企業ネットワーク最前線

実践! ネットワーク運用のコード化[最終回]Ansibleの活用による運用設定

文◎ネットワンシステムズ 鈴木俊吾、尾﨑直紀、中村喜之、杉亜希子 2018.02.01

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

APIや構成管理ツールを活用することで、ネットワーク運用はどう変わるのか。最終回となる今回は、構成管理ツールであるAnsibleを用いたネットワーク設定の自動化についてご紹介します。

 
構成管理ツールの大きな利点は、サーバーの構築の手順をコード化して決まった設定を自動で行える点だけではなく、誰が作業しても同じ結果が得られ、目的とする状態にできる(冪等性)ことです。

ネットワーク機器への対応は2016年ごろから開始され、多くのベンダーのOSに対応してきています(図表1)。そのため、ネットワーク業界からも注目が集まり、検証や情報収集が進んだ企業では実際に活用し始めています。以前から、データセンター事業者はサーバーの構築に利用してきましたが、ネットワーク機器にも活用の幅を広げています。

 

図表1 Ansibleのネットワークモジュールの例
図表1 Ansibleのネットワークモジュールの例


データセンターのインフラは、サーバーとトップオブラックのスイッチを1つのPOD(サービス提供の基本単位)として増設することがほとんどで、サーバーとスイッチをセットアップするパラメータなどはPOD間でほぼ同一になるよう設計されています。そのため、サーバーもスイッチも同じように構成管理ツールでセットアップすることが有効で、サービスの提供にかかる工数の削減やオペレーションミスの低減につなげることができます。

第1回「APIと構成管理ツールの活用法」でもご紹介したように、構成管理ツールにはいくつか種類があり、現在では「Ansible」「Puppet」「Chef」の3種類がメジャーなものと言えます。後発のツールは扱いやすいように改善されてきており、近年ではAnsibleに注目が集まっています。その理由としては以下の点が挙げられるでしょう。

プログラミングの知識がなくても作成できる
YAML形式のテキストに手順を列挙するだけ

エージェントレスである
SSH接続できるだけでよいので導入が容易

処理が簡単で理解しやすい
編集は、対象となる機器と実行する処理の2つで、処理順序は記述順

豊富なモジュール
サーバーやネットワーク機器だけでなく、コンテナの作成などクラウド連携も可能

Ansibleの基本的な仕組みAnsibleは、IT機器に対して自動的に設定を行うことができる構成管理ツールです。その概要を図表2に示します。

 

図表2 Ansibleの概要
図表2 Ansibleの概要


設定を行うためには、管理対象の機器を記述する「Inventoryファイル」と、設定内容を記述する「Playbook」を用意する必要があります。

Inventoryファイル
管理対象の機器と環境変数を定義

Playbook
Inventoryファイルで定義した機器に対して行う設定内容を記述

これらのファイルはシンプルで理解しやすい言語で記述するように設計されており、取り組みのための学習コストはそれほど高くありません。

Ansibleの特徴として、エージェントレスで機器の設定ができることが挙げられます。エージェントとは、機器を操作するために必要となる専用の管理ソフトウェアのことです。

エージェントレスではない構成管理ツールを用いる場合には、管理対象の機器に専用のソフトウェアをインストールする必要があり、アンインストールされると機器が管理できなくなります。また、管理対象の機器によってはエージェントをインストールできない場合もあります。

Ansibleはエージェントをインストールする必要がなく、基本的にSSH経由で機器にアクセスして操作します。SSHは広く一般に使われている、歴史ある暗号化通信のプロトコルであり、SSHが適切に設定されていれば、Ansibleを実行するホストと機器間の通信経路はセキュアに保たれます。また、対象機器によってはSSH以外にHTTPSも利用可能です。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

nec1907
intel1906
extreme1906

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】IoTの課題解決! 10の最強メソッド
[課題1]IoTで何をすればいいのか分かりません [課題2]IoTを推進できる人材が社内にいません [課題3]中小企業でもIoTで成果は出せますか? [課題4]いつまで経ってもPoCを“卒業”できません… このほか10の課題を解決する最強メソッドを紹介!

●[インタビュー] オプテージ 荒木誠社長「情報・通信の事業統合は必然 ローカル5Gには多くの可能性」 ●DDoS対策にさらなる価値を ●イタリア発ローカル5G、日本へ ●ローカル5Gとキャリア網を連携 ●住商らが国内初ローカル5G実験 ●資生堂やドコモも参入!ビューティーテック ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

ネットスカウトシステムズNWを隅々まで可視化してDDoS対策
ボリューム型もL7攻撃も防ぎ切る!

世界最大級の監視システムATLASで全世界のDDoS攻撃を防ぎ続ける!

Synology話題の「メッシュWi-Fi」を選ぶならSynology

ハード性能に加えてソフト機能も充実! ビジネスにも活用できる。

Cloudian HyperStore企業のGDPR遵守を強力サポート!
EB級ストレージを安価に自社構築

Amazon S3と同等のオブジェクトストレージを自社で構築・運用できる

NEC UNIVERGE SVシリーズクラウドとの連携を容易に実現!
新NEC UNIVERGE SVシリーズ

新端末を組み合わせることで、通話にとどまらない充実した機能

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークスWi-FiとIoTをAIが自動で管理
10万人のスタジアムに搭載

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

アクセスランキング

tc1904

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます