企業ネットワーク最前線

5G・IoT・クラウドに投資集中するエリクソン「正しい道を歩んでいる手ごたえ」

文◎唐島明子(編集部) 2018.01.09

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

エリクソンは業績回復を目指し、2017年3月末に新たな事業戦略を発表した。拡大していたポートフォリオを見直し、通信事業者向けの5G・IoT・クラウドに集中投資する新戦略を推し進めている。

 
「私たちは今、新戦略の実行フェーズにある。日本、そしてグローバルでも、お客様から良いフィードバックを得ており、正しい道を歩んでいる手ごたえがある」。こう自信を見せるのは、エリクソン・ジャパン代表取締役社長のマイケル・エリクソン氏だ。

エリクソンは2017年3月末、業績回復を目指して、グローバルの新たな事業戦略を発表。それまでは通信事業者向けのビジネスに加え、各産業分野のエンタープライズにも直接ビジネスを展開することも多かった。しかし、新戦略では選択と集中を行い、改めて通信事業者にフォーカスして、ソリューション開発・提供することを決めた。

エリクソン・ジャパンのもう1人の代表取締役社長である野崎哲氏は、この戦略について次のように説明する。

「以前の私たちは、少し手を広げ過ぎていた。特に日本では顕著なことだが、エンタープライズのお客様は通信事業者に声掛けする傾向がある。そこで私たちは、今まで以上に通信事業者に集中することにした」。エンタープライズへのアプローチは、通信事業者経由でも行える。

通信事業者向けソリューションの研究開発費も増やしたそうだ。

現在、研究開発に力を入れている分野は「5G(第5世代移動通信システム)」「IoT」「クラウド」の3つだ。これらの取り組みを通信事業者、そしてその先にいる各産業分野のエンタープライズとともに進め、通信事業者のビジネスをサポートしていくという。

(左から)エリクソン・ジャパン代表取締役社長 ソフトバンク事業統括本部のマイケル・エリクソン氏、同社代表取締役社長 戦略事業担当の野崎哲氏
(左から)エリクソン・ジャパン 代表取締役社長 ソフトバンク事業統括本部のマイケル・エリクソン氏、
同社 代表取締役社長 戦略事業担当の野崎哲氏


5Gで超低遅延な触覚技術5G、IoT、クラウドはそれぞれ不可分の関係にあり、それらの研究開発はユースケースが主導するスタイルになる(図表)。エリクソンは、製造業、輸送業、農業、エネルギー業など、多岐にわたる分野で研究開発を進めている。

 

図表 ユースケースが主導する5G
図表 ユースケースが主導する5G


その1つ、スマートファクトリーの分野において、スイスに本社を置く産業用ロボットメーカーABBと研究開発しているのは、仮想空間にあるモノをあたかも触ったかのように、皮膚感覚のフィードバックを感じられるようにする技術「ハプティックテクノロジー(Haptic Technology、触覚技術)」だ。

この技術は、これまでもゲーム業界で使われてきたが、それを産業向けに応用することを目指している。例えばドローンをリモコンで操縦しているとき、風が吹いてきたら手元のリモコンで風の抵抗を感じられるようにする。5Gだからこそ提供できる超低遅延なネットワークを利用すれば、操縦者にリアルタイムにフィードバックすることが可能になる。

また、イタリアのロボティクスメーカー、Zucchetti Centro Sistemとは、多拠点に工場を所有している製造業向けに、生産プロセスをリモートからコントロール可能にするソリューションの開発を検討しているという。

さらに日本では、コネクテッドカーのサービス基盤づくりを推進する「Automotive Edge Computing Consortium(AECC)」を、NTT、NTTドコモ、トヨタ自動車、トヨタIT開発センター、デンソー、インテルなどと立ち上げた。

コネクテッドカーでは多様な通信技術が用いられることになるが、5G、そしてクラウドとエッジが連携するコンピューティング技術は欠かせない要素だ。今は、「5Gやエッジコンピューティングが必要になるのはどのような利用シーンか」「その利用シーンではどれほどの通信性能が求められるか」などを協議している。今後エリクソンは、それらの要件を満たすネットワークを実現すべく、ネットワークの機能分割や動的な資源割り当てなどができる基盤を開発していくという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

sumi2001
apresia2001
HACCP2001

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】6Gへ Beyond 5Gへの挑戦
<Part1>6Gは究極の無線通信 <Part2>総務省の6G推進戦略 <Part3>韓国の6G商用化は2028年 <Part4>100ギガ無線へのトビラを開くテラヘルツを人類の手に <Part5>6Gの重要コンセプト「超カバレッジ拡張」 <Part6>6Gへつながる進化の道筋「5G evolution」の全貌 

[インタビュー]東京大学 教授 中尾彰宏氏「ローカル5Gに価格破壊 王道と違う6Gへの道を探求」 [ソリューション特集]スモールビジネスWi-Fi [事例研究]ミクシィがホワイトボックス導入 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

都築電気テレワークと健康経営の実践4年目
その知見をワンストップで提供

働き方改革を推進する都築電気がテレワークに最適なグループウェア!

ドコモ・システムズNTTグループ23万人を支える
テレワークツール

伝統的な日本企業が作ったツールだから、かゆい所に手が届く!

WhatsUp Goldネットワーク監視に圧倒的使い勝手
安価な導入コストでも厚い支持

中小企業から通信キャリアまで、WhatsUp Goldが人気の理由とは?

MOVEit Transfer / MOVEit Automationデータ保護新時代のファイル転送
HIPPA、GDPRなど各種規制に対応

主要データ保護規制に準拠した安全なファイル転送ソフトの決定版!

moconaviBYODもセキュリティもこれひとつ
本当に明日からできるテレワーク

業務システムのリモート利用や公私分計をセキュアに実現するmoconavi

アライドテレシススモールビジネスのWi-Fi整備は
プロにおまかせ!

アライドテレシスなら安く・早く・楽に・安全に導入・運用してくれる

ソネットSMBに“ちょうどいい”Wi-Fi

高コストはかけたくないが、家庭用では性能が足りない。そんなジレンマを解決できるWi-Fiがあった!

ジュニパーネットワークス“ただのSD-WAN”はもう要らない!
LANもWi-Fiもすべてクラウド管理へ

今必要とされているのは、
“SD-WAN+α”のソリューションだ。

Citrix SD-WANシトリックスといえば「UX重視」
その哲学はSD-WANにも!

情シスも現場も幸せになれる
「SD-WAN」がここにある。

ソフトバンク目的・用途別にSD-WAN使い分け!
ソフトバンクが“3つめ”を出す理由

IaaS利用に最適な新SD-WANで
企業のクラウドシフトをサポート!

ブロードメディア・テクノロジーズAryakaの“SD-WAN as a Service”
なら全部お任せできる!

AryakaのSD-WANはコアからラストマイルまで一括で運用を任せられる

東京エレクトロンデバイスクラウド基盤にお勧めのWAF
高い検知性能でコスト削減

WAF市場のリーダー、F5製品は多角的分析による検知精度の高さが特徴だ

一般社団法人新規事業・新規市場創出研究会国内唯一の5G/6G調査研究会!

「5Gでの日本の遅れを取り戻したい」。5G、6G、MaaSをテーマにした調査研究会が4月に運営開始する。

sXGPsXGPはローカル5G導入の第一歩

まもなく帯域が拡張されるLTEベースの自営無線「sXGP」は、ローカル5G導入のファーストステップとなる!

マクニカネットワークスHACCP対策の切り札となるIoT
LoRaWANで冷蔵庫内もデータ取得

食品業界に義務付けられるHACCP。IoTで手間と人為的ミスを削減できる

住友商事マシネックスついにオラクルがSD-WANに参入!
 クラウド接続に最適な高品質NW

Oracle Failsafe SD-WANは、ネットワーク品質を劇的に変化させる。

APRESIA Systemsローカル5G参入を強力サポート

APRESIA Systemsの「ローカル5Gシステム」はローカル5Gに必要な機能に絞り込み、導入を強力サポート

アクセスランキング

tc_banner191122

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます