調査データ

「5G加入数は19億」「セルラーIoTは41億」、エリクソンが2024年のモバイル市場を予測

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.07.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

エリクソン・ジャパンは2019年7月16日、同社が毎年2回発行している移動通信市場の調査報告書「エリクソン モビリティレポート 2019年6月」に関する説明会を実施した。5GやセルラーLPWAの普及見通しなどについて、同社CTOの藤岡雅宣氏が解説した。


日本では2020年に商用サービスが開始する5Gについて、エリクソンは「4G(LTE)に比べて立ち上がりが早いのではないか」(藤岡氏)と見通す。2024年時点での世界の5G加入契約は19億に達する見込みで、全モバイル加入数の22%を占める。下のグラフのように、2009年の4Gスタート時点を上回る勢いで加入契約数を伸ばすと予測する。


5Gと4Gの加入者数推移(5Gは予測)


なお、LTEや3G等を含めた全モバイル加入契約数は2018年時点で79億であり、2024年には88億に増加(加入者数は62億人)。このうちスマートフォンが72億を占めるという。

地域別の普及見通しについては「北米と、中国を含む北東アジアが5Gを牽引していく」と予測。2024年には、北米におけるモバイル加入契約の63%が、北東アジアでは47%が5Gになるという。



5G普及は北米および北東アジアが牽引


モバイルデータトラフィックの側面で見ると、2024年には5Gのトラフィックが全トラフィックの35%を占めると見込む。世界のモバイルトラフィック量は対前年比82%増と驚異的な勢いで増えており、「5Gの開始当初は、この急増するモバイルトラフィックをオフロードすることが5Gの主なユースケースになる」と藤岡氏は話した。



2024年には、5Gトラフィックが全モバイルトラフィックの35%に達する


なお、5Gの人口カバレッジは、2024年時点で45~65%に達すると同レポートでは予測している。

セルラーIoTデバイスは2024年に41億個

セルラーIoT接続デバイス数については、2018年末の約10億から2024年には41億個まで増加すると予測している。年率27%と「かなり急激な増加があると見込んで」(同氏)おり、特にCat-M(LTE-M)およびNB-IoTの「セルラーLPWA」が急成長するとの見通しだ。2024年時点でセルラーIoTデバイスの半数近く(45%)をセルラーLPWAが占めるという。



セルラーIoTデバイスは年率約27%で急増


また、高速大容量通信や低遅延・高信頼性通信を活用する「ブロードバンドIoT」「クリティカルIoT」(上グラフの濃い紫色で示した部分)についても順調に伸びると見ており、4G/5GのIoT活用も広がりそうだ。

藤岡氏はこの予測に関連して、NB-IoT並びにCat-Mの標準化動向についても紹介した。両規格はともにLTEを簡略化して作られた通信方式であり、LTEの既存設備を用いて通信サービスが提供されている。「来年3月に固まるリリース16において、NB-IoT/Cat-Mと5G NR(New Radio)との共存を可能にする機能が入ってくる」と同氏。これにより、LTEで展開中のNB-IoT/Cat-Mが「NRで継続して使える」ようになる。



セルラーIoTの適用分野は鉱工業・自動車が全体の約半分を占める


セルラーIoTの適用分野については、鉱工業と自動車で約半分を占めると予測する(上画像)。続いて船舶、公共事業が多い。なお、SigfoxやLoRaWAN、ZETAといった非セルラー系のLPWAについては「それほど伸びないのではないか」とし、2024年時点でセルラーLPWAの10分の1程度である4億デバイスに留まると予測した。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1907
intel1906
extreme1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます