ニュース

ソフトバンクと大成建設、5G活用した建設機械の実証実験

文◎business network.jp編集部 2018.03.15

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ソフトバンクは、大成建設と共同で5G(第5世代移動通信システム)を活用した建設機械の遠隔操作などの共同実験を2018年1月に実施したと発表した。

この共同実験は、建設現場の省人化と遠隔操作による作業効率化を目的として行われたもの。遠隔から建設機械を制御したり、安全監視などをリアルタイムで実施するために5Gを活用した実験環境を設け、建設機械の制御信号と車載カメラ映像のデータ伝送試験を行った。

汐留(東京都港区)にあるソフトバンクの本社にコントロール拠点を設置し、「5G×IoT Studio」の赤坂エリア(東京都港区)に工事現場を想定した実験局を設けた。その上で、大成建設が独自技術で開発した自律建設機械の挙動シミュレーションシステムと高精細画像を用いて、現行の4Gと新しい5Gの伝送速度および遅延値を比較した。

実験概要図


実験の結果、4Gの通信性能と比較して、建設機械の制御信号と高画質のカメラ映像を10倍の伝送速度で、かつ10分の1の遅延時間で通信できることを確認した。これにより、5Gの活用で遠隔からでもリアルタイムに建設現場の状況を確認でき、省人化につながる建設機械の制御や安全監視などが可能になるという。

今後両社は、作業性と通信安定性を高めた未来の建設生産システムの実現に向け、5Gが本格的に商用化される2020年以降に建設現場で適用できるよう、2018年度から実際の建設機械を用いた本格的な実験に取り組む。2020年頃までには、実際の土木現場で複数の建設機械の協働実証実験を行う予定だ。

スペシャルトピックスPR

nec1907
netscout1908
synology1907

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5G時代のエッジ革命
 <Part1> 楽天の5G×MEC革命  <Part2> スマートシティとエッジコンピューティング <Part3> エッジコンピューティングでクルマはどう進化する? <Part4> ローカル5Gと相乗効果も  製造業で進むエッジ活用 <Part5> 五感をエッジデータ化  ヒト視点のエッジコンピューティング <Part6> エッジ運用の課題と対策  <コラム> 5GでエッジAIはさらに進化する

●[インタビュー] サイバーディフェンス研究所 名和利男氏「5Gへの攻撃で国家に大打撃  DX時代は通信がアキレス腱」 ●Wi-Fi 6の使い道を徹底解説 ●セキュリティ人材不足はシェアして解消 ●ビル制御システムはNWで守る ●見えてきた“90GHz帯”5Gの可能性 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

モバイルテクノミリ波の設計・製造を強力支援
5G時代の多様なニーズに応える!

モバイルテクノがミリ波モジュール設計開発サービスを拡充した。

エクストリーム ネットワークス5万人利用のNWをわずか2名で運用
IT管理者に嬉しいWi-Fi 6対応AP

エクストリームのWi-Fi 6対応APならAI自動RF管理など機能が満載だ。

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

アクセスランキング

tc1904
20191017

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます