キーパーソンが語る

ネットワン荒井社長「クラウドもオンプレも関係ない。ネットワークにすべて刺さった」

聞き手◎太田智晴(編集部) 2018.11.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ネットワンシステムズ
代表取締役社長 COO 荒井透氏

クラウド化が進展するなか、ネットワンシステムズの業績が好調だ。今年6月に代表取締役社長 COOに就任した荒井透氏は、クラウド/仮想化時代を迎えて、「我々が得意とするネットワークに、CPUやストレージが刺さった」ことをその大きな要因の1つとして挙げる。今後ネットワークの重要性はさらに高まり、「ネットワークを司ることができれば、我々は価値を出せる」と自信を見せた。

 
――ネットワンの業績が好調です。2018年3月期の営業利益は前期比43.4%増、2019年3月期の第1四半期も営業利益は前年同期比3.6倍と大幅に伸びています。

荒井 契機となったのは、マイナンバーです。マイナンバーの導入にあたってセキュリティ強靭化の補正予算が付いたことで、自治体の案件が走り出しました。

インターネットを分離して、セキュリティを強化しながらネットワークを使っていける我々のソリューションがフィットし、数多くの自治体に採用されたのです。

そして、これをトリガーに、自治体のデータセンター/クラウドの構築・運用の案件も進んでいきました。

――「クラウドシステム with セキュリティ」という言い方を御社はしていますが、クラウド基盤にセキュリティ対策を組み合わせたソリューションですね。

荒井 エンタープライズについても、自治体向けに展開してきたこのソリューションがフィットしました。エンタープライズでは、グループ企業のシステム統合や働き方改革などの要望が最近多くなっていますが、スムーズに横展開できる環境になっており、数字が上がっています。

――マーケット別の売上高比率を見ますと、エンタープライズとパブリックがともに31%と大きな割合を占めるまで成長しています。他方、かつて50%超あった通信事業者の売上比率は19%となっています。

荒井 当社の今があるのは、テレコムキャリアのおかげです。インターネットの構築に携わり、フレッツや4G/LTEなど大きな案件をやらせていただくなかで、企業規模を大きくしてきました。

ただ、テレコムキャリアの投資抑制を受けて、我々も生きる道を考える必要がありました。

そこで、仮想化などネットワークレイヤの少し上にフォーカスし、さらにセキュリティの要素を加えるというソリューションの開発を進め、現在に至ります。

最近はクラウド基盤の構築などを中心にテレコムキャリアのお手伝いをしており、新サービスの創出などで貢献していきたいと考えています。実際そうしたビジネスが近ごろ増えてきており、これまでお世話になった恩返しをしたいと思っています。

ネットワンシステムズ 代表取締役社長 COO 荒井透氏


――業績の話に戻りますが、売上と比べて、営業利益の伸びの方が格段に大きいのが目立ちます。

荒井 エンタープライズやパブリックの案件は、テレコムキャリアの案件よりも金額が小さく、手が掛かります。そこで「ソリューション」という形にして横展開することで生産性を高め、利益率を高めようと取り組んできました。それが、良いサイクルに入ってきたのだと思っています。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

荒井透(あらい・とおる)氏

1958年10月生まれ。菱電エレベータ施設、文部省高エネルギー物理学研究所、三菱商事、アンガマン・バスを経て、90年4月にネットワンシステムズ入社。2006年4月ネットワークテクノロジー本部長、同年6月取締役、08年8月Net One Systems USA President&CEO(現任)、14年4月取締役 常務執行役員などを経て、18年6月に代表取締役社長 COOに就任。共著に『マスタリングTCP/IP入門編』(オーム社)がある

スペシャルトピックスPR

hytec1811
mi1811
yamaha1811

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】LPWA、再加速
●Sigfox&LoRaの現在地/●注目の新興LPWA「Zeta」「ELTRES」の勝機/●アナリストが見通すLPWAの今とこれから/●セルラーLPWAが本格開始!ドコモ、KDDI、ソフトバンクのIoT無線戦略

●東大 江﨑浩教授インタビュー「デジタルとリアルの逆転経済へ」/●対応急がれるISDN&PHSマイグレーション/●ワイヤレスファースト!クラウド型から始まるネットワーク変革/●A10のCEOが語る「5G網の防衛術」/●産業制御システムの守り方とは?

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ヤマハどうする?データ/音声に使用中のISDN移行問題

モバイル回線へのマイグレーションで、BCP対策との一石二鳥を実現!

MI「止まらない」M2M/IoTルーターで低コストに3G/LTEへの移行を可能に

現行の設備はそのまま、ISDN/PHSを安価にIPへ移行できる!

ハイテクインター数十km先を高速でつなぐ屋外無線
PoEも900mまで延長できる!

ネットワークの“難所”で高速・安定通信を実現するハイテクインター

NECマグナスコミュニケーションズPHS/ISDNからLTEへ簡単移行!

NECマグナスの音声対応LTEルータ「uM320V」なら既存設備はそのままでLTEへ移行できる。

日本ソルテックライセンス管理も楽なクラウド管理型Wi-Fiで、全国拠点を簡単運用

柔軟なライセンス体系と優れたコストで好評なZyxel社のNebula

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます