企業ネットワーク最前線

Sigfoxが「100万回線」を突破――KCCSが開業1周年イベント

文◎藤井宏治(IT通信ジャーナリスト) 2018.03.19

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、2018年3月16日、Sigfoxのサービス開始1周年を記念し、SigfoxのパートナーやIoTに関心の高い企業などを対象にイベント「KCCS IoT Conference 2018」を都内で開催した。開業1年でSigfoxは何を実現したのか――。

 
カンファレンスの冒頭、挨拶に立ったKCCSの黒瀬善仁社長がまず強調したのは、Sigfoxのインフラ整備が急ピッチで進んでいる点だった。黒瀬氏は「主要都市のエリア展開をほぼ完了し、人口カバー率は50%を超えた」と述べ、さらに「ニーズのあるところには、それぞれ個別に展開を進めている」と話した。

KCCSは2019年3月末までに人口カバー率85%、2020年末には99%のエリアを構築する計画を発表している。「来年度分はすでに建設会社に順次発注をかけており、実際にサービスとして使えるエリアが、順調に広がっていきつつある」と黒瀬氏は自信を見せた。

もう1つ強調したのが、「Sigfoxを用いた様々なサービスがすでに商用ベースで展開され始めている」点だ。その大きな要因の1つに、「KCCSは回線提供に集中し、サービス展開そのものはパートナーに委ねている」戦略があるという。

「現在パートナーは266社にまで広がり、KCCSもデバイスとアプリケーションのマッチングなどを促進する意味で定期的に交流会を実施するなどの支援を行っている。これらの会社の多くが、1年以内のサービス開始を目指して開発を進めている」というのだ。「Sigfoxを用いた多くのサービスが今現在、開発、実証実験を経て、実用化のレベルに入っており、今まさにこれらが花開く“ティッピングポイント”を迎えつつある」

こうした動きに伴い、Sigfoxの回線数も今年に入ってから急増しており、「2月に100万回線を突破した」と黒瀬氏は明かした。自動検針などのユーティリティ系のビジネスの立ち上がりと、幅広い分野でサービス開発が進展していることが寄与しているという。

100万回線突破をアピールするKCCSの黒瀬社長
100万回線突破をアピールするKCCSの黒瀬社長



1000以上のビジネスがSigfoxの上で走っているカンファレンスには、海外からのゲストも参加した。まず、Sigfox社の創業者でCEOを務めるルドビク・ル・モアン(Ludovic Le Moan)氏が演壇に立った。ル・モアン氏は、「すべてのモノを結びつけたかった」とSigfoxを立ち上げた理由を語ったうえで、「現在45カ国でビジネスを展開し、8億の人口をカバーしている。2018年中には60カ国、10億人をカバーし、600万のデバイスがSigfoxにつながる」と説明した。

2021年を目途に、衛星を用いて地球全体をSigfoxでカバーする構想を進めているともル・モアン氏は述べた。すでにバックホール回線として衛星通信を使っているが、さらに「海上や砂漠のデバイスから送信したメッセージを衛星で直接キャッチする」という。「デバイスの価格や消費電力は、現在のSigfoxの水準を守っていく」とのことだ。

また、Sigfoxを活用して電動スクーターのメンテナンスを行っている独ボッシュなどの事例も紹介。「すでに1000以上のビジネスがSigfoxの上で走っている」と強調した。

続いて、オーストラリア、ニュージーランド、香港でSigfoxネットワークを展開するThinxtra社、そしてシンガポールと台湾をエリアとするUnaBiz社の海外Sigfoxオペレーター2社のCEOも登壇。各国のSigfoxのビジネス事例を紹介したうえで、「Sigfoxの魅力は市場が世界に開かれていること。日本で成功したサービスやビジネスを一緒に展開していこう」と呼びかけた。

カンファレンスの後半は、パートナー企業がそれぞれのソリューションや具体的なビジネス事例を説明した。

ソラコム 代表取締役社長の玉川憲氏は、KCCSと展開しているレンタルSigfox基地局などのSigfox関連サービスを紹介。「Sigfoxは、他の無線と比べてもモジュールコストや消費電力が低い。消費財、コモディティで、どんどん普及していくと考えている」と語った。NEC サービス・テクノロジー本部 シニアエキスパートの羽部康博氏は、「Sigfoxについて一番言いたいのは商用で使えること」とし、同社が提供するSigfoxを活用したLPガスの配送業務効率化ソリューションなどについて説明した。

ウィルポートの秋山亮介氏は、Sigfoxで荷物の有無などを管理する宅配ボックス「まいどうもポスト」を紹介。双日 海外業務部プロジェクト推進課(IoT推進) 特命専門課長の佐藤渉氏とアイ・サイナップ 代表取締役社長の江藤潔氏は、両社が共同展開している防犯ブザータイプやカードタイプの小型GPSトラッカーをアピールした。

ゼロスペック 代表取締役社長の多田満朗氏は、石狩振興局などと実施するSigfoxを活用した“灯油難民”防止の取り組みについて語った。灯油タンクの残量をSigfoxで可視化する。オプテックス 代表取締役社長の上村透氏は、ザイマックス等と展開するIoT看板センサーによる点検・保守・見守りサービスを紹介。同社が年間約300万台出荷しているセキュリティ用センサーの「Sigfox化を進めている」とも明かした。

「KCCS IoT Conference 2018」で講演したKCCS、Sigfox社、海外オペレーター、パートナー各社
「KCCS IoT Conference 2018」に登壇したKCCS、Sigfox社、
海外オペレーター、パートナー企業の講演者たち

スペシャルトピックスPR

kccs1805
watchguard1805
scsk1805

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】NETWORK SHIFT
         DX時代の新しいネットワーク戦略とは?
●ネットワーク仮想化最前線/●AI時代のネットワーク運用/●AWSに学ぶネットワーク構築/●SD-WANの現在地/●キャリア・OTTで進むネットワークのオープン化/●ISDN&PHSの移行戦略

◆[インタビュー] OKI 坪井正志常務「社会インフラ×IoTに確信」 ◆大量接続と低遅延を両立の「次期5G NR」 ◆NTT、B2B2Xの世界展開へ

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

SigfoxSigfoxが開始1年で100万回線!
いよいよ花開くIoTビジネス

LPWAの代表格「Sigfox」の最新動向と活用事例を徹底レポート!

WatchGuard Wi-Fi Cloud不正APを自動遮断するWIPS搭載!
ソーシャルWi-Fiで販促支援も

セキュアな無線LAN環境を実現できる「WatchGuard Wi-Fi Cloud」

無線LAN構築・運用のポイントをSCSKが語る

無線LANの大きなトレンドとなっている「クラウドWi-Fi」で課題解決!

ジェイピー・セキュア導入実績100万サイト以上の
国産WAF「SiteGuard」

業界最速レベルで防御機能を提供するジェイピー・セキュアのWAF製品

ライムライト・ネットワークスクラウド型WAFでWebサイトを保護

ライムライトなら、自社のCDNやDDoS対策との多層防御でオリジンサーバーを攻撃から防御できる。

Office 365ユーザは使わなきゃ損
Teamsでチームワークが劇的に!

Office 365の新ツール「Teams」を使い始める企業が続出している。

アクセスランキング

tc1807_a
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます