企業ネットワーク最前線

SD-WANで四国のインフラを守る

文◎松本一郎(編集部) 2019.07.10

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

インフラ企業の西日本高速道路エンジニアリング四国は、SD-WANの導入により高速化と災害対策を両立した。バックアップ回線を構築し、通信を最適に振り分けることで普段の業務にも有効活用している。

 
高速道路の建設やサービスエリアの運営などを通して、日本のインフラを支えるNEXCO西日本。

そのグループ会社で、四国エリアの道路や電気・通信設備などを管理しているのが西日本高速道路エンジニアリング四国だ。

西日本高速道路エンジニアリング四国 経営企画本部 経営企画部 情報システム課長の三宅賢二氏は、同社のネットワーク環境について「ネットワークの拠点は大きなインターチェンジに併設されているケースが多い。山間部ほどではないが、都市部に比べると回線はどうしても細くなりがちになる」と説明する。

そこで同社は以前から、本社と拠点に、シトリックス・システムズのWAN高速化装置「WAN Scaler」を導入し、回線を補強していた。

ただし「以前とはネットワークの環境が変わってきた」(三宅氏)。

大きな変化は、拠点間の通信が本社からデータセンター(DC)を経由するようになったことだ。「以前は本社にファイルサーバーなどを集約していた。ネットワークも1本しかないため、仮に停電などで本社がダウンすると全拠点が停止する状態だった。そこで、BCP(事業継続計画)のため、本社から電源環境などの災害対策が整っているDCに移行した」と説明する。

また、勤怠管理システムなどをクラウドで利用するようになり、社外へのアクセスが増加。そのため、業務におけるネットワークの重要性が高まっていた。これらの理由から、同社は、回線の冗長化などを通したネットワークの信頼性向上を目指した。

西日本高速道路エンジニアリング四国 経営企画本部 経営企画部 情報システム課長 三宅賢二氏
西日本高速道路エンジニアリング四国 経営企画本部
経営企画部 情報システム課長 三宅賢二氏


SD-WANでシンプルに構築西日本高速道路エンジニアリング四国では、NEXCO西日本グループ企業が共有する「NEXCO西日本グループネットワーク」によって本社とDC、各拠点を接続している。このグループネットワークは自営網と、通信事業者が提供する回線で冗長化されているが、本社/DC等の拠点からのアクセス回線が1本のため、信頼性に課題があった。

三宅氏はネットワークの冗長化を実現するため「本社とDCの区間だけでも、別の物理回線を引いて二重化したい」と考えていた。そこで、新たに本社とDCを結ぶバックアップ回線の導入を決定した(図表)。

 

図表 西日本高速道路エンジニアリング四国のネットワーク概要[画像をクリックで拡大]
西日本高速道路エンジニアリング四国のネットワーク概要


ただ三宅氏は「当初は、ルーターやスイッチなどの構成を見直して冗長化に取り組もうとした。しかし、いざという時に人の手が必要になってしまうなど、上手く構築できるイメージが湧かなかった」と振り返る。

そこで、WAN Scalerの更新の時期も近づいていたこともあり「Citrix SD-WAN」の導入に踏み切った。これならば、WAN Scalerの装置をSD-WANの装置に置き換えるだけで構成できる。WAN高速化機能も備わっており「一石二鳥と思い採用した」と三宅氏は語る。WAN Scalerの実績からシトリックス社の製品は信用できると感じていたため、他社製品との比較は行わず採用した。

導入時には、約1年前からスケジュールを組み、十分な準備・テスト期間を確保。Citrix SD-WANを導入する場合とそうでない場合で、ファイル転送の時間を最大約10倍に高速化できることが確認できたという。綿密な準備を重ね、約3か月という短期間で大きなトラブルもなくサーバー移行が完了した。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

kddi2008
Gigamon2009
netscout2009

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます