導入・選定ガイド

クラウド接続の選び方 インターネットVPNと閉域接続は何が違う?

文◎坪田弘樹(編集部) 2020.02.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クラウド利用の快適性や安全性は、拠点とクラウドをつなぐネットワークの作り方にも大きく影響される。接続形態ごとのメリット/デメリットと、失敗しないための選び方を整理しよう。

 
従来はオンプレミス環境で運用していた業務システム等を、パブリッククラウドのIaaSへ移行する企業が増えている。この場合、ハイブリッドクラウド環境を実現するためにパブリッククラウドの仮想プライベート空間をオンプレミス環境と接続する方法は大きく2種類に分かれる(図表1)。

 

図表1 インターネットVPNと閉域接続
図表1 インターネットVPNと閉域接続


1つが、インターネットを経由してIPsec/SSL-VPNでセキュリティを確保する「インターネットVPN」。もう1つが、インターネットを経由せずに、通信事業者やデータセンター事業者の設備のみを経由してアクセスする閉域ネットワーク接続(以下、閉域接続)だ。

このクラウドとオンプレミスをつなぐネットワークをどのように設計するかによって、クラウド利用の快適性や安定性は大きく左右される。以下、インターネットVPNと閉域接続のメリット/デメリットを整理していこう。

インターネットVPNは、オンプレミス環境の物理ルーターと、クラウド事業者が提供する仮想ゲートウェイ機能との間をVPNトンネルで結ぶ。AWSはVirtual Private Gateway、Microsoft AzureにおいてはVPN Gateway、GCPではCloud VPNと、各クラウドサービスでVPN接続するための仮想ゲートウェイ機能が提供されている。それぞれ帯域や接続数の上限、通信量やリソースに応じた料金・課金方法が異なる。

例えばAzureでは、帯域上限を100Mbps/650Mbps/1Gbps/1.2Gbps/5Gbps/10Gbpsから選択でき、接続数上限も10または30が選べる。通信量に応じた月額料金は、最初の5GBまでが無料で、10TBまでが1GB当たり9.744円などと設定されている(すべて2019年12月16日時点。以下同じ)。

2種類ある閉域接続の構成閉域接続は、エクイニクスやアット東京が運営する相互接続データセンター内のダイレクト接続ポイントにおいて、ユーザー企業の設備または通信事業者等のパートナーの設備をクラウドと直接つなぐ。図表2がそのイメージだ。

この接続形態にも2つのパターンがある。

1つが、ユーザー企業が相互接続データセンターにルーターを持ち込み、クラウドに直結する「専用接続」(図表2の上側)だ。

この形態では、クラウド事業者が設定する接続帯域(図表2のDirect Connect - ルーター間。AWSの場合は1Gbpsまたは10Gbps)を占有できる。料金と課金方法はクラウド事業者によって異なり、例えばAWSの場合は、ポート料金として時間当たりの料金とデータ転送料がかかる。

 

図表2 閉域接続のイメージ(AWSの場合)[画像をクリックで拡大]
図表2 閉域接続のイメージ(AWSの場合)


もう1つが、通信事業者やデータセンター事業者等のパートナー(AWS Direct Connectパートナー等)を経由する「論理接続」である。パートナーのルーターとクラウドが直接つながり、その帯域を複数ユーザーに対して論理的に分けて提供する。

専用接続はAWSやGCP等で、論理接続はAzureも含めたより多くのクラウドで利用可能だ。

論理接続のメリットは、専用接続のように自前でルーターの準備や運用を行う必要がないことだ。また、専用接続に比べて接続帯域のメニューが豊富なため、用途に応じて柔軟に選択することができる。トラフィック量の増減にも対応しやすい。ユーザーは、図表2のDirect Connect - ルーター間の接続帯域を50Mbps~10Gbpsの間で選ぶことができる。こちらも、帯域に応じた接続料金とデータ転送量に応じた料金がかかる。

通信事業者は、IP-VPNや広域イーサネット等のWANサービスのオプションとして、この論理接続を利用した閉域接続サービスを提供している。NTTコミュニケーションズの「Arcstar Universal One」や、KDDIの「KDDI Wide Area Virtual Switch2」、ソフトバンクの「Smart VPN」などだ。

また、NTT東日本もフレッツ光ネクスト、フレッツVPN経由でAWS等のクラウドに閉域接続できる「クラウドゲートウェイ」サービスを提供している。既存のWANやアクセス回線を変更することなく、容易に閉域接続が利用できる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

MOVEit2004
sumi2001
apresia2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPPA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます