企業ネットワーク最前線

光定額制は維持できるか?――「年率1.5倍増」トラフィックとの戦い

文◎坪田弘樹(編集部) 2018.03.28

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ここ数年、年率約1.5倍で急増しているブロードバンドトラフィック。一部では、光インターネット定額制の限界を指摘する声さえ出始めている。日本のネットワークは急増するトラフィックを支えきれるのか。

 
夜になるとフレッツが遅い――。

NTT東日本/西日本のフレッツ光を使う一部のユーザーから、そんな声が上がり始めた。「動画が止まるので、家の中でもWi-Fiを切ってLTEで見ている」という声も。モバイル回線に比べて高速で安定しているという光回線のイメージは崩れつつある。

要因はトラフィックの増大だ。

今や家の中でも、1人1台ずつスマートフォンやタブレットを使っている。複数台の端末が常時インターネットにつながっている状態だ。さらにテレビ、AIスピーカー、ゲーム機など光回線につながるデバイスは増えるばかりだ。

利用するコンテンツもますます大容量化している。数人の家族が同時に、それぞれ別のスクリーンで動画を観る光景も珍しくない。かつて、一家に1台のPCを立ち上げて初めてトラフィックが発生していた頃とは、インターネットの使い方は様変わりしてしまった。

当然、トラフィックは跳ね上がる。

図表1は、総務省の推計による国内ブロードバンド契約者(FTTH、CATV等)の総ダウンロードトラフィックの推移を示したものだ。2014年以降は年率1.4~1.6倍で増加し、2017年5月時点で総トラフィックは9.559Tbpsに達した。実に3年前の3.3倍に相当する量だ。加入者1人当たりのトラフィックも同様に、年1.5倍程度のペースで増加している。

 

図表1 ブロードバンド契約者(FTTH、DSL、CATV、FWA)の総トラフィック(推定)
図表1 ブロードバンド契約者(FTTH、DSL、CATV、FWA)の総トラフィック(推定)


どこが“詰まって”いるのかこの奔流を支えるべく、通信事業者やISP(インターネット接続事業者)はネットワーク設備の増強を続けている。にもかかわらずフレッツ光の速度低下が発生しているのには様々な要因があるが、その1つとしてISPや総務省から提起されているのがNTT東西のNGNとISPのネットワークをつなぐ「網終端装置(NTE)」だ。トラフィックがここで詰まり、輻輳を引き起こしているのである(図表2)。

 

図表2 インターネット接続のイメージ
図表2 インターネット接続のイメージ


フレッツ光のユーザーは図表2のように、NGNとISP網を経由してインターネットにアクセスする。この接続方法にはPPPoEとIPoEの2種類があり、速度低下が起こっているのはPPPoEだ。IPoEはまだ加入者が少なく、中継設備「ゲートウェイルータ(GWR)」の輻輳は発生していない。

さて、問題はNTEの「増設基準」にある。一般社団法人日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)の副会長を務める立石聡明氏は、「増設基準が現状に見合わなくなっている」と話す。

NGNとISP網はそれぞれ、NTT東西とISPが独自に増強を行っているが、両者をつなぐNTEはインターフェース部分をISPが、それ以外をNTT東西が費用負担しており、かつ増設にはルールが設けられている。インターフェース部分の増設には、NTT東西が設けた基準をクリアしなければならないのだ(図表3)。

 

図表3 IPPPoEとIPoE
図表3 IPPPoEとIPoE


この基準は現状「セッション数」をベースとしている。

簡単に言えば、加入者が一定数増えなければ増設はできない。そのため、加入者当たりのトラフィックが急増している現状では容量が追いつかなくなっているのだ。これを「トラフィックを基準に増設できるようにすれば、1人当たりに十分な帯域が確保できるようになる」(立石氏)。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

necaspire
1810yamaha
1810watchguard

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】エッジコンピューティング最新案内
<Part1>モバイルキャリアが描くエッジ活用 <Part2>NTT東日本のエッジ拠点に潜入 <Part3>MEC標準化の最新動向 <Part4>AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略 <Part5>製造業IoTを加速するEdgecross <Part6>エッジコンピューティングを支えるネットワーク

[インタビュー] ●ネットワンシステムズ 荒井透社長COO 
[ビジネス最前線]●SD-WAN×セキュリティで攻勢/●Ubiquitiが仕掛ける価格破壊 [技術&トレンド]●気づかぬ間に給電 [商品特集]●ネットワーク監視/●次世代FW

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ゾーホージャパン低価格フローコレクターで
シスコ機器を使い倒そう!

シスコ機器が備えるNetFlowやIP-SLAを活用し、きめ細やかな監視を!

リバーベッドテクノロジーアプリの体感品質を可視化 そのトラブル解決に留まらない効果とは?

「SaaSのレスポンスが遅い」。IT部門の悩みをリバーベッドで解消!

ライトL3スイッチ「SWX3100-10G」行き詰まる小規模NWを変革しよう

高価なレイヤ3スイッチには手が出ないが……。そんな悩みに、新たな選択肢をヤマハが提供する。

IntelligentAVAIエンジンで未知の脅威も自動検知

ウォッチガードのUTMに、マシンラーニングでマルウェアを検知する「IntelligentAV」機能も加わった。

Gigamon通信事業者での採用実績多数!
セキュリティ機器コストも大幅削減

今注目のネットワークパケットブローカー。そのNo.1メーカーとは?

PRTG Network Monitorネットワーク監視を簡単スタート!

NW監視の重要性は分かっているが、人材も予算も不足――。そんな企業に知ってほしいのが「PRTG」だ。

Big Switch Networksウンザリする運用管理とサヨナラ

大量のスイッチを個別に設定・管理する従来型NW運用を、Big Switch NetworksのSDNで革新しよう!

ユニアデックス次世代のネットワーク運用とは?

先進企業はもう始めている「Big Cloud Fabric」によるネットワーク運用変革を事例に学ぶ。

リボン・コミュニケーションズ多様なリアルタイムコミュニケーションでシームレスな通信を実現!

SBCを強みとする2社が合併して誕生したリボン・コミュニケーションズ

SAS Institute Japanデータ解析、もうやり尽くしたと思うのはまだ早い

さらなる品質改善やコスト削減を実現したあの先進企業とは?

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

アクセスランキング

tc1809
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます