企業ネットワーク最前線

[ケーススタディ]WISS

安定したWi-Fi環境を提供! サスティナブルな運用を目指す

文◎高橋睦美(ライター) 2019.01.31

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

最大200人に上るワークショップ(WS)の参加者に、安定したインターネット環境を提供するために採用したのがヤマハの製品。担当者が数年ごとに入れ替わる中でもサスティナブル(持続可能)な運用が可能だ。

 
「WISS」(Workshop on Interactive Systems and Software)は、日本ソフトウェア科学会 インタラクティブシステムとソフトウェア(ISS)研究会が毎年2泊3日の合宿形式で開催しているワークショップだ。一方通行の発表ではなく、講演と並行して様々な意見交換を行う場としてテキストチャット環境を用意し、参加者の積極的な議論や濃密な質疑応答を促してきた。

そのインフラとして、ハブでつないだだけの簡易的なLANが提供されてきたが、2009年頃から環境が徐々に変化した。スマートフォンやソーシャルネットワークの普及も相まって「いつでもどこでもネットワークにつながるのが当たり前」になってきたのだ。

ちょうどこの時期、研究者同士のつながりからWISSのネットワーク構築を手助けすることになった国士舘大学 理工学部理工学科 電子情報学系教授の中村嘉志氏によると、「せっかくだから、閉じたLANだけでなくインターネット接続も提供しようと考えた」。すると予想以上にヘビーに利用されたうえ、会場からの動画配信も始まり、「普通のオフィスのような環境を提供するインフラとしての役割が期待されるようになってしまった」という。

(左から)ヤマハ 研究開発統括部 第1研究開発部 サービスプラットフォームグループ 主事の原貴洋氏、国士舘大学 理工学部理工学科電子情報学系教授の中村嘉志氏、明星大学 情報学部 情報学科准教授の丸山一貴氏
(左から)ヤマハ 研究開発統括部 第1研究開発部 サービスプラットフォームグループ 主事の原貴洋氏、
国士舘大学 理工学部理工学科電子情報学系教授の中村嘉志氏、
明星大学 情報学部 情報学科准教授の丸山一貴氏


WSに求められるインフラ模索通常の大学や企業のネットワークとは異なり、WISSのネットワークはワークショップの間だけ展開されるテンポラリなものだが、果たす役割は大きい。ネットワーク担当になった研究者らが5年ずつ入れ替わりながら手弁当で運用し、会期中の安定したネットワーク提供に向け試行錯誤してきた。

最初に直面したのがネットワークの輻輳だった。WISS参加者は最大200人だが1人1台のPCに加えて様々なデバイスも併用する。加えて、「多くの参加者がインストールしていた特定のアプリケーションが思いがけず定期的にブロードキャストをかける仕様だったため大きな輻輳が発生したし、セッション数も消費するためNATテーブルがいっぱいになってしまった」。

WISS
WISSは、毎年会場を変えつつ2泊3日の合宿形式で行われるワークショップで、
最大200人の参加者が利用するインターネット接続環境を提供。
数年おきに担当者が入れ替わる中、安定した接続環境を実現している


そこでまず、WISS参加者の多くがインターネット接続に利用できる「日常生活」と動画配信を分割して、用途毎に回線とセグメントを分けた。動画配信用にはRTX1200を用いて安定化を図った。さらにWISS 2012では、セグメントを複数に分割して適切な規模に収める考えからと、「キャッシュを活用してなるべく外部に迷惑をかけないようにしたい」という考えから、L3スイッチとプロキシサーバの機能が同時に果たせるソフトウェアルータ「VyOS」(当時はVyatta)を採用した。

スペシャルトピックスPR

ciena1906
kccs1904
nttdata1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

アクセスランキング

tc1904
kaden
softbankworld2019

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます