キーパーソンが語る

富士通 水野常務「5G海外攻勢の足場づくり着々。VMNOが今後重要に」

聞き手◎太田智晴(編集部) 2021.02.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

富士通 執行役員常務
システムプラットフォーム
ビジネス部門 副部門長
水野晋吾氏

オープン化や米中対立を背景に、日本の通信ベンダーの海外展開への期待が高まっているが、「着々とその足場づくりが出来てきた」。米DISH Networkによる5G基地局の大量調達でも注目を集めた富士通のネットワーク事業をリードする水野常務はこう自信を見せる。富士通は5Gやローカル5G、さらにその先の6Gに向けて、どんな戦略を描いているのか。水野常務に詳しく聞いた。


――5Gが国内でもスタートして半年以上が経過しましたが、5Gの現状をどう見ていますか。

水野 想定よりも5Gのマーケットは盛り上がっていると感じています。富士通は2つの側面から5Gなどのネットワークビジネスを捉えています。プロダクトのビジネスと、サービス/アプリケーションまで含めてインテグレーションして提供するビジネスです。

前者については、我々の活動は従来ほぼ国内に限られており、国内のインストールベースにしっかり取り組みながら、海外にチャレンジしていきますが、オープン化や米中関係といった背景もあり、着々とその足場づくりが出来てきました。

その結果として、MNOに新規参入する米DISH Networkから5G基地局ベンダーに選定されましたし、まだ話せませんが他にもいろいろなプロジェクトを頂けています。

5Gビジネスで大切なのは、焦らず、時間軸をきちんと捉えることです。全体としては盛り上がっていますが、5Gの導入状況は国によって様々です。国ごとに異なる時間軸を慎重に見定めながら開発計画を立て、海外マーケットを開拓していけるかが勝負どころの1つです。

――国別に時間軸が異なるということですが、マーケット全体としては今後どう進展していくと考えていますか。

水野 「パブリック5G」と「プライベート5G」の2つのマーケットに分けて捉えるべきでしょう。ここでいうパブリック5Gは、通信キャリアが提供するものです。通信キャリア以外のプレイヤーが提供するのがプライベート5G、日本でいうローカル5Gという定義です。

この分類でいくと、まずパブリック5Gについては、欧州は少し遅れる気がしますが、北米を中心に2021年、いろいろな動きがさらに出てくると思います。ノキア、エリクソンらが展開する既存の5Gマーケットにおいて、「インドアはどうするのか」「ミリ波はどうするのか」といった形で、プラスのマーケットが出てきます。時間軸としては2021年~2022年に大きなマーケットになると見ています。

――富士通としては、このインドア、ミリ波のマーケットが海外での重要な商機の1つになるということですね。

水野 そうです。そして、プライベート5Gまで含めると、2022~2023年という時間軸になってくるでしょう。

――日本のローカル5Gの時間軸についてはどうですか。富士通には9月末時点で700件以上もの問い合わせが来ているそうですが。

水野 日本のローカル5Gは、少し前倒しになる気がしています。2021~2023年がアーリーアダプターからマジョリティへの移行期になるのではないでしょうか。期待通りにマーケットが動かないことは多いですが、ローカル5Gについては今のところ期待通りです。

日の丸連合には「慎重」――海外マーケットを切り拓いていくにあたっての富士通の強みは何になりますか。

水野 プロダクト寄りのビジネスに関していうと、光と無線の技術では「誰にも負けない」と今も思っていますし、さらに成長させていきます。もちろん、光や無線にはいろいろな技術ポートフォリオがあり、そのすべてに注力するわけではありません。

例えば、光については、富士通はどちらかというと基幹系に強く、その高速化と低消費電力化に最も注力する考えです。また、無線については、すべての周波数を網羅できる技術力は今後もずっと強みとして保持していきたいですし、さらなる高周波化と広帯域化にも強みを持ちたいと思っています。

――冒頭の話にありましたが、O-RANなどのオープン化の潮流や、米中対立を背景にした通信インフラのセキュリティの重要性の高まりが、日本ベンダーのチャンスを広げています。

水野 今までは、無線や光などでサイロ化された強みを持っていても、お客様に直接訴求するのは難しいのが実状でした。しかし、オープン化が進展すれば、そうした個々の強みを訴求できるようになります。

話し相手も変わってくるでしょう。例えば、基地局を作るうえでは様々な技術が詰め込まれますが、ある技術に特化したスタートアップなどとエコシステムをつくり、一緒にボリュームを取りに行くといった横連携、仲間づくりがいっそう活発になると思っています。

――海外マーケットにおける日本ベンダーへの期待は実際高まっているのでしょうか。

水野 そうですね。富士通が海外に行くと、今まではまず「あなた方はこの国で実績がありますか」と聞かれます。これが大きな障壁の1つでした。しかし現在は、セキュリティという点でも、品質やデリバリーといった点でも、「お客様にしっかり見ていただけている」という実感が強くあります。

――先ほど仲間づくりの話が出ましたが、日本ベンダーが協力して海外へ打って出る「日の丸連合」の考えはありませんか。

水野 「日本の技術を大事に育てたい」という気持ちは当然あります。しかし、あまりナショナリズムに傾倒するのも、それはそれで良くない話です。技術対技術の勝負の中に、何を組み合わせるとプラスアルファになるかは慎重に考えていくべきでしょう。パートナーを選ぶ際、「日本だから」という目では見ていません。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

水野晋吾(みずの・しんご)氏

1964年2月生まれ。1989年4月、富士通入社。2018年10月、ネットワークソリューション事業本部長代理。2019年4月、理事。2020年4月、執行役員常務(現在に至る)

スペシャルトピックスPR

microfocus2103
vmware002
anritsu2103

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代の未来シティ

<Part1>NTTがIOWNで街づくり <Part2>竹芝発、SB流スマートシティ<Part3>JR東・KDDIが描く未来都市 <Part4>動き出した「スーパーシティ」 <Part5>スマート東京は自走を目指す <Part6>小規模都市が成功するには <Part7>広がる農業エコシティ <Part8>中国は“日本の1周先”へ <Part9>NTTスマートシティ海外戦略

インタビュー早稲田大学 三友仁志教授「地域情報化はSDGs貢献 国際展開のテストベッドに」 【ソリューション特集】企業WANのニューノーマル 【技術&トレンド】次期SINETは最新技術てんこ盛り/BIGLOBE仮想化の狙い ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareのネットワークビジョン「Virtual Cloud Network」

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

アライドテレシスニューノーマル時代のWANとは?
インテントNWをアライドが実現

テレワークの拡大に伴って、企業WANに変化が訪れている。

ヤマハヤマハネットワークに溶け込むUTM
メーカー直通のサポート窓口も

中堅・中小市場で大きなシェアを誇るヤマハが新たにUTMをリリース!

NTTコムオンライン対面業務のオンライン化を実現する
B2C向けスマホビデオ通話サービス

サポートセンターなど一般消費者との接点のオンライン化も進めよう!

東京エレクトロンデバイスMicrosoft 365の負荷を最小限に
Citrix VDIに“最高”のSD-WAN

ファーストパケットからブレイクアウト可能なSD-WANだから違う!

日商エレクトロニクスコロナ後への備え Cisco SD-WANが企業WANを次のステージへ

新しい働き方を実現する要にCisco SD-WANはなる!

NVIDIANVIDIAが一大イベント「GTC」
テレコムの最前線がここに!

通信業界に少しでも関わる人なら見逃せないセッションが目白押しだ。

日立国際電気ローカル5Gに無線・映像のDNA!
エッジで映像処理するAIカメラ

日立国際電気がローカル5Gの構築から保守運用までサポート!

NTTコミュニケーションズ高品質ローカル5GでDXを強力支援
運用、データ活用もワンストップ!

NTTコミュニケーションズのローカル5Gソリューションの特徴とは?

OKIローカル5GとAIエッジがDXに導く
OKIの技術力/パートナーをフル活用

ローカル5Gの導入から運用、マイグレーションまで全方位で支援する。

ローカル5Gを牽引する純国産検証機
スマート工場に特化し低価格を実現

エイビットのSA構成を採用した日本初の4.7GHz帯ローカル5G検証機

マイクロフォーカスキャリアの運用現場を知り尽くした
マイクロフォーカスが語る現状と未来

5G時代、大きな変化を迫られる通信事業者。課題をどう解決すべきか?

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

アンリツローカル5Gのサービス品質を支えるアンリツの測定器

シミュレータやエリアスキャナをコアにローカル5Gに必要な製品を用意

SerivceNow5G/IoT時代、通信キャリアに必要な新たなサービス提供とは?

新たなサービス創出に必要なモデルとは何だろうか。

ヴイエムウェアVMwareの次世代脅威対策とは?
データセンター内もゼロトラスト

ハイパーバイザーにFWやIDS/IPSを分散配置し、East-West通信も防御

マクニカホワイトボックスも非純正トランシーバーも無料で触れるラボが誕生

「オープンネットワーキングやりたい」なら集まれ!

ソネット「圧倒的な」コスパのWi-Fi
ライセンス費用無しなのに管理も簡単

だから今、企業向けWi-Fi市場でシェア急拡大中のUbiquiti!

ヤマハハイブリッド型ワークスタイルを
ヤマハのAPが快適に

クラウド型管理サービスで、強靭な無線LANを少ない運用負荷で!

ヤマハリモート会議に対応した
無線LANのアップグレード

新しい働き方には、一段ベースアップした無線も不可欠だ!

NECプラットフォームズ無料クラウドからネットワーク管理

管理負荷の増大なしで、自宅やサテライトオフィスにも高速・安定したネットワーク環境を!

ジュニパーネットワークスマイクロサービス、位置情報、AI
最新技術で企業NWはどう変わる?

ハイブリッドワーク時代の企業ネットワークはAIで最適化

アライドテレシス無線LAN×IoTのスマートオフィス

アライドテレシスの京橋イノベーションセンター。無線LANで最先端のスマートオフィスを実現している。

ハイテクインター電話回線があればWi-Fi 6!
工事不要で安価に900Mbps実現

光回線が敷設できない場所でも高速通信を諦める必要はない!

ネットギアジャパントライバンドメッシュWi-Fi

広エリアへ高速・安全・シームレスな無線を手軽に構築!ネットギアの中小企業向けメッシュWi-Fi

ラックなぜラックはオープンネットワーキングと自動化へ踏み出せたのか?

キュムラス+メラノックスでハード/ソフトを分離!

NTTコミュニケーションズ企業の現状を踏まえた
ゼロトラスト環境を実現

NTT Comの「SASEソリューション」は課題を一挙に解決する。

IIJグローバルソリューションズSASEを導入しながら
通信速度を20倍に!

Cato Cloudがグローバル企業のビジネスを加速させる。

パロアルトネットワークステレワーク時代に注目を集める“SASE”とは

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます