アライドテレシス、全24ポートがPoE対応のレイヤ3スイッチの新製品

アライドテレシスはレイヤ3スイッチの新製品「AT-x600-24Ts-POE」の出荷を2010年5月13日から開始した。

AT-x600-24Ts-POEは、10/100/1000BASE-Tを24ポート装備し、全ポートがIEEE 802.3af準拠のPoE(Power over Ethernet)給電機能に対応している。PoE給電能力はスイッチ全体で295Wで、クラス3(15.4W)のPD(PoE受電機器)に対して最大19ポートへ同時に電源供給が可能。

また、SFPスロット(コンボポート)を4スロット装備。オプションのSFPモジュールの追加により、1000BASE-SX、1000BASE-LX、長距離対応の1000Mbps光、または1心双方向の1000Mbps光ポートを実装できる。

価格は55万3000円(税別)。併せて、オプションのローカルRADIUSサーバー拡張ライセンス「AT-x600-24Ts-POE- RADIUS」(20万円)、L3フルライセンス「AT-x600-24Ts-POE-L3FULL」(20万円)もリリースされた。

なお、本製品は、NECの認証制度「UNIVERGE CERTIFIED」を取得しており、NEC UNIVERGE製品との相互接続性が実証されている。

関連リンク

RELATED ARTICLE関連記事

SPECIAL TOPICスペシャルトピック

スペシャルトピック一覧

FEATURE特集

NEW ARTICLES新着記事

記事一覧

WHITE PAPERホワイトペーパー

ホワイトペーパー一覧
×
無料会員登録

無料会員登録をすると、本サイトのすべての記事を閲覧いただけます。
また、最新記事やイベント・セミナーの情報など、ビジネスに役立つ情報を掲載したメールマガジンをお届けいたします。