導入・選定ガイド

クラウド接続の選び方 インターネットVPNと閉域接続は何が違う?

文◎坪田弘樹(編集部) 2020.02.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

クラウド利用の快適性や安全性は、拠点とクラウドをつなぐネットワークの作り方にも大きく影響される。接続形態ごとのメリット/デメリットと、失敗しないための選び方を整理しよう。

 
従来はオンプレミス環境で運用していた業務システム等を、パブリッククラウドのIaaSへ移行する企業が増えている。この場合、ハイブリッドクラウド環境を実現するためにパブリッククラウドの仮想プライベート空間をオンプレミス環境と接続する方法は大きく2種類に分かれる(図表1)。

 

図表1 インターネットVPNと閉域接続
図表1 インターネットVPNと閉域接続


1つが、インターネットを経由してIPsec/SSL-VPNでセキュリティを確保する「インターネットVPN」。もう1つが、インターネットを経由せずに、通信事業者やデータセンター事業者の設備のみを経由してアクセスする閉域ネットワーク接続(以下、閉域接続)だ。

このクラウドとオンプレミスをつなぐネットワークをどのように設計するかによって、クラウド利用の快適性や安定性は大きく左右される。以下、インターネットVPNと閉域接続のメリット/デメリットを整理していこう。

インターネットVPNは、オンプレミス環境の物理ルーターと、クラウド事業者が提供する仮想ゲートウェイ機能との間をVPNトンネルで結ぶ。AWSはVirtual Private Gateway、Microsoft AzureにおいてはVPN Gateway、GCPではCloud VPNと、各クラウドサービスでVPN接続するための仮想ゲートウェイ機能が提供されている。それぞれ帯域や接続数の上限、通信量やリソースに応じた料金・課金方法が異なる。

例えばAzureでは、帯域上限を100Mbps/650Mbps/1Gbps/1.2Gbps/5Gbps/10Gbpsから選択でき、接続数上限も10または30が選べる。通信量に応じた月額料金は、最初の5GBまでが無料で、10TBまでが1GB当たり9.744円などと設定されている(すべて2019年12月16日時点。以下同じ)。

2種類ある閉域接続の構成閉域接続は、エクイニクスやアット東京が運営する相互接続データセンター内のダイレクト接続ポイントにおいて、ユーザー企業の設備または通信事業者等のパートナーの設備をクラウドと直接つなぐ。図表2がそのイメージだ。

この接続形態にも2つのパターンがある。

1つが、ユーザー企業が相互接続データセンターにルーターを持ち込み、クラウドに直結する「専用接続」(図表2の上側)だ。

この形態では、クラウド事業者が設定する接続帯域(図表2のDirect Connect - ルーター間。AWSの場合は1Gbpsまたは10Gbps)を占有できる。料金と課金方法はクラウド事業者によって異なり、例えばAWSの場合は、ポート料金として時間当たりの料金とデータ転送料がかかる。

 

図表2 閉域接続のイメージ(AWSの場合)[画像をクリックで拡大]
図表2 閉域接続のイメージ(AWSの場合)


もう1つが、通信事業者やデータセンター事業者等のパートナー(AWS Direct Connectパートナー等)を経由する「論理接続」である。パートナーのルーターとクラウドが直接つながり、その帯域を複数ユーザーに対して論理的に分けて提供する。

専用接続はAWSやGCP等で、論理接続はAzureも含めたより多くのクラウドで利用可能だ。

論理接続のメリットは、専用接続のように自前でルーターの準備や運用を行う必要がないことだ。また、専用接続に比べて接続帯域のメニューが豊富なため、用途に応じて柔軟に選択することができる。トラフィック量の増減にも対応しやすい。ユーザーは、図表2のDirect Connect - ルーター間の接続帯域を50Mbps~10Gbpsの間で選ぶことができる。こちらも、帯域に応じた接続料金とデータ転送量に応じた料金がかかる。

通信事業者は、IP-VPNや広域イーサネット等のWANサービスのオプションとして、この論理接続を利用した閉域接続サービスを提供している。NTTコミュニケーションズの「Arcstar Universal One」や、KDDIの「KDDI Wide Area Virtual Switch2」、ソフトバンクの「Smart VPN」などだ。

また、NTT東日本もフレッツ光ネクスト、フレッツVPN経由でAWS等のクラウドに閉域接続できる「クラウドゲートウェイ」サービスを提供している。既存のWANやアクセス回線を変更することなく、容易に閉域接続が利用できる。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

cisco2008
keysight2008
microfocus2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

スリーダブリューローカル5G局開設を全段階で支援
レンタルでコスト障壁に挑む

ローカル5G向けの基地局レンタルパッケージが提供開始!

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます