企業ネットワーク最前線

5G・IoT・クラウドに投資集中するエリクソン「正しい道を歩んでいる手ごたえ」

文◎唐島明子(編集部) 2018.01.09

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

エリクソンは業績回復を目指し、2017年3月末に新たな事業戦略を発表した。拡大していたポートフォリオを見直し、通信事業者向けの5G・IoT・クラウドに集中投資する新戦略を推し進めている。

 
「私たちは今、新戦略の実行フェーズにある。日本、そしてグローバルでも、お客様から良いフィードバックを得ており、正しい道を歩んでいる手ごたえがある」。こう自信を見せるのは、エリクソン・ジャパン代表取締役社長のマイケル・エリクソン氏だ。

エリクソンは2017年3月末、業績回復を目指して、グローバルの新たな事業戦略を発表。それまでは通信事業者向けのビジネスに加え、各産業分野のエンタープライズにも直接ビジネスを展開することも多かった。しかし、新戦略では選択と集中を行い、改めて通信事業者にフォーカスして、ソリューション開発・提供することを決めた。

エリクソン・ジャパンのもう1人の代表取締役社長である野崎哲氏は、この戦略について次のように説明する。

「以前の私たちは、少し手を広げ過ぎていた。特に日本では顕著なことだが、エンタープライズのお客様は通信事業者に声掛けする傾向がある。そこで私たちは、今まで以上に通信事業者に集中することにした」。エンタープライズへのアプローチは、通信事業者経由でも行える。

通信事業者向けソリューションの研究開発費も増やしたそうだ。

現在、研究開発に力を入れている分野は「5G(第5世代移動通信システム)」「IoT」「クラウド」の3つだ。これらの取り組みを通信事業者、そしてその先にいる各産業分野のエンタープライズとともに進め、通信事業者のビジネスをサポートしていくという。

(左から)エリクソン・ジャパン代表取締役社長 ソフトバンク事業統括本部のマイケル・エリクソン氏、同社代表取締役社長 戦略事業担当の野崎哲氏
(左から)エリクソン・ジャパン 代表取締役社長 ソフトバンク事業統括本部のマイケル・エリクソン氏、
同社 代表取締役社長 戦略事業担当の野崎哲氏


5Gで超低遅延な触覚技術5G、IoT、クラウドはそれぞれ不可分の関係にあり、それらの研究開発はユースケースが主導するスタイルになる(図表)。エリクソンは、製造業、輸送業、農業、エネルギー業など、多岐にわたる分野で研究開発を進めている。

 

図表 ユースケースが主導する5G
図表 ユースケースが主導する5G


その1つ、スマートファクトリーの分野において、スイスに本社を置く産業用ロボットメーカーABBと研究開発しているのは、仮想空間にあるモノをあたかも触ったかのように、皮膚感覚のフィードバックを感じられるようにする技術「ハプティックテクノロジー(Haptic Technology、触覚技術)」だ。

この技術は、これまでもゲーム業界で使われてきたが、それを産業向けに応用することを目指している。例えばドローンをリモコンで操縦しているとき、風が吹いてきたら手元のリモコンで風の抵抗を感じられるようにする。5Gだからこそ提供できる超低遅延なネットワークを利用すれば、操縦者にリアルタイムにフィードバックすることが可能になる。

また、イタリアのロボティクスメーカー、Zucchetti Centro Sistemとは、多拠点に工場を所有している製造業向けに、生産プロセスをリモートからコントロール可能にするソリューションの開発を検討しているという。

さらに日本では、コネクテッドカーのサービス基盤づくりを推進する「Automotive Edge Computing Consortium(AECC)」を、NTT、NTTドコモ、トヨタ自動車、トヨタIT開発センター、デンソー、インテルなどと立ち上げた。

コネクテッドカーでは多様な通信技術が用いられることになるが、5G、そしてクラウドとエッジが連携するコンピューティング技術は欠かせない要素だ。今は、「5Gやエッジコンピューティングが必要になるのはどのような利用シーンか」「その利用シーンではどれほどの通信性能が求められるか」などを協議している。今後エリクソンは、それらの要件を満たすネットワークを実現すべく、ネットワークの機能分割や動的な資源割り当てなどができる基盤を開発していくという。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

インテルインテルが進めるネットワーク仮想化 国内キャリアとの最新動向も
SDNとエッジ中心の未来を見据え、通信事業者と進める取り組みとは?
レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。