キーパーソンが語る

[特集]働き方改革×デジタルの新・教科書(4)

コクヨ ワークスタイル研究所長が語る「未来のオフィス」

聞き手◎坪田弘樹(編集部) 2018.05.16

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

コクヨ ワークスタイル研究所
所長 若原強氏

オフィス家具大手のコクヨ社内には、「ワークスタイル研究所」という組織がある。1987年に立ち上げられた「オフィス研究所」を前身とし、30年にわたってオフィスのあり方と働き方の研究を続けてきた同研究所は、これからのオフィスの役割をどう考えているのか。所長を務める若原強氏に聞いた。

 
――オフィスの作り方はどのように変わっていくと考えていますか。

若原 オフィスとワーカー(働く人)との間に発生する「遠心力」と「求心力」のバランスを取ることが大事になります。

遠心力というのは、カフェや自宅、コワーキングスペースなど、どこでも働けるようになっていくこと。外に出て働くというトレンドはもう止められません。

ただし、それを放っておいていいとは思いません。やはり、たまには顔を合わせてコミュニケーションをし、知識や情報を共有する場面の重要性は、どれほどリモートワークが発達しても残ります。オフィスはそのための場として残っていくべきです。

放っておくと遠心力だけがどんどん働くので、何らかの求心力を発生させてワーカーを呼び戻す必要があります。

――ルールを作る、メリットを感じさせるといったやり方ですか。

若原 どこでも働いていいと言いながら、例えば「月曜は必ず出社」といったルールで縛るのは本末転倒です。それよりも、オフィスに来ればメリットが得られる状況を作ることです。

例えばグーグルには、おいしい食事が無料で食べられる社食があります。そうすると、昼くらいは会社に行って、ついでにみんなと会話するという状況が自然に生まれるかもしれません。あるいは、トイレに設置したセンサーが排泄物をチェックして自動的に健康診断を行う技術がありますが、それを社食と合わせて導入すれば、「会社に行くと自然と健康になる」という求心力になり得ます。そのように、自発的に集まろうと思える機能や仕組みをオフィスに残していくことが求心力になります。

この遠心力と求心力をどうデザインするかが大事になるでしょう。

――「会社に来ると生産性が上がる」といったことも求心力になり得ますか。

若原 いえ。仕事がはかどる場所は、ワーカーごとに選べばいい。生産性という意味で、オフィスが最上の場所である必要はありません。

IoTで「オフィスの癖」を知る――では、ミーティングを行う場所としての機能を追求していくかたちでオフィスは変化していくと。

若原 働く場所が拡散していくと、オフィスの面積は相対的に小さくなっていきますが、単に今までのオフィスの縮小版にはならないと思っています。

これは私見ですが、オフィスには社食だけがあればいいとも考えています。お昼や夕方にはおいしい食事が振る舞われ、それが求心力となって人が集まる。他の時間は多目的に使えるスペースになる、大学の学食のようなイメージですね。それも将来のオフィスのあり方の1つではないでしょうか。

――AIやIoT技術はどう活用できますか。

若原 オフィスの運用管理の効率化と、ワーカーの利便性向上という2つの観点が考えられます。

前者については、例えばフリーアドレスのオフィスを作った後のモニタリングに有効です。オフィスは作って終わりではなく、継続的にチューニングしていく必要があります。それには、混雑しているスペース、使われていないスペースなどの濃淡がわからなければなりません。人の位置や動きを可視化するIoT技術は重宝されていくでしょう。

コクヨのオフィスも半分以上はフリーアドレスですが、スマホのWi-Fi電波で位置を測り、誰がどこで働いているのか、どこが混雑しがちかといったことがわかるようにしています。

――IoTで「オフィスの癖」を知ると。

若原 そうですね。データが積み上がれば、どこで働く癖があるのかといった情報も集約されます。

後者の観点については、オフィス内にセンサーを設置して、座った場所の空調や照度をパーソナライズするといった使い方があります。海外では数年前から、座った場所の空調・照度を入居者向けのスマホアプリでカスタマイズできる「スマートビル」が話題になっています。

こうした技術の活用は当社にとっても重要なテーマです。働くシーンのニーズや困り事を我々が拾い上げて、テクノロジーに長けたICTベンダーとともに解決策を出す。そうした取り組みを進めていきたいと考えています。

スペシャルトピックスPR

1810yamaha
1810watchguard
1810macnica

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます