ニュース

ガートナー、急速に普及する「クラウド・オフィス」に関する4つの予測を発表

文◎business network.jp編集部 2019.04.17

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ガートナージャパンは2019年4月17日、日本において急速に普及しつつあるという「クラウド・オフィス」に関する4つの予測を発表した。

ガートナーによれば、クラウド・オフィスとは「汎用的なオフィス・ツールやワークプレースの機能をSaaSとして提供するもの」。一般的には、電子メール、ファイル共有、Web会議、ドキュメント管理などの機能が含まれ、代表的なクラウド・オフィスとしてはMicrosoft Office 365やGoogle G Suiteなどが挙げられる。

今回発表した予測では、このクラウド・オフィスについて今後3~5年の間に予測される重要な変化や動向を「ワークストリーム・コラボレーション」「チャットボット」「仮想デスクトップ・インフラストラクチャ」「契約」の4つの観点から分析している。 

 

まず、同期/非同期の両方に対応したチャット型コミュニケーションによって、共同作業向けワークスペースを提供するワークストリーム・コラボレーションに関して、「2022年までに、クラウド・オフィスを導入した企業の60%では、ワークストリーム・コラボレーションを駆使することで、従業員が参加していた対面型の会議の数が2019年に比べ半減する」と予測している。

ガートナーが2018年6月に実施した企業向けIT利用動向の調査結果によれば、従業員数2000人以上の大企業において、ワークストリーム・コラボレーションを標準搭載するクラウド・オフィスを利用している割合は、2017年の45%から69%に拡大している。また、大企業では従業員の43%が週10回以上会議に参加しており、多くの時間を会議に費やしていることも明らかになった。

一方で、ワークストリーム・コラボレーションの利用によって、ファイル共有などのやりとりがテーマ毎にカプセル化されることや、チャットによるリアルタイムのコミュニケーションが少人数の会議にも適していることが一部のユーザーには理解されつつあるとし、導入企業の担当者は、ワークストリーム・コラボレーションによる会議の効率化などに期待していると見ている。このことからガートナーでは、2022年までに導入企業の60%において、対面型会議の数が2019年に比べて半減すると予測している。

 

チャットボットについては、「2022年にかけて、大企業の人事部門の40%が人事系アプリケーションに特化したチャットボットを導入し、セルフサービス化や従業員満足度の向上を試みるが、その大半は十分に利用されない」と分析した。

昨今、大手ERPベンダーだけでなく勤怠管理などの関連ベンダーもチャットボット、仮想アシスタント、会話型AIの提供を始めている。また、クラウド・オフィス・ツールとチャットボットとの連携サービスを提供するベンダーも登場し、これらを導入する企業も出てきている。こうしたサービスの増加や、チャットボットの人事系業務に対する潜在的なインパクトの大きさから、HR Tech (人事領域に関する新興テクノロジ) への期待が高まっているという。

しかし具体的な導入にあたっては、仮に人事部門が既存のチャットボットとの連携や使い分けを無視して独自に進めた場合、かえって混乱を招き、人事業務の効率化や従業員の満足度向上にはつながらない恐れがあるとしている。

 

3つめの仮想デスクトップ・インフラストラクチャについては、「2022年までに、仮想デスクトップ・インフラストラクチャ (VDI) を導入している企業の40%が、Office 365の導入によって、ユーザー・パフォーマンスの低下などの課題を抱えるようになる」と予測している。

近年、特に大企業ではワークスタイルの変革を目的に、VDIの導入やOffice 365などのクラウド・オフィスへの移行が増加している。従来VDIとオンプレミスのオフィス・システムは同じデータセンター内に置かれていたが、オンプレミス環境をOffice 365へ移行するとオフィス・システムやコミュニケーション・プラットフォームがマイクロソフトのクラウドに移ることになる。その結果、従業員のパフォーマンスが低下したり、VDI構成の見直しなどが必要になるとガートナーは見ている。

 

最後の契約の観点からは、「2022年までに、包括割引を最優先に契約交渉したクラウド・オフィス・ユーザーの80%は、削減額以上の追加コストの支払いを迫られる」と分析した。

Office 365をはじめとするクラウド・オフィスの提案が増えており、ソフトウェア・ベンダーは通常よりも高い割引率を条件に、ユーザー数やバンドルされる機能数などが多い包括的な契約を勧める傾向があるという。

ガートナーは、クラウド・オフィスの機能強化やサービスの追加は今後も続くため、機能強化を理由とした値上がりや、機能変更による別契約の追加を迫られること、初回契約時の割引率が契約更新時には適用されないこともあると推測している。その結果、およそ3年以内に行われる最初の契約更新において、採用時の契約からのコスト増を余儀なくされるユーザーが広がると見ている。

スペシャルトピックスPR

cisco2008
keysight2008
microfocus2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます