企業ネットワーク最前線

“仕事か遊びか”は時代遅れ?

旅先で働く「ワーケーション」という働き方

文◎村上麻里子(編集部) 2019.04.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

旅先で遊びながら仕事もする「ワーケーション」が、注目を集めている。東南アジアを旅しながら働く社員や、冬の午前中はスノーボードして過ごす社員……。ワーケーションを実践する2社に話を聞いた。

 
「働き方改革」の名の下、長時間労働の是正やテレワークの導入に取り組む企業が増えているが、さらに一歩進んだ働き方として、「ワーケーション」を導入する動きが一部の企業で出てきた。

ワーケーションとは、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語だ。旅行先で休暇を楽しみながら、テレワークで仕事をするという新しい働き方を指す。一昔前であれば想像もできなかった働き方が、ネットワークやモバイルデバイス、コミュニケーションツールの進化により実現可能となっている。

ネット上の仮想オフィスに“出社”システム開発会社のソニックガーデンの本社は、東京・自由が丘のマンションの一室にある。

広いリビングを活用したオフィスには若い社員数人がPCに向かっているだけで、閑散としている。それもそのはず。36人(2019年2月時点)いる社員の半数以上は地方在住で、全国16の都道府県に散らばっているからだ。

ソニックガーデンの社員には地方在住者も多く、東京・自由が丘のオフィスで働く人は少ない
ソニックガーデンの社員には地方在住者も多く、東京・自由が丘のオフィスで働く人は少ない



その1人、野本司氏の自宅は兵庫県明石市にある。2017年4月に新卒で入社して以来、在宅勤務を続けており、一度も通勤電車に乗ったことがない。それどころか、入社2年目の昨年は、1年の大半を東南アジアなどでワーケーションをしながら過ごした。1回あたりの旅行期間はまちまちだが、最長で2カ月に及んだこともある。

現在オーストラリアを横断中のある社員は、昼間は車で旅を続け、夜はホテルでPCに向かって仕事をしている。時差の関係もあり、日本のオフィスや取引先とのやり取りに影響はない。基本的に日本のカレンダーに合わせて働いており、週末や祝日は仕事をしないという。

ソニックガーデンの社員の1人、野本司氏は入社以来、兵庫県明石市にある自宅や旅先で仕事をしている
ソニックガーデンの社員の1人、野本司氏は入社以来、兵庫県明石市にある自宅や旅先で仕事をしている



ソニックガーデンでワーケーションが成功している秘訣の1つは、「バーチャルオフィスRemotty」と呼ばれる自社開発ツールにある。

Remottyにアクセスすると、PCのカメラで自動撮影した写真が数分間隔で仲間に共有され、お互いの様子を一目で把握できる。食事や子供の迎えなどで離席する際、「行ってきます」とつぶやく社員もおり、実際のオフィスで一緒に働いているかのような感覚を味わうことができる。Web会議やビジネスチャット、音声会議の機能も搭載しているので、社内および取引先との会議や打ち合わせにも活用している。「基本的に勤務時間中はRemotttyを立ち上げることを義務付けている。インターネット上の仮想オフィスに出社し、仕事が終わったら帰って行くイメージ」と代表取締役社長の倉貫義人氏は説明する。

在宅勤務などテレワーク中の社員とのコミュニケーションにメールやチャットを活用する企業は少なくないが、相手の状況が分からないため、コミュニケーションが疎かになりがちだ。Remottyであればリアルタイムに相手の反応が見えるので安心して話しかけることができ、コミュニケーションが活性化するという。

ソニックガーデンの社員はインターネット上の仮想オフィス「Remotty」に集まり、会議や打ち合わせを行う
ソニックガーデンの社員はインターネット上の
仮想オフィス「Remotty」に集まり、会議や打ち合わせを行う



倉貫氏らが5人で創業したソニックガーデンは、2011年の設立時からリモートワーク・完全フレックス制(コアタイムのないフレックス制)という斬新な働き方を導入していたわけではない。「当時は社員全員がネクタイにスーツ姿で、満員電車に揺られて通勤していた」と振り返る。

作業はクラウドで行うため、客先を訪問する必要がなく、インターネットにつながる環境であればどこでも仕事ができる。そうした事情から、業容拡大とともに地方在住者の採用が増えていった。設立2年目にはRemottyが実用化され、「出社しなくても大丈夫」とのコンセンサスが社内で暗黙のうちに出来上がり、やがて現在の働き方に至ったという。

「物理的なオフィスに出社する必要がないのであれば、どこにいても一緒」という“逆転の発想”から、長野県に移住する社員も現れた。「もっとスノーボードを楽しみたい」というのが理由で、冬の間は午前中がスノーボード、午後は仕事という生活を続けている。

ソニックガーデン 代表取締役社長 倉貫義人氏
ソニックガーデン 代表取締役社長 倉貫義人氏



こうした自由な働き方をする上で、誰がどのように管理をするのか疑問に思うかもしれない。

実は、ソニックガーデンは管理職を置かないフラットな組織構造だ。上司はおらず、ノルマや売上目標も一切なく、評価制度もない。その代わり、給与は一定の年齢以上は一律で、賞与も全員に均等に配分する。だからといってフリーランスのように自ら営業して仕事を見つける必要はなく、会社のお問い合わせ窓口に寄せられた案件から、内容に合わせて適任者に割り振られる。

いわば、フリーランスと社員の“いいとこ取り”といった働き方だが、社員1人ひとりが自律的に働く「セルフマネジメント」の意識が徹底しているからこそ可能だという。例えば、勤務時間も特に決まりはないが、お互いにコミュニケーションを取りやすい昼間に、全員がRemottyに“出社”するようにしている。

自律的な働き方の発展形として、倉貫氏は「仕事そのものを楽しみ、傍から見て遊んでいるのか仕事をしているのか分からない状態を目指したい」という。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1907
intel1906
extreme1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます