企業ネットワーク最前線

[大容量コンテンツ配信の経済学]4K時代へ進化するCDN

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.04.03

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

インターネット動画はHD品質が標準となっているが、今後は2倍以上の帯域を使う4K動画の配信も本格化する。これを安定的かつ適正なコストで行うことは本当に可能なのか。鍵を握るのはCDNだ。

 
シスコシステムズの年次調査「Cisco VNI」最新版(2017年6月発表)によれば、世界のインターネットビデオトラフィック全体で、CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)によって配信される割合は2016年で52%、2021年には71%まで増加する見込みだ。無料または低廉な価格で高精細動画が視聴できるようになった今、CDNは、その環境を支えるためになくてはならない存在と言える。

4K時代を迎え、その存在感はますます高まる。そしてCDNそのものも、大規模ライブ配信の広がりや、放送事業者という新たな顧客からのニーズを背景に変化を求められるようになるはずだ。

本稿では動画配信用途をメインに、CDN業界の最新動向を見ていく。

動画配信を支えるCDNCDNは、なぜ必要なのか。ひと言で言えば、(1)動画等のコンテンツを配信する事業者と(2)視聴者、そして(3)配信経路となるネットワークを運用する事業者(ISP等)のいずれにもメリットがあるからだ。

基本的な仕組みは図表1の通りだ。ユーザーに近い位置(ISPネットワーク等)に配置されたキャッシュサーバーにコンテンツを貯め、そこから配信することで大元の“オリジンサーバー”へのアクセスを減らす。

 

図表1 CDNによる動画配信のイメージ
図表1 CDNによる動画配信のイメージ


改めて、(1)~(3)それぞれのメリットを整理しよう。なお、CDNのコストを直接的に負担するのはコンテンツ事業者であり、配信量に応じて料金を払う従量課金が一般的だ。

(1)コンテンツ事業者は、オリジンとキャッシュ間の通信量が減らせるため、オリジンの設備・運用費やネットワーク事業者に支払うコストを下げられる。また、CDNを利用することで、大量の同時アクセスに対応するためのキャパシティも得られる。人気コンテンツにアクセスが集中しても、ユーザーが動画を視聴できなくなる危険性が低くなるのだ。このリスク回避もCDNの重要な役割である。

(2)ユーザーは、配信経路が短くなることでより快適に動画が視聴できる。これは、コンテンツ事業者にとっても、サービス品質を高められる意味で大きなメリットとなる。

一方、直接的にCDNを利用するわけではない(3)ISPへの影響も大きい。トラフィックが減ることは収益減にもつながるが、反面、帯域が節約されることでネットワーク増設コストが軽減できる。トラフィックが急増し、増設を繰り返している現状においては、ISPも少なからず恩恵を得ていると言えるだろう。

なお、CDNのキャッシュサーバーは一般的に、多数のユーザーを抱える大手ISPの網内に設置されている。ある程度、集中配置することで運用を効率化するためだ。

ただし、中小規模ISPのユーザーに効果がないわけではない。CDN業界トップのアカマイ・テクノロジーズは、中小ISPが接続する「IX(インターネットエクスチェンジ)のすぐ後ろにまとめてサーバーを置くことで、効率的にキャッシュを設置・運用する仕組みを広げている」とAsia Pacific Network Business Development Directorの高梨斉氏は話す。

アカマイ・テクノロジーズ
アカマイ・テクノロジーズ Asia Pacific Network Business Development Directorの高梨斉氏(左)と、
メディアプロダクトマネジメント プロダクトマネージャーの伊藤崇氏

続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

rsw2010
progress2010
ctc2008

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】CPS/デジタルツインと
        エッジコンピューティング

●融合する現実世界と仮想空間 ●IOWNでヒトもデジタル化 ●CPSが製造業の切り札に ●エッジAIの実装入門 ●ドコモとNTT東に聞く“キャリアのエッジ”

[インタビュー]情報セキュリティ大学院大学 後藤厚宏学長「サイバー大災害はあり得る セキュリティの自給構造を」 [ソリューション特集]IDaaSのメリットと使い方 【IoT×SDGs】IoTを活用した環境移送技術で、サンゴを絶滅から守る 【技術&トレンド】AIがRANを進化させる日 ほか

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

マイクロフォーカスそのDevOps、個別最適になっていませんか?

全体最適を目指すならマイクロフォーカスの「Enterprise DevOps」

NVIDIA EGXエッジAIの最適解はGPUにあった!

NVIDIA EGXでエッジコンピューティングの課題を解決し、「スマートエブリシング革命」の実現を!

IDaaSクラウド時代の新常識! 今こそIDaaSを導入すべき3つの理由

クラウドを活用するなら、ID/アクセス管理もクラウドに!

ローデ・シュワルツローカル5Gの測定ニーズの
全てに応えるローデ・シュワルツ

設備構築時の干渉調査・エリア確認、運用開始後の管理までカバー!

MOVEit「パスワード付き圧縮ファイル」
にはもう頼らない!

多様なニーズに対応したファイル転送の姿とは?

Gigamonコロナ禍による通信量の増大に対応

モニタリング、セキュリティ装置の負荷軽減や運用効率化を実現するGigamon社の先進的なL1スイッチ!

ネットスカウトシステムズNWを堅牢にしながらDDoS対策も
ニューノーマルのセキュリティ対策

テレワークのセキュリティと可用性を同時に高める方法があった!

マイクロフォーカス通信キャリアの運用監視をDX

HPEのソフトウェア部門を統合したマイクロフォーカスに、通信キャリアの課題と解決策を聞いた。

tcs-8500遠隔診療がWeb会議でいいはずない!
ノイズなし4K映像伝送を低価格で

医療現場で求められる高画質・低遅延を1台で実現する「TCS-8500」

エンピレックス通信事業者にワンランク上の可視性を

5G時代、キャリアは運用の一層の効率化を迫られるが、クラウドネイティブならトータルコストも削減できる!

KDDIどうする? テレワーク移行時の意外な盲点「固定電話」の取り次ぎ

「固定電話の番のためだけに出社」から脱却するには、何が必要だろうか。

Tocaro仕事を終わらせるビジネスチャット

CTCのビジネスチャット「Tocaro」は、豊富な機能により、プロセス管理や生産性向上も実現できる。

Cisco Meraki Z3全社員が在宅勤務可能な環境をCisco Meraki Z3でシンプルに即実現

<導入事例>検証から実導入までを驚くほどのスピードで!

キーサイト・テクノロジー光集積デバイスに必要なスピーディ
かつ高確度の測定を実現

1Tbpsの次世代光の確立へ、光集積デバイスに最適な光測定製品!

マイクロフォーカス岐路に立つ通信事業者の運用管理
属人・サイロ化から脱却するには?

通信事業者の運用管理に、マイクロフォーカスが"特効薬"を提供する!

シスコシステムズいま知るべき5Gのセキュリティ脅威
大変革時代を「シスコはこう守る」

5G網は様々なサイバーリスクを内包する。シスコはどう対抗するのか。

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます