ニュース

アカマイ、2019年のセキュリティ戦略は「ゼロトラスト」が軸

文◎原田果林(編集部) 2019.05.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

アカマイ・テクノロジーズは2019年の事業戦略を発表した。セキュリティ分野については「ゼロトラスト」を軸に、サプライチェーン攻撃やbotへの対策、CIAMの提供などによって事業を拡大していく考えを示した。


アカマイ・テクノロジーズは2019年5月16日、2019年の事業戦略発表会を開催した。

アカマイの売上は2015年から2018年にかけて約2倍に増加。職務執行者社長 山野修氏は売上の内訳について「売上の約4分の1がセキュリティ」と紹介し、「まだまだ伸びると思っている」とセキュリティビジネスのさらなる拡大に意欲を示した。

 


セキュリティの売上は2015年の7%から24%に



職務執行者社長 山野修氏

 

続けて、プロダクト・マーケティング・マネージャーの中西一博氏がサイバーセキュリティ戦略を発表した。近年、モバイルやIoTの使用率増加、SaaSやIaaSの普及に伴い、サイバー攻撃を受ける範囲が拡大したことから「ゼロトラスト」をセキュリティの全体戦略の軸に据えた。ゼロトラストセキュリティとは、ネットワークの社内外を区別せず、どこからのアクセスであっても認証・認可を求める手法。ユーザーやデバイス、接続元の場所を「信用しない」ことからその名が付けられている。


クラウド・ウェブセキュリティの分野では、2019年は「Attack Surface(攻撃面)の拡大、サプライチェーン攻撃増加」「botによる不正ログイン、システム停止の頻発」「サイト利用ユーザー認証をスケーラブルに処理」の3つに注力するとした。


2019年のフォーカスエリア

 

Attack Surfaceの拡大、サプライチェーン攻撃増加については、同社のセキュリティ製品「Kona Site Defender」にポリシーを簡単に設定できる新機能「Automated Attack Group」の追加や、APIリクエストの検査機能を中規模向けWAFにも追加するなどして対応する。また、ブラウザを狙ったクレジットカードの情報スキミングや偽決済画面による入力情報の入手などの手口にもWAFの強化によって対応するとした。

botによる不正ログイン、システム停止の頻発には、不正な攻撃だけでなく、家計簿アプリなどのFinTech botが行う銀行サーバーへの大量アクセスによるシステムダウンのリスクもあるという。そのため今後、重要インフラを保護するためには、bot制御にも注力する必要があると指摘した。


大量のFinTech botによる金融システムダウンのリスク


また、サイト利用ユーザー認証のスケーラブルな処理を実現するという分散クラウド型のCIAM「Akamai Identity Cloud」を提供する。CIAM(Consumer Identity and Access Management)はコンシューマーのID管理・認証・アクセス制御などを行うソリューション。Akamai Identity Cloudは、ソーシャルメディアIDによる簡単会員登録から、SNSやメディア露出による利用者登録・認証の急増への対応、利用者情報の統合管理と保護、購買履歴や利用者属性の分析など、顧客IDの管理に関する様々な機能をクラウドでスケーラブルかつセキュアに提供する。中西氏は「これがアカマイの今年の大きな事業の柱になると考えている」と語った。



Akamai Identity Cloudの機能



プロダクト・マーケティング・マネージャー 中西一博氏

 

また、エンタープライズセキュリティについてもクラウド・ウェブと同様にゼロトラストセキュリティを推進する考えを示した。クラウドへの移行やリモートワーカーの増加によって、従来の境界型のセキュリティでは対応しきれないことが理由だ。



ゼロトラストセキュリティ


アカマイは今年3月にID認識型プロキシや、セキュアインターネットゲートウェイなど4つの機能を組み合わせたセキュリティパッケージ「Enterprise Defender」をリリース。こうしたサービスによってクラウド中心のシンプルなネットワークとセキュリティを構築するという。


Enterprise Defender



クラウド中心のシンプルなネットワークとセキュリティを目指す

 

スペシャルトピックスPR

kmk1904
kmk1904
juniper1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます