企業ネットワーク最前線

<特集>6Gと未来

6Gとエネルギー問題「2030年に5Gを脱炭素化」

文◎坪田弘樹(編集部) 2022.06.24

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

人・モノの移動削減や社会インフラのデジタル化を通して、モバイル網は環境負荷削減に貢献できる。エネルギー効率を圧倒的に高めた5Gと6Gを、脱炭素社会の基盤とするための準備が始まっている。

環境負荷削減への取り組みが、通信業界にも急速に広がっている。

2021年5月にソフトバンクが、同年9月にはNTTドコモが2030 年までにカーボンニュートラルを達成するとの目標を発表。ドコモの発表会見では副社長の廣井孝史氏が、温室効果ガス排出削減における「通信業界の責任は重い。これはドコモの企業使命の1つだ」と話した。

KDDIも今年4月、従来は2050年度としていた「CO2排出量実質ゼロ」の目標年度を20年前倒しした。同社の通信設備が使う電力に起因するCO2排出量は、一般家庭の50万世帯分に相当するという。5G普及によってさらなる増加が見込まれるなか、ネットワークの省エネ化と再生可能エネルギーへの転換を加速させる。

モバイル網の消費電力は0.6%地球規模でみた場合、モバイルネットワークの消費電力は決して大きくない。ノキアの調べでは、ICTセクターの温室効果ガス排出量は世界全体の1.4%、電力使用量は約4%に相当するという。内訳は、ユーザー端末が約半分、データセンターが29%、固定ネットワークが13%、モバイルネットワークは11%だ(図表1)。エリクソンの調査では、モバイルネットワークの電力使用量は、世界全体の0.6%と見積もられている。

しかも、モバイルネットワークは他産業の脱炭素化に役立てることもできる。5G、そして2030年代に実用化される6Gを社会のデジタル化、スマート化に広く活用できれば、他業界の環境負荷削減に貢献できる。

 

図表1 ICTセクターにおける温室効果ガス排出内訳
図表1 ICTセクターにおける温室効果ガス排出内訳


ノキアソリューションズ&ネットワークス CTOの柳橋達也氏は、「人や組織の移動を減らす、建物や交通機関の運用を効率化するなどの方法によって、温室効果ガス排出を回避できる。GSMAのレポートでは、モバイルネットワークの普及によって間接的に削減できた効果は、モバイル自体が消費する電力量の約10倍に相当するそうだ。今回のCOVID-19の流行で、その倍数はもっと増えるだろう。モバイルの力でデジタル化を進めることで、社会全体が低炭素化に向かう可能性がある」と語る。

エリクソン・ジャパンCTOの藤岡雅宣氏も「0.6%しか電力を使っていないモバイルネットワークが、他産業の電力削減に15%貢献しているとするデータもある」と話す。5Gと6Gで産業界のモバイル適用が広がれば、“Green by ICT”の効果はさらに高まるはずだ。

上昇カーブを抑え込めただし、5G/6G の活用範囲の拡大とトラフィック増によってネットワーク自体の消費電力が増大してしまえば、それも絵に描いた餅になる。JST低炭素社会戦略センターの予測(図表2)によると、国内のデータセンターとネットワークで消費される電力は2030年に、2018年比で4.9倍に増加。現在の技術を前提とすれば、2050年には550倍へ膨れ上がるという。

 

図表2 ICTインフラ関連の消費電力予測(国内)
図表2 ICTインフラ関連の消費電力予測(国内)


また、エネルギー関連で世界が直面する問題は環境負荷だけではない。ロシア・ウクライナ戦争を発端にエネルギー価格が高騰し、化石燃料の調達と電力の安定供給に懸念が広がっている。電力コストの高騰も確実視されており、通信インフラの安定運用と低廉な通信サービスの維持には省エネ化と再生可能エネルギーへの転換等が急務だ。

その準備は、5G展開を進めている今から始めなければ間に合わない。モバイルネットワークの消費電力はこれまで、トラフィック量の増大や基地局数の増加に伴って伸びてきており、5Gではより一層の上昇カーブが予想されるからだ。モバイルネットワークが消費する電力の80%は無線アクセス(RAN)で使われているが、5Gではその数がLTEと比べて飛躍的に増える。図表3のEnergy Curveを抑え込むには、抜本的な見直しが必要だ。

 

図表3 Breaking the energy curve approach
図表3 Breaking the energy curve approach

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。