ニュース

IIJとKiwitecがLoRaWANで協業ーー独自機能を追加したゲートウェイを展開

文◎村上麻里子(編集部) 2019.09.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

インターネットイニシアティブ(IIJ)と台湾のIoTソリューションプロバイダーであるKiwitecは2019年9月19日、LoRaWANソリューションの展開において協業すると発表した。

(左から)キーウィテクノロジー代表取締役社長のピーター・リン氏、Kiwitecチェアマンのジュディー・リー氏、IIJ IoTビジネス事業部 副事業部長の齋藤透氏

 

LoRaWANは、低消費電力かつ長距離通信を特徴とする無線通信技術で、免許が不要な周波数帯域を利用する。Kiwitecは2015年からLoRaWANの成長性や可能性に着目し、同技術に対応した独自のゲートウェイやモジュール、センサーデバイスなどを開発・販売している。

一方、IIJは2016年にIoTプラットフォーム「IIJ IoTサービス」を開始して以降、IoTビジネスを展開してきた。2017年には農林水産省の公募事業として、IoTを活用し水田の水管理コストを削減することを目指した実証実験に取り組んでおり、KiwitecのLoRaWANゲートウェイを設置し、水田センサーからのデータをLoRaWANで収集するシステムの研究開発を行っている。

この実証を通じて、両社はIoT分野におけるさらなるLoRaWAN活用を推進すべく協業に至ったという。今回の協業により、KiwitecのLoRaWANゲートウェイに対し、「ビルトインサーバ機能」と「SACM(Service Adapter Control Manager)機能」という2つの独自機能を追加する。

ビルトインサーバ機能は、LoRaWANを利用する際に必要となる「ネットワークサーバ機能」を提供するもの。センサーやゲートウェイなどの端末管理および通信の暗号化・復号化を行うための同機能を、LoRaWANゲートウェイ機器そのものに実装する。これにより、システムをシンプルに構成できるようになるとともに、独立したネットワークサーバが不要になり、運用負荷や構築費用を大幅に軽減することが可能になるという。

 
「ビルトインサーバ機能」のイメージ

SACM機能は、IIJが開発・提供するネットワーク機器の集中管理サービスで、機器の自動接続と一元管理を遠隔から実現するマネージメントシステム。LoRaWANゲートウェイに実装することで、ゲートウェイの設定の自動化やファームウェア更新、各種オペレーションを遠隔から行え、運用管理の負担が軽減される。

 
SACM機能により、遠隔から各種オペレーションを行える

IIJでは、これら独自機能を追加したLoRaWANゲートウェイのほか、Kiwitecのセンサーデバイスを販売する。今後、レンタルでの提供も予定している。IIJ IoTビジネス事業部 副事業部長の齋藤透氏は「SIMを使ってIIJ IoT センサーと連携し、センサーから収集したデータを蓄積することも可能」と説明する。

 
IIJでは、Kiwitecのゲートウェイ以外にセンサーデバイスも販売する

BluetoothやWi-Fi、Sigfoxなど様々な無線通信規格が存在するが、そうした中でLoRaWANは「ポンと置いても、1kmくらいはカバーできる点が強み」(齋藤氏)であり、具体的なユースケースとして、農業の他にビルや店舗などを想定しているという。

 
農業や工場、店舗などのユースケースを想定している

このうち店舗については、2020年6月に義務化されるHACCP(危害要因分析重要管理点)対応に向けて、飲食店やスーパーマーケットなど「食」に関わる業種で衛生管理への対応強化が必須となる。センサーの数が膨大なためWi-FiやBLEでは対応が難しい大型店舗も、LoRaWANなら効率的にカバーできるという。
 

スペシャルトピックスPR

mi201910
yamato1910
suntel1910

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G、IoTと超高齢社会
<Part1>ローカル5Gで農業革命 <Part2>救急医療×5Gで命救う <Part3>MaaSで支える高齢社会 <Part4>ドコモが目指すSDGs
<Part5>障がい者は「先駆者」

●[インタビュー] 富士通 執行役員常務 松本端午氏「5G時代の新価値をトータル提供。インフラだけでは投資回収できない」 ●FMC対応クラウドPBX本格普及へ ●失敗しないISDN/PHS移行 ●ローカル5Gで「独走」目指すエイビット ●KDDIがHW/SW分離型ルーターを内製 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

MIPHS/ISDNからの移行を
「安価」かつ「手軽」に

PHSモデムの入れ替えだけで「LTE化」が完了する!

ヤマトロジスティクスキッティングから配送まで一括提供
PC移行の工程はすべてお任せ!

Windows 7の延長保守サポート終了! ヤマトなら安心して任せられる

サンテレホン何か「御用」ありませんか? 国内最大級ICT機材のECサイトが誕生

10万点の情報通信機材を取り扱うECサイト「GOYOU(ゴヨー)」

エス・アンド・アイMS Teams×電話に新たな選択肢
キャリア回線使用で通話品質も安定

SBC機能のクラウド提供も開始 “設備レス”でDirect Routing導入

ブラステルクラウドPBX市場のパイオニア
信頼性と音声品質で5万台の実績

IP電話に関する調査では3項目で1位を獲得! ブラステルの「Basix」

三通テレコムサービス“明朗会計”で人気のクラウドPBX

ユーザーが増えても基本料は最大4900円! 三通テレコムサービスの「clocall PBX」

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます