企業ネットワーク最前線

<特集>6G徹底解明

ファーウェイの5.5G構想 5Gと6Gの「中間」が必要

文◎松本一郎(編集部) 2021.07.05

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

多くのバーティカル産業の課題を解決すると期待される5Gだが、限界も見えてきた。ファーウェイでは6Gの標準化を待たずして5Gを進化させた“5.5G”を推進し、要望に応えようとしている。

「5Gと6Gの間を埋める“5.5G”の存在が必要だ」

Beyond 5G/6Gへの議論が各地で始まっている中、ファーウェイ・ジャパン 標準化・事業推進部 事業戦略・レギュレーション ディレクターの朱厚道氏はこのように指摘する。

モバイルネットワークはおよそ10年周期で次世代規格へと進化してきた。しかし、必ずしも一足飛びに、次の世代へと進化したわけではない、その橋渡し的規格も存在した。例えば3Gと4Gの間には、3.5Gと呼ばれたHSDPA/HSUPAがあった。また、LTEは当初は4Gではなく、3.9Gと言われていた。

ファーウェイが提唱するように、5Gと6Gの中間に、いわゆる5.5Gなる規格が存在しても何ら不思議ではない。

朱氏は言う。5Gはそもそもバーティカル産業のためのモバイル規格を目指したものだが、実際の5Gは「バーティカル産業のニーズを必ずしも満たしきれていない」。そのため、「5.5Gの規格を対外的に推進しているのは当社だけかもしれないが、支持してくれる通信事業者は多く、チップベンダーや端末ベンダー等の賛同も得ている」。

5Gに3つの強化では、ファーウェイの描く5.5Gとは、どのような規格なのだろうか。「基本的には5Gの高速大容量、超低遅延、多数同時接続という特徴をさらに拡張するものになる」と朱氏は説明する(図表1)。

 

図表1 ファーウェイが6Gの標準化に向け想定するタイムライン

図表1 ファーウェイが6Gの標準化に向け想定するタイムライン

 

5.5Gの1つめの強化ポイントは上り速度の向上、「UCBC(Uplink Centric Broadband Communication)」だ。ファーウェイは、上り速度において10倍の帯域幅の確保を目標に掲げている。多数のIoTを活用する「Massive IoT」や複数の高解像動画をアップロードする必要があるユースケースなどで需要がある。

2つめの強化ポイントは、高速大容量通信と低遅延通信を両立する「RTBC(Real Time Broadband Communication)」だ。一定レベルの低遅延と信頼性を担保しながら、5Gの10倍の帯域幅を実現することを目標に掲げている。AR/VRなどの仮想現実を利用したアプリケーションで没入感を得るために必要になる。

3つめは、モバイル通信用の電波で、同時にセンシングも行う「HCS(Harmonized Communication and Sensing)」だ。電波は従来から物体検知や測位に活用されてきたが、基本的に高い周波数帯であればあるほど、高精度にセンシングできる。「現在5Gは71GHzまで利用できるように3GPPで標準化されている。71GHz帯のような高周波では、モノの形を相当正確にセンシングできる。障害物の検出も可能になり、ビーム制御も高度化できる。通信とセンシングの統合により、いろいろなサービスが可能になる」と朱氏は解説する。例えば、高精度な屋内測位や、コネクテッドカーやドローンの自律走行などのユースケースに寄与するという。

図表2は、ファーウェイが描く6Gまでの標準化ロードマップだ。同社は5.5Gの標準化作業に関する議論は、2022年ごろにスタートすると予想される3GPP Release18から始めるべきと考えている。「6Gの仕様が決まるのは2030年頃になるだろう。その間にも5Gは引き続き進化していく」

 

図表2 ファーウェイが公表している5.5Gの技術要件

図表2 ファーウェイが公表している5.5Gの技術要件

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

fortinet2204
junipervideo03
mineo2204

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gと未来

<Part1> 6G最新動向 <Part2> 6Gと知財・標準化
<Part3> 6Gとエネルギー問題 <Part4> 通信事業者のメタバース
<Part5> 6G時代のサイバー攻撃


インタビュー国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所長 和田尚也氏「量子ICTやバイオICTなど従来と全く違う発想で未来拓く」 【ソリューション特集】ミリ波の弱点を克服/5G時代を支える光ソリューション ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズ近づくISDN終了 ワンストップの移行サービスが登場

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

IoT用のSIMはきめ細かに管理する!
閉域網、帯域確保で安定・安全通信

スマホでおなじみの「mineo」が、IoTでも利用を拡大している。

NEEDLEWORK(ニードルワーク)ネットワークテストの負担から
SIerを解放する自動化製品!

200時間の作業が数10秒の例も!
テストの品質向上にもお勧めだ。

フォーティネット5G特有の脅威に備え、セキュアで柔軟なローカル5G・プライベート5G

ローカル5G・プライベート5Gではセキュリティリスクへの対処も必要だ。

Alkira4か月かかるクラウド接続を1日で!

DX時代に欠かせないマルチクラウドネットワークの一元管理が、Alkiraなら内製でも容易に実現可能

IoT Connect Mobile Type S柔軟なIoT回線で閉域にも大容量にも
IoTの「分からない」を一緒に解決

ユーザーの要望に合わせて柔軟にプランを選択できる!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。