ニュース

ガートナー、急速に普及する「クラウド・オフィス」に関する4つの予測を発表

文◎business network.jp編集部 2019.04.17

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

ガートナージャパンは2019年4月17日、日本において急速に普及しつつあるという「クラウド・オフィス」に関する4つの予測を発表した。

ガートナーによれば、クラウド・オフィスとは「汎用的なオフィス・ツールやワークプレースの機能をSaaSとして提供するもの」。一般的には、電子メール、ファイル共有、Web会議、ドキュメント管理などの機能が含まれ、代表的なクラウド・オフィスとしてはMicrosoft Office 365やGoogle G Suiteなどが挙げられる。

今回発表した予測では、このクラウド・オフィスについて今後3~5年の間に予測される重要な変化や動向を「ワークストリーム・コラボレーション」「チャットボット」「仮想デスクトップ・インフラストラクチャ」「契約」の4つの観点から分析している。 

 

まず、同期/非同期の両方に対応したチャット型コミュニケーションによって、共同作業向けワークスペースを提供するワークストリーム・コラボレーションに関して、「2022年までに、クラウド・オフィスを導入した企業の60%では、ワークストリーム・コラボレーションを駆使することで、従業員が参加していた対面型の会議の数が2019年に比べ半減する」と予測している。

ガートナーが2018年6月に実施した企業向けIT利用動向の調査結果によれば、従業員数2000人以上の大企業において、ワークストリーム・コラボレーションを標準搭載するクラウド・オフィスを利用している割合は、2017年の45%から69%に拡大している。また、大企業では従業員の43%が週10回以上会議に参加しており、多くの時間を会議に費やしていることも明らかになった。

一方で、ワークストリーム・コラボレーションの利用によって、ファイル共有などのやりとりがテーマ毎にカプセル化されることや、チャットによるリアルタイムのコミュニケーションが少人数の会議にも適していることが一部のユーザーには理解されつつあるとし、導入企業の担当者は、ワークストリーム・コラボレーションによる会議の効率化などに期待していると見ている。このことからガートナーでは、2022年までに導入企業の60%において、対面型会議の数が2019年に比べて半減すると予測している。

 

チャットボットについては、「2022年にかけて、大企業の人事部門の40%が人事系アプリケーションに特化したチャットボットを導入し、セルフサービス化や従業員満足度の向上を試みるが、その大半は十分に利用されない」と分析した。

昨今、大手ERPベンダーだけでなく勤怠管理などの関連ベンダーもチャットボット、仮想アシスタント、会話型AIの提供を始めている。また、クラウド・オフィス・ツールとチャットボットとの連携サービスを提供するベンダーも登場し、これらを導入する企業も出てきている。こうしたサービスの増加や、チャットボットの人事系業務に対する潜在的なインパクトの大きさから、HR Tech (人事領域に関する新興テクノロジ) への期待が高まっているという。

しかし具体的な導入にあたっては、仮に人事部門が既存のチャットボットとの連携や使い分けを無視して独自に進めた場合、かえって混乱を招き、人事業務の効率化や従業員の満足度向上にはつながらない恐れがあるとしている。

 

3つめの仮想デスクトップ・インフラストラクチャについては、「2022年までに、仮想デスクトップ・インフラストラクチャ (VDI) を導入している企業の40%が、Office 365の導入によって、ユーザー・パフォーマンスの低下などの課題を抱えるようになる」と予測している。

近年、特に大企業ではワークスタイルの変革を目的に、VDIの導入やOffice 365などのクラウド・オフィスへの移行が増加している。従来VDIとオンプレミスのオフィス・システムは同じデータセンター内に置かれていたが、オンプレミス環境をOffice 365へ移行するとオフィス・システムやコミュニケーション・プラットフォームがマイクロソフトのクラウドに移ることになる。その結果、従業員のパフォーマンスが低下したり、VDI構成の見直しなどが必要になるとガートナーは見ている。

 

最後の契約の観点からは、「2022年までに、包括割引を最優先に契約交渉したクラウド・オフィス・ユーザーの80%は、削減額以上の追加コストの支払いを迫られる」と分析した。

Office 365をはじめとするクラウド・オフィスの提案が増えており、ソフトウェア・ベンダーは通常よりも高い割引率を条件に、ユーザー数やバンドルされる機能数などが多い包括的な契約を勧める傾向があるという。

ガートナーは、クラウド・オフィスの機能強化やサービスの追加は今後も続くため、機能強化を理由とした値上がりや、機能変更による別契約の追加を迫られること、初回契約時の割引率が契約更新時には適用されないこともあると推測している。その結果、およそ3年以内に行われる最初の契約更新において、採用時の契約からのコスト増を余儀なくされるユーザーが広がると見ている。
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

nvidia21071
nvidia21072
kyocera2107

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】もう知らないではすまされない
           
宇宙通信と量子通信で変わる未来

<第一部:宇宙通信>衛星通信はこれからどうなる/ NTTが宇宙に行く理由/ソフトバンクの“非地上”作戦/JAXA、光衛星間通信の狙い <第二部:量子通信>量子暗号で世界をリード/量子インターネットの可能性

インタビューJTOWER 代表取締役社長 田中敦史氏「キャリア投資の1割がまず目標 海外大手とも戦っていける」【ソリューション特集】マルチベンダー時代のテスターの選び方/DDoS攻撃対策 【ビジネス最前線】東大・中尾教授がローカル5Gベンチャー ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

アイティフォーAI型EDRが侵入“後”の対応を
高速・低コストに

数週間かかる「フォレンジック」が最短3時間!

東陽テクニカあらゆる400ギガネットワーク環境をテスト

BGPの負荷試験等幅広いプロトコルテストに対応!

ネットスカウトシステムズネットスカウトシステムズが指南!
DDoS攻撃の効果的な防御方法とは

世界的に急増するDDoS攻撃。被害を最小限に食い止める方法を解説する

インテル「5G・6Gでキャリアとともにイノベーションを起こす」インテル堀田氏

ワイヤレスジャパン2021での基調講演を徹底レポート!

VMwareデータセンター内通信を「ゼロトラスト化」するには?

データセンタートラフィックの8割を占めるEast-West通信の守り方を解説

VMware SASE脱プロキシもVMware SASEで簡単

クラウドから1画面でネットワークとセキュリティ管理、そしてゼロトラスト実現へ

NVIDIA AI DAYSエヌビディア・ドコモ・富士通が
見据える「5G RANの将来」

AI時代に起こる5G RANの進化についてキーパーソンたちが語った。

NVIDIA AI DAYSソフトバンク、ドコモの5G・MECを支える技術とは

「AI-on-5G」の実現に向けて取り組むソフトバンクとNTTドコモ。

京セラ5G/L5GをデュアルSIMで使い倒す!
映像伝送、DX、電波調査がこれ1台

ローカル5Gにも対応した京セラの5Gモバイルルーターが好評だ。

ローデ・シュワルツ・ジャパンローカル5Gのテスト品質は業界トップ
サポート人員を3倍、コストも低減

ローデ・シュワルツがローカル5Gの導入を手厚く支援する。

DNPローカル5Gを支える国産SIMカード
多様なプレイヤーをコンサル力で支援

大日本印刷(DNP)がローカル5Gに最適化させたSIMを提供!

構造計画研究所ローカル5Gの円滑な導入に貢献する
2つの電波シミュレーションツール

ローカル5Gの免許申請に必要な「カバーエリア図」作成を大幅効率化!

APRESIA Systemsローカル5Gに最適化した性能
導入コストは億単位から数千万へ

ローカル5Gの導入コストを数千万円台に引き下げるAPRESIA Systems

ミクシィ低遅延伝送に挑んだミクシィ、IP映像伝送の最新規格SMPTE 2110で

ミクシィのサービス「TIPSTAR」は、低遅延のIP映像伝送技術を駆使!

キーサイト・テクノロジー5G/ローカル5G/O-RAN/C-V2Xの
最前線を解説する技術イベント

7月7日(水)・8日(木)にオンライン開催!

ジュニパーネットワークス大企業が「無線LAN」をリプレース
正解はクラウド型かオンプレ型か?

今、大規模な無線LANもクラウド管理型が最適な時代に!

VMware未知の脅威から身を守る
最新のNDRが持つ実力とは

元Lastline、現VMwareセキュリティエバンジェリスト橋本氏が徹底解説

アライドテレシス高速NWはローカル5Gでなくても!
キャリア5G×Wi-Fi 6という現実解

ローカル5Gより価格を大幅に抑えられるアライドテレシスの提案とは?

NVIDIA GTC21世界最大級のAIカンファレンス
NVIDIA GTC21で明かされた新技術

基調講演と5つのテレコム関連のお勧めセッションを紹介する。

ハイテクインター4Kも無線でリアルタイム伝送
5Gで現場の映像活用を加速せよ!

5G/ローカル5G映像伝送システムがハイテクインターからいち早く!

Nuclias CloudWi-Fi 6 APからL2スイッチまで
リモートから簡単操作で運用管理

ネットワーク機器のリモート管理機能、使いやすさ重視で選ぶなら?

マクニカ先進4社はネットワークのオープン化で何を得たか?

IIJ、ヤフー、KADOKAWA、ブロードバンドタワーに学ぶ理由と成果

アライドテレシスNWの中心はLANからWANへ
学校に見る、次世代WANの作り方

次世代WANの在り方について学校を例にアライドテレシスが解説する。

VMware SD-WAN by VeloCloud旭化成がSD-WANを
国内340カ所に導入する理由

旭化成はVMware SD-WAN by VeloCloudへの切り替えを開始した。

GlobalMeetウェブキャストウェビナーツールの新・選択肢!

セミナーや決算発表も今やオンライン! ソフトバンクならウェビナー初心者から経験者まで満足できる。

日本シエナコミュニケーションズ OTTで始まったDCI次世代トレンド 鍵は「身近になったROADM」

今、データセンター間接続(DCI)の最前線で何が起こっているのか。

VMware NSX Advanced Load BalancerDX推進の大きな障壁に!
従来型ロードバランサーの課題とは

C/Dプレーン分離で完全ソフトウェア型のヴイエムウェアは全く違う!

VMwareVMwareが見据えるネットワーク業界の未来

国内SDN市場シェア75%超のヴイエムウェアが目指すネットワークとは

ホワイトペーパー
ネットワーク解放宣言
ローカル5G情報局

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。