新製品&新サービス

音声AIとビデオ通話を簡単に連携 ―― NTTコムがWebRTC基盤「SkyWay」の新サービス

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.01.23

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTTコミュニケーションズは2019年1月23日、WebRTCにより通信する音声・映像データを、クラウド上で提供される音声認識や機械翻訳、画像認識等のAIと簡単に連携させることができる新サービスの提供を開始すると発表した。同日より、WebRTC基盤である「SkyWay」の機能拡張キット「Media Pipeline Factory」の無料トライアルを始める。


NTTコミュニケーションズは2017年から、WebRTCプラットフォーム「Enterprise Cloud WebRTC Platform SkyWay(以下、SkyWay)」を提供している。

WebRTCとは、Webサイトやアプリケーションにビデオ通話等のリアルタイムコミュニケーション(RTC)機能を組み込むことができる標準技術だ。開発者はSkyWayを利用することで、WebRTCに必要なサーバー群の設置や運用を行うことなく、NTTコムが提供するSDK(ソフトウェア開発環境)を使ってサービス開発に専念することができる。


SkyWayを使用したWebRTC通信のイメージ


技術開発部 Webコアテクニカルユニットリーダ/担当課長の大津谷亮祐氏によれば、「SkyWayが面倒なことはすべて引き受けるので、数行のソースコードでOK。2017年の正式サービス開始以来、5200以上のアプリで使われている」。その用途は幅広い。オンライン英会話の最大手であるレアジョブ、オンライン診療サービスのCLINICSのほか、通訳、遠隔作業支援、コンタクトセンター、低遅延ライブ配信などでも実績がある。

品川区立浜川中学校では、生徒がフィリピンの教師に英語を教わるのにSkyWayを利用しているそうだ。こうした教育現場での採用も広がっており、「全国で2000から3000の生徒がSkyWayを使っている」(同氏)。

WebRTCのさらなる普及へ“2つの課題”

このように、さまざまなオンラインサービスでの利用が広がっているWebRTCとSkyWayだが、大津谷氏によればSkyWayにもまだまだ課題があるという。



NTTコミュニケーションズ 技術開発部
Webコアテクニカルユニットリーダ/担当課長の大津谷亮祐氏


1つは、対応デバイスの問題だ。

従来、SkyWayで音声・ビデオ通話が行えるのはWebブラウザとiOSアプリ、Androidアプリ間に限られていた。IoT機器などの他のデバイスでは利用できなかった。

これを解決するため、NTTコムは2018年6月に「WebRTC Gateway」を公開。同年8月から試験提供を開始した。

WebRTC Gatewayはブラウザ以外からでもSkyWayを利用できるようにしたもので、これにより、監視カメラや家電、ロボット等の多様なデバイスで映像・音声その他のデータを送受信することができる。例えば、Webブラウザから監視カメラや家電をコントロールしたり、そのデータを取得するなどだ。

そしてもう1つは、WebRTCでやり取りされる映像・音声をクラウドに送信するという使い方に対応できていなかったことだ。パブリッククラウドのストレージにデータを送って録音・録画する、あるいは、クラウド上で提供されている音声/画像認識AIや翻訳AIサービス等を使って処理することができなかった。

これを可能にするため、今回、様々なクラウドサービスとSkyWayを連携させるための新たな機能拡張キット「Media Pipeline Factory」を開発。2019年1月23日から無償トライアルを開始する。



「Media Pipeline Factory」のイメージ


すでにSkyaWayを利用している企業も含め、10社以上と共同で実証実験を行う予定だ。

 

スペシャルトピックスPR

nec1907
netscout1908
synology1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます