ニュース

”現場力”向上へAI/IoTを活用 ―― NTT東日本が障害対策の取り組みを紹介

文◎坪田弘樹(編集部) 2019.01.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

NTT東日本は2007年度から、電気通信設備の保全に必要なスキルの向上と継承を目的とした「現場力向上フォーラム」を毎年開催している。設備保守に携わる社員が技能を競い合う競技会を実施するほか、最新技術を活用した保守の高度化に向けた取り組みも展示。2019年1月16日に行われた12回目の開催では、AI/IoTを活用したデモも紹介された。


現場力向上フォーラムは、NTT東日本の社員および協力会社が参加するイベントで、電気通信設備の保全に要するスキルの継承とノウハウの水平展開を目的としている。毎年、各支店から選抜された社員による技能競技会が行われ、今回は西日本代表を含む30チームが故障修理・設備保全のスキルを競い合った。

競技は、フレッツ光ネクストを利用しているユーザー宅を模した環境で行われ、120分の時間内に通信ケーブルおよびユーザー宅内の故障箇所の特定と復旧作業を実施するというもの。2人1組で故障修理作業や端末の設定等を行い、審査員が作業の安全性や施工技術の正確性、お客様対応の丁寧さ、迅速性などを審査する。


技能競技会の様子。黄色のビブスを付けた2人が競技者で、
赤・青ビブスの審査員が作業内容を厳しくチェックする


近年、台風による強風で光ケーブルが断線する事故が多く発生していることを受けて、今回は断線したケーブルの張り替えと、それに伴う宅内機器(ルーターやビジネスホン等)の設定、周辺設備の健全性の確認などを行った。

また、前年までは当日に競技の内容を発表していたが、今回は初めて事前に公開した。競技を行う社員だけでなく、支店のメンバーが皆で対処法を考えたり、独自の工夫を凝らしたうえで競技に臨めるようにすることで、支店内のコミュニケーション活性化にもつながったという。なかには、遠隔から競技者を支援するためのツールを独自に作って本番に臨んだチームもあるそうだ。

競技に参加する社員は入社3年から5年程度の若手が中心で、各支社の“エース級”が並ぶ。年に一度のこの競技会は、若手社員のモチベーションアップにもつながっているという。

AIで故障受付を自動化

フォーラム会場では、設備保全業務の高度化に向けた取り組みに関する展示やデモも披露された。そのうち2つを紹介しよう。

1つが、AIを活用した「故障フロント受付業務の自動化」のデモだ。

NTT東日本は、「電話がつながらない」「インターネットが使えない」といったトラブルが発生した場合の故障受付番号として「113」を設けている。この電話での故障受付業務を、音声認識機能などのAI技術を活用して自動化するのが目的だ。

現在、113の故障受付は、昼間は人間のオペレータが対応し、夜間は録音による受付を行っている。オペレータが直接応対する場合には状等を詳しく聞き、故障箇所を特定しているが、録音の場合は、ユーザーの名前や連絡先の電話番号といった基本的な事項すら欠けているケースがあるという。

デモでは、音声認識機能などを備えるAIが電話応対を行い、氏名や連絡先、発生している故障の症状を問診し、ナレッジサーバーから回答を検索、音声合成によって回答するという一連の流れが実演された(下は応答の内容をテキスト化したもの)。曖昧な回答についてAIが聞き直し、さらにユーザーの申告内容をテキスト化することで、オペレータの業務負荷も軽減できるという。



ユーザーの申告内容から「電話故障」であることを判定


NTT東日本では2019年3月から商用トライアルを開始し、現在は録音で対応している夜間帯の故障受付から導入する予定だ。オペレータの声も取り入れながら、徐々に適用範囲を広げていく計画だという。また、将来的には、故障切り分けの自動化を目標に研究を進める。

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

hitachi1901
nttcom1902
sbcloud1902

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
これからの企業ネットワークの
教科書  2019年度版
◆IoT時代の無線化オフィス ◆NW機器もサブスク化? ◆これが正解! 有線LAN高速化 ◆NW管理はマルチドメインで ◆常時SSL時代のセキュリティ

●[インタビュー] NTT 代表取締役副社長 井伊基之氏「GAFAに伍する国際競争力を」/●本格普及期へ突入するSD-WAN/●ファーウェイが“疑念”に反論/●MWC19 Barcelonaレポート/●セキュリティ人材不足時代の次世代FW/UTM/●NTTコムがeSIMによるIoT向け新サービス
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904A

スペシャルトピックス

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

CDNetworks中国でのWeb配信を8.5倍高速化
その真相とは?

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

アクセスランキング

tc1904
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます