree Protocol(STP)の無駄を排除したテクノロジーを使いたいということで、VDX 6720を採用いただいた」という。また、スモールスタートが可能な点も評価されたとのこと。VDX 6720は、実際に利用するポート数に応じてライセンス費用を支払うポート・オンデマンド型の価格体系を採用している。

アイネットの事例の概要
イネットの事例の概要

紹介されたもう1つの事例は、データセンター事業者のさくらインターネットのケースだ。同社は新しいクラウドサービスを立ち上げるにあたりVDX 6720を導入したそうだが、採用に至った大きな理由の1つは低消費電力。「我々の製品はASICを使っているため、非常に低い消費電力で同じ機能を提供できる。この点を高く評価していただいた」(青葉氏)という。

さくらインターネットの事例の概要
さくらインターネットの事例の概要

なお、青葉氏が繰り返し強調していたのは、競合他社のイーサネットファブリックとの違いだ。「ブロケードはもともとSANの世界で、ファイバーチャネルのファブリックの市場を作ってきた。その技術をほぼそのままイーサネットに持ってきたのが、我々のイーサネットファブリック。イーサネットの考え方とはずいぶん違っている」。この違いを実際に体感してもらうため、ブロケードでは現在、VDX 6720のデモを2011年10月までに1万人に体験してもらうプロジェクトを行っているという。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。