企業ネットワーク最前線

<特集>ワイヤレスIoT最新動向

無線で電力を遠くまで 10m以上先のIoTデバイスへワイヤレス給電が可能に

文◎村上麻里子(編集部) 2021.03.18

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

今年前半、ワイヤレスでの給電方法が大きく進化する。「空間伝送型ワイヤレス電力伝送システム」は、10m以上先のIoTデバイスへの給電が可能。通信だけではなく、「給電」も本格的なワイヤレス時代を迎える。

 
あらゆるモノをネットワークにつなげていくうえで、長年の課題となっていたのが電力である。商用電源で常時給電することができないIoTデバイスの電力をどうするか。有線による給電や電池駆動といった従来からある方法では、配線や交換時の人的コストなどで限界がある。この問題が解決されれば、IoTの適用領域は大きく広がるが、ついに期待の次世代技術が実用化される。10m以上先のデバイスへ給電できる空間伝送型ワイヤレス電力伝送システム」(以下、空間伝送型)だ。

ワイヤレス給電にはいくつかの方法があるが、空間伝送型の場合、マイクロ波などを遠方に送電し、受信した電波のエネルギーを電流に変換して使用する。

総務省では早期かつ確実な導入を図るため、空間伝送型を大きく3ステップに分類し、段階を踏んで制度化を進めようとしている。

複数のセンサーに効率的に給電2021年前半にも実用化される第1ステップでは、屋内の有人環境で1W、無人環境で20W程度の送電が可能になる。

第1ステップで想定される用途が、工場や倉庫、配送センターなどの無人エリアにおけるセンサーやカメラなどへの給電だ。

昨今、工場ではIoTデバイスの導入が進んでいるが、空間伝送型であればそれらにスポット的に給電することができる。電池交換の際の作業停止が必要なく、また配線を気にせずに設備のレイアウトを変更できるなど、生産・業務の効率化が実現する。

複数のセンサーに効率的に給電を行う技術として、東芝は「マイクロ波給電システム」を開発している(図表1)。

 

図表1 東芝のマイクロ波給電技術のイメージ

図表1 東芝のマイクロ波給電技術のイメージ


複数のアンテナがそれぞれターゲットを絞って電力を送電することで、センサー全体を最適に給電できるというものだ。

「ピンポイントで強い電波を送る際、最適なタイミングで発射するアルゴリズムの開発により、実証実験では最大40倍効率化することが実証された」と東芝 上席研究員の三友敏也氏は話す。

 

東芝 上席研究員 三友敏也氏
東芝 上席研究員 三友敏也氏


一般的に受電側のアンテナが大きいほど送電できる電力も大きくなるが、センサーの場合は取り付けられるアンテナのサイズが限られる。同システムは送電に5.7GHz帯と高い周波数帯を使用することで電波の波長が細くなり、アンテナの小型化を実現しているという。


パナソニックは軽量・フレキシブルな素材を活用し、人体に密着して使用可能な小型・薄型で高効率なアンテナを開発。このアンテナやBLE通信機能などを搭載したカードサイズの複数のセンサーに対し、約5m離れた場所から出力1Wの電力を920MHz帯のマイクロ波を使って送電し、センサーで一括受電する仕組みを構築している(図表2)。

 

図表2 パナソニックのワイヤレス給電の基本コンセプト

図表2 パナソニックのワイヤレス給電の基本コンセプト


「伝送距離を短くする代わりに出力を抑えることで、既存の無線規格への影響や電波防護指針(電波の人体に対する安全性の基準)に配慮している」とパナソニック マニュファクチャリングイノベーション本部 マニュファクチャリングソリューションセンター主任技師の梶原正一氏は説明する。

これに加えてパナソニックは、閉じた空間内でより効率的に給電を行える閉空間内給電技術を開発している。

「閉空間内で電波のマルチパス(電波が反射などの影響で複数の経路を通って届くこと)を活用し、受電する電力を『足し合わせる』ことで効率的に給電を行おうというコンセプト」とパナソニック マニュファクチャリングイノベーション本部 マニュファクチャリングソリューションセンター係長の谷博之氏は説明する。

パナソニックでは佐鳥電機、関東電気保安協会とともに、この閉空間内給電技術を用いて、キュービクル(高圧受電のための機器一式を金属製の外箱に収めたもの)内のIoTセンサーに給電する実証実験を行っている。

現状、キュービクルの点検作業は資格を持った技術員が中心だが、業務効率化や人手不足対策として、リモートからの監視に移行する動きがある。そのためには多くのセンサーを配置する必要があり、配線レスのワイヤレス給電に対する期待が高いという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。