ニュース

トレンドマイクロが法人向けウィルス対策ソフト新製品――EDR機能を統合

文◎村上麻里子(編集部) 2019.02.26

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

トレンドマイクロは2019年2月26日、法人向け総合エンドポイントセキュリティの新製品「Trend Micro Apex One」を同年7月より提供開始すると発表した。参考標準価格は年額6600円(税抜)。

Trend Micro Apex Oneは、サイバー攻撃の事前予防(EPP:Endpoint Protection Platform)と事後対処(EDR:Endpoint Detection and Response)をシームレスに統合し、簡単かつ迅速なインシデント対応を実現する。

 
 「Trend Micro Apex One」の提供機能

サイバー攻撃の事前予防として、パターンマッチングや挙動監視、不正サイトへのアクセスを防ぐWebレピュテーションなど実績のある技術と機械学習型検索など先進的な技術、さらには脆弱性を悪用する攻撃を防ぐ仮想ブロックやアプリケーションの起動を制御するアプリケーションコントロールといった様々なセキュリティ機能を備える。

事後対処としては、マルウェアなどの脅威がユーザー環境に侵入した際の根本原因を特定し、インシデントの調査・対処を行う機能を提供する。

インシデントの調査では、被害端末を可視化することで被害範囲を特定。また、トレンドマイクロのクラウド型セキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network」と連携し、多数のログの中から感染原因を特定し脅威の侵入プロセスを分かりやすく表示することで、原因の把握や対処が行いやすくなるという。

ビジネスマーケティング本部 エンタープライズソリューション部 部長の宮崎謙太郎氏は「これまで別個の製品として語られることの多かったEPPとEDRを1つのエンドポイントセキュリティとして捉えている。単に1つにするだけでなく、事後対処で新たな脅威が見つかった場合、次回以降は事前予防で侵入自体を自動的に防ぐことができる」と説明した。

 
 EDRで見つけた脅威の情報を基に、同様の脅威をEPPでブロックする

Trend Micro Apex Oneは、法人向け総合エンドポイントセキュリティ「ウィルスバスターコーポレートエディション」の後継となる製品。新たにセキュリティソフトをインストールすることなく、バージョンアップで利用できる。

トレンドマイクロでは、大手企業向けにSIEMなどの管理ツールと連携するためのAPIを提供する。一方、運用をアウトソースする中堅企業などに対しては、マネージドセキュリティサービスを展開する企業と連携し、エンドポイント・ネットワークサーバーセキュリティを網羅したマネジメントサービスとして提供する計画。「点で見つけた脅威を面で守り、さらにMSSサービスとして提供したい」(宮崎氏)としている。

スペシャルトピックスPR

NTTコムウェア1906
ciena1906
intel1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gのホントの実力
[Part1]5G新アプリも米国発に? [Part2]韓国「5G+戦略」の実像 [Part3]実証実験で見えてきた5Gの実力 [Part4]産業イーサを代替できる? さらに進化する5G

●[インタビュー] 慶應義塾大学教授 砂原秀樹氏「IoTセキュリティと情報銀行がインターネット前提社会の基盤」 ●今から始めるGDPR対策 ●メッシュWi-Fiで“超手軽”な無線LAN ●100万円から作れる!Amazon Go型店舗 ●Ansibleでソフトバンクが働き方改革 ●電気もガスもWi-SUNの時代へ ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

アクセスランキング

tc1904
kaden
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます