企業ネットワーク最前線

プライベートLTEの衝撃(前編)

“Wi-Fi超え”の企業無線「プライベートLTE」とは?

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.06.05

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ミッションクリティカルなユースケースに「プライベートLTE」を活用する動きが海外で広がっている。手軽に導入できるMulteFireの実用化により、導入が加速しそうだ。

 
携帯電話サービスで使われているLTEを企業・団体が自営、もしくはそれに準ずる専用設備として利用する「プライベートLTE」が、グローバルで注目を集めている。

「広域エリアのカバーや低遅延性など、Wi-Fiでは対応できない要件に対応するため、プライベートLTEを導入する企業が増えている」。IT専門調査会社のIDCジャパンでグループマネージャーを務める草野賢一氏はこう指摘する。

IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャー 草野賢一氏
IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャー 草野賢一氏



一例が、資源メジャーのリオ・ティント(Rio Tinto)だ。2014年にオーストラリアの大規模鉱山にプライベートLTEの設備を構築。重機やトラックに取り付けたカメラで撮影した映像や、位置情報などをリアルタイムで管理センターに送信し、遠隔操作や自動運転を実現している。

広大なエリアで運用されるトラックや重機からの高精細な映像送信や、自動運転や遠隔操作の用途に耐えうる高信頼性や低遅延性といった要件を、Wi-Fiで満たすことは難しい。そこでプライベートLTEを採用したのだ。草野氏によれば、「中国では、モノレールの無人運転をプライベートLTEで実現したケースもある」という。

 

図表1 主なプライベートLTEの導入事例
図表1 主なプライベートLTEの導入事例


リオ・ティントは、携帯電話のインフラが整備されていないエリアの周波数の権利を通信事業者から譲り受けて、プライベートLTEを構築している。周波数オークション導入国の多くでは、電波を取得した企業が未利用の周波数の権利を他の会社に再販・貸与することが認められているため、これが可能なのだ。通信事業者と提携し、携帯電話サービスの帯域の一部を専用周波数として借りて、港湾施設などにプライベートLTEを整備するケースや、公共性の高い用途にLTEを運用できる周波数が新たに割り当てられるケースも出てきている。

ただ、こうした手法を取れる企業は限られるため、現在のところプライベートLTEの利用は、鉱業、エネルギー、交通など、一部の業種に限られている。だが、ここに来て導入企業の裾野が一気に広がる可能性が出てきた。

トリガーになると目されているのが、無線LANなどで用いられている5GHz帯などのアンライセンスバンド(免許不要帯域)を使って、手軽にプライベートLTEを構築できる「MulteFire」の登場である。ノキアが、初の商用小セル基地局装置を第2四半期から順次各国の市場に投入することを発表しており、これを契機にプライベートLTEの活用領域が大きく広がることが期待されているのだ。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

moconavi1807
sun1807
intel1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
iot
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます