企業ネットワーク最前線

<特集>ローカル5G中間報告

日本と違う独ローカル5G 公衆向け周波数をプライベート用途に運用

文◎岸田重行(情報通信総合研究所) 2020.08.19

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

日本と並び自営向け周波数免許付与が進んだドイツ。並行して、通信キャリアの公衆向け周波数を使うが、運用はプライベートに行える「キャンパス・ソリューション」という独自の方法も提供されている。

 
「ローカル5G」という用語は、もともと日本独自の呼び方である。海外では、自営セルラー網については「プライベートLTE」として4G時代から導入事例が各地にあった。ただし、そのほとんどは通信キャリアの免許帯域を活用した自営設備のため、セルラー通信技術を使う想定で周波数免許を与えるという制度運用は、警察や消防、救急など公共安全用途(パブリックセーフティ)を除いては、一般的ではなかった。

そうしたなか、世界に先行して5Gを意識した自営(プライベート)用途向けの周波数免許付与が進んだのは、日本とドイツである。本稿では、ドイツにおけるローカル5Gの動きを整理する。

桁違いに高いローカル5G電波利用料ドイツでは、日本よりもやや早い2019年11月から、ローカル5G向け周波数免許の申請受付が始まった。周波数帯域としては、ミッドバンドの3.7~3.8GHz帯である。日本では、ミッドバンドの4.5GHz帯とハイバンドの28GHz帯がローカル5G向けに確保されているが、ドイツでは現状、ミッドバンドのみである。

4G、5Gといったモバイル通信向けの周波数免許は、世界的にはオークションによって落札する形が主流といえるが、ローカル5Gに関しては、エリアオーナー向けの免許付与であることから、ドイツでもオークションは開催されていない。しかし、電波は限られた資源であることから、日本と同様に電波利用料が設定されている。

ドイツの電波利用料は、以下の算定式により決められる。

  電波利用料=1000ユーロ(基本料金)+B(帯域幅)×(t期間)×5×(6a1+a2)(面積)
 B:  割り当て周波数帯域(10~100MHzの範囲)
 t:  免許期間(年)
 a1とa2:  免許エリア面積(km2)
・a1は伝送インフラ整備済の地域
・a2はそれ以外の地域

 

帯域幅を広く、エリアを広く、期間を長く申請すれば、それに応じて電波利用料が高くなる。また、電波インフラ未整備のエリアについては、電波利用料を減免する形となっている。例えば、6.5km2の工場敷地(2.5km×2.6km)で50MHz幅を10年間使用する場合、合計9万8500ユーロ(約1120万円)となる。

日本のローカル5Gの電波利用料が、帯域幅、エリアの広さ、利用期間に関係なく、基地局の数(1台当たり2600円/年)と端末の数(1台当たり370円/年)で決まるのと比べると、ドイツは桁違いに高い。

しかし、ドイツブロードバンド協会の幹部は「ローカル5Gの電波利用料が、特に中規模企業に不釣り合いな負担となり、結果として周波数申請を躊躇することのない仕組みとすることで、連邦政府と合意できたことを喜んでいる」と発言しており、妥当な料金設定だとの評価をしている。

ドイツでは、ローカル5G免許付与の議論が、「インダストリー4.0」の文脈で進んできた経緯がある。背景にあるのが、ドイツ企業の競争力確保だ。ドイツ経済産業省のデジタル産業・スタートアップ委員であるジャゾムベック氏は、ローカル5G免許付与により、今後は通信キャリアの設備に依存せずに、インターネットとは隔てられたモバイル通信設備を整備できることで、新たなレベルのセキュリティが得られる、という趣旨の発言をしている。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

岸田重行(きしだ・しげゆき)氏

株式会社情報通信総合研究所 ICTリサーチ・コンサルティング部 上席主任研究員。国内外のモバイル通信市場に関して、サービス動向から企業戦略まで広くカバーする
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

yamaha2104
nttcomonline2104
citrix2104

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】ローカル5G NEXT
[Part1]ローカル5Gの現在地と行方 [Part2]ドコモの海外5G戦略 [Part3]韓国でローカル5Gが解禁 [Part4]台湾製造業とローカル5G [Part5]大学発ローカル5G最新研究 [Part6]徳島でローカル5G革命 [Part7]ローカル5Gを中小工場へ [Column]免許不要の5G「NR-U」実用化の可能性

インタビューゼットスケーラー 代表取締役 金田博之氏「インフラ変革のHowを提供 IoT/OTの世界にもバリュー」【ソリューション特集】企業向け5Gルーター最新ガイド 【IoT×SDGs】養豚をIoT/AIでアップデート 【技術&トレンド】富士通がキャリアインフラで狙うゲームチェンジ ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

京セラ5G/L5GをデュアルSIMで使い倒す!
映像伝送、DX、電波調査がこれ1台

ローカル5Gにも対応した京セラの5Gモバイルルーターが好評だ。

ローデ・シュワルツ・ジャパンローカル5Gのテスト品質は業界トップ
サポート人員を3倍、コストも低減

ローデ・シュワルツがローカル5Gの導入を手厚く支援する。

DNPローカル5Gを支える国産SIMカード
多様なプレイヤーをコンサル力で支援

大日本印刷(DNP)がローカル5Gに最適化させたSIMを提供!

構造計画研究所ローカル5Gの円滑な導入に貢献する
2つの電波シミュレーションツール

ローカル5Gの免許申請に必要な「カバーエリア図」作成を大幅効率化!

APRESIA Systemsローカル5Gに最適化した性能
導入コストは億単位から数千万へ

ローカル5Gの導入コストを数千万円台に引き下げるAPRESIA Systems

ミクシィ低遅延伝送に挑んだミクシィ、IP映像伝送の最新規格SMPTE 2110で

ミクシィのサービス「TIPSTAR」は、低遅延のIP映像伝送技術を駆使!

キーサイト・テクノロジー5G/ローカル5G/O-RAN/C-V2Xの
最前線を解説する技術イベント

7月7日(水)・8日(木)にオンライン開催!

ジュニパーネットワークス大企業が「無線LAN」をリプレース
正解はクラウド型かオンプレ型か?

今、大規模な無線LANもクラウド管理型が最適な時代に!

VMwareAIを活用した未知のサイバー攻撃対策で、NDRが求められる理由とは。

元Lastline、現VMwareセキュリティエバンジェリスト橋本氏が徹底解説

アライドテレシス高速NWはローカル5Gでなくても!
キャリア5G×Wi-Fi 6という現実解

ローカル5Gより価格を大幅に抑えられるアライドテレシスの提案とは?

NVIDIA GTC21世界最大級のAIカンファレンス
NVIDIA GTC21で明かされた新技術

基調講演と5つのテレコム関連のお勧めセッションを紹介する。

ハイテクインター4Kも無線でリアルタイム伝送
5Gで現場の映像活用を加速せよ!

5G/ローカル5G映像伝送システムがハイテクインターからいち早く!

Nuclias CloudWi-Fi 6 APからL2スイッチまで
リモートから簡単操作で運用管理

ネットワーク機器のリモート管理機能、使いやすさ重視で選ぶなら?

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareのネットワークビジョン「Virtual Cloud Network」

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

アライドテレシスニューノーマル時代のWANとは?
インテントNWをアライドが実現

テレワークの拡大に伴って、企業WANに変化が訪れている。

ヤマハヤマハネットワークに溶け込むUTM
メーカー直通のサポート窓口も

中堅・中小市場で大きなシェアを誇るヤマハが新たにUTMをリリース!

NTTコムオンライン対面業務のオンライン化を実現する
B2C向けスマホビデオ通話サービス

サポートセンターなど一般消費者との接点のオンライン化も進めよう!

東京エレクトロンデバイスMicrosoft 365の負荷を最小限に
Citrix VDIに“最高”のSD-WAN

ファーストパケットからブレイクアウト可能なSD-WANだから違う!

日商エレクトロニクスコロナ後への備え Cisco SD-WANが企業WANを次のステージへ

新しい働き方を実現する要にCisco SD-WANはなる!

NVIDIANVIDIAが一大イベント「GTC」
テレコムの最前線がここに!

通信業界に少しでも関わる人なら見逃せないセッションが目白押しだ。

ヴイエムウェアVMwareの次世代脅威対策とは?
データセンター内もゼロトラスト

ハイパーバイザーにFWやIDS/IPSを分散配置し、East-West通信も防御

パロアルトネットワークステレワーク時代に注目を集める“SASE”とは

ログを一元管理! 脱プロキシも実現。パロアルトの「Prisma Access」でセキュリティの課題解決。

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。