企業ネットワーク最前線

SPECIAL TOPIC

Office 365の悩みはオフロードで解決!
NIerが教えるSaaS用ネットワーク構築法

提供◎日本マイクロソフト株式会社 2018.01.24

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

Office 365等のSaaSの利用が広がるなか、企業はその下支えとなるネットワークの再設計・構築を迫られている。大量に発生するトラフィックを効率的にさばき、かつセキュリティを担保するにはどのような経路でSaaSにつなげれば良いのか。「クラウド時代のネットワーク」のあるべき姿について、Office 365の導入支援で豊富な実績を持つNIerに聞いた。

 
業種・企業規模を問わず幅広いユーザーを抱えるインターネットイニシアティブ(IIJ)、NEC、富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)。いずれの担当者も、Office 365導入時にはネットワークの見直しが不可欠という認識がユーザー企業にも浸透していると話す。

NECでエンジニアを務める佐野公謙氏が「Office 365の新規導入時にネットワークも含めてすべて弊社に任せたいというケースが多い」と話せば、FNETSの松岡周氏も「最近は啓蒙が進んで、ネットワークも合わせて見直さなければならないという認識が広がった」と語る。

ただし、ここで問題となるのが既存の通信への影響だ。IIJの吉川義弘氏は「ネットワーク変更はインパクトが大きいため、既存の通信への影響を抑えながら対応するにはどうすればいいかという相談が多い」と話す。

既存環境からなだらかに移行 手始めはプロキシオフロードから顧客企業のこうしたニーズに対して各社が提案しているのが、Office 365の通信を他の通信と区別して別経路に振り分けるオフロード策だ。トラフィックの分散による負荷軽減である。

日本企業では一般的に、各拠点で発生するトラフィックをWAN経由で本社やデータセンター(DC)に集約してからインターネット/クラウドにつなぐ「一極集中型」のネットワークトポロジーを採用している(図表1)。

 

図表1 センター集約型の問題点
図表1 センター集約型の問題点


この形態を維持しながら、プロキシ/FW、インターネット回線の圧迫を避けるためのソリューションが図表2の「プロキシオフロード」だ。

 

図表2 オフロードによる問題解決
図表2 オフロードによる問題解決


アプリケーション毎にトラフィックを識別して経路制御を行うADC(アプリケーションデリバリコントローラ)をプロキシ/FWの手前に置き、Office 365通信だけをバイパスさせる。Office 365は通信暗号化等によってセキュリティが担保されているので、迂回させてもセキュリティは担保できるというわけだ。FNETSの松岡氏によれば、回線も分けて「Office 365専用回線を使うケースが増えている」という。

松岡氏は、まずこのプロキシオフロードを基本にネットワーク設計を行うことを勧める。「回線とプロキシ/FW、ADCをワンセットにして、ユーザーの増加に応じて追加する。そうして許容量の大きなネットワークを実現することが設計の肝になる」と話す。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

comarch1806
bmtech1806
iijglobal1806

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】映像IoTが、来た!
●多様な業界に広がる映像IoT/●カメラとAIでスマート農業/●防犯カメラも新たな次元へ/●AI予測で混まないレジ/●映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント

◆[インタビュー] NTT東日本 井上福造社長 ◆クラウド時代の企業音声システム ◆日本企業目線で“ヤマハ流”SD-WAN ◆富士通が産業向け新無線LAN ◆農業×IoTで「地方」を変える ◆MWC上海レポート

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

潜伏する脅威をAIが検知!
産業用制御システムやIoTも守備範囲

日商エレクトロニクスのセキュリティ対策が“新ステージ”に突入する!

リボン・コミュニケーションズTeamsの電話機能にいち早く対応
UCを狙ったサイバー攻撃対策も

Microsoft TeamsとPSTNをつなぐリボン・コミュニケーションズ

UNIVERGE Aspire WX電話やUC機能を全方位にカバー
中小企業の多様な働き方を強力支援

NECが5年ぶりの中小向けキーテレフォン「UNIVERGE Aspire WX」

F5ネットワークスセキュリティやGi-LAN仮想化など
モバイルインフラの強化に貢献

5G移行を控えた今、F5ネットワークスはどんな価値を提供できるのか?

moconavi今いる場所がオフィスになる!
moconaviで安全なモバイルワーク

場所を問わない新しい働き方の実現には、ICT環境の整備も不可欠だ。

サンテレホンサンテレホンがICT総合展示会
ビジネス伸ばす製品群が一堂に

東京ドームシティ・プリズムホールで7月18・19日開催!

インテル5Gをエンドツーエンドでカバー
新たな価値創出を目指すインテル

インテルは強みの仮想化技術で5G時代のネットワーク構築に貢献する。

コマーチキャリア向けOSS/BSSに強み
自動化やe-ヘルスで社会課題解決

自動化やe-ヘルスで多くの実績を持つコマーチが日本市場に参入した。

ブロードメディア・テクノロジーズ小森コーポレーションが
Aryakaで日中間通信を安定化!

日系企業の中国ビジネスに立ちはだかるのが通信環境の問題だ。

IIJグローバルソリューションズ日中間ネットワークの安定運用へ
VPN規制を乗り切る解決策提供

安定的な越境通信を実現するには何が必要か?

NTTコミュニケーションズIoTビジネスの種まきから結実まで
NTT Comの「次の一手」とは

自社発行型eSIMでの新サービス提供に期待!

SAS Institute Japanデータ分析の老舗、SASが提案するIoT時代のデータ活用

IoTのはじめの一歩を踏み出す前に考えるべきポイントは?

アクセスランキング

tc1807_a
wsd_iot_ngn
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます