企業ネットワーク最前線

「ダークウェブ」で自社情報が取引されているかも分かる――アズジェントが脅威インテリジェンスサービス

文◎太田智晴(編集部) 2018.02.21

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

IntSights Cyber Intelligence社
CEO 兼 共同創業者 ガイ・ニザン氏

アズジェントは2018年2月21日、一般のインターネットにとどまらず、ダークウェブまで包括的に監視し、自社に関係する脅威インテリジェンスを提供するサービス「IntSights Threat Intelligenceサービス」を3月中旬から提供開始すると発表した。イスラエル軍8200部隊の出身者が起業したベンチャー企業の技術を活用したサービスだ。

 
イスラエル軍のサイバーセキュリティと諜報の精鋭部隊である「8200部隊」――。その出身者が興したサイバーセキュリティ企業は数多いが、アズジェントが今回パートナー契約したIntSights Cyber Intelligence社(以下、IntSights社)もそうだ。

脅威インテリジェンスサービスは、様々なセキュリティベンダーから提供されているが、IntSights社のCEO 兼 共同創業者のガイ・ニザン氏が1つめの特徴としてアピールしたのは、顧客ごとにカスタマイズされた「テーラーメイドのソリューション」であることだ。

IntSights Threat Intelligenceサービスの画面イメージ
IntSights Threat Intelligenceサービスの画面イメージ



IntSights Threat Intelligenceサービスでは、サイバー犯罪者が様々な情報やツールなどを売買するブラックマーケットがある「ダークウェブ」からも情報を収集し、AIで分析して脅威インテリジェンスを提供するが、自社に関係のない脅威インテリジェンスはいくらあっても役に立たない。

そこで同サービスの場合、企業名や役員名、ドメイン、IPアドレス、その企業の重要なアセットなどの情報をもとに、その企業向けのテーラーメイドの脅威インテリジェンスを提供するという。

例えば、自社の従業員の認証情報がダークウェブで取引されている、自社のドメインを装ったフィッシングサイトが立ち上がっているなどのインテリジェンスを提供してくれるのだ。

通常のWebブラウザではアクセスできない「ダークウェブ」の情報も収集
通常のWebブラウザではアクセスできない「ダークウェブ」の情報も収集




「一口に分析と言っても、ダークウェブでは英語やアラビア語など様々な言語で情報がやりとりされており、自動で行うのは難儀なこと。しかし、我々は、その文脈まで理解して顧客に提示できる。人間のアナリストを模倣するようなAIを使っているからだ」とニザン氏。もちろん日本語にも対応する。

FWとの連携によるブロックや削除依頼など、自動修復機能も提供ニザン氏が2つめの特徴として挙げたのは、「ただ、インテリジェンスを提供するだけではない」という点だ。

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズやパロアルトネットワークスのファイアウォール、カーボン・ブラックのエンドポイントセキュリティなどと連携し、脅威を自動でブロックすることができる。また、Active Directoryと連携し、漏えいした認証情報によるリスクを自己修復することも可能だという。

さらには、自社の企業名やブランド名などを騙ったフィッシングサイト、偽のLinkedInドメインなどの削除依頼をワンクリックで行うこともできるそうだ。

脅威インテリジェンスを活用した自動修復も可能
脅威インテリジェンスを活用した自動修復も可能



IntsSights社は2015年6月の設立で、現在の顧客数は100社以上。アズジェントでは30社への販売を目指すという。

なお、各種イベントのセキュリティ対策にも活用できるよう、短期間ライセンスも用意する。この短期間ライセンスの販売価格は292万円~で、「期間としては2カ月程度を想定している」(アズジェント 代表取締役社長の杉本隆洋氏)とのことだ。

スペシャルトピックスPR

kmk1904
kmk1904
juniper1904

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】
ローカル5G徹底ガイド
<Part 1>ローカル5Gがやってくる――5G/LTEを自営できる新制度
<Part 2>ローカル5Gの「使い途」――多様な業種に広がるユースケース
<Part 3>ローカル5Gを導入する――ベンダー各社から製品・サービスが登場

●[インタビュー] 総務省 サイバーセキュリティ統括官  竹内芳明氏「IoTセキュリティに新技術基準」/●DX時代を支える光伝送システム/●サイバー保険は日本企業にピッタリ/●ドローン「目視外飛行」の早期実現へ/●中小企業のセキュリティ5か条
 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904B

スペシャルトピックス

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

アクセスランキング

tc1904
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます