ICT×未来

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

スマートホーム市場は本当に立ち上がるか?(後編)――日本で普及する“第3の理由”

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2018.01.05

  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

IFTTTのWebサイト

これまで期待通りには普及が進んでこなかったスマートホーム――。しかし今、変化のときを迎えている。普及のドライバーとなるのは、AIと機器連携サービスの進化。そして、もう1つ日本特有の理由もある。

IoTベースのスマートハウスは、本格的に普及するのか前編では、第2世代までのスマートホームがなぜ普及しなかったのか、その理由を解説しました。第3世代・IoTベースのスマートホームが普及するかどうかは、まずその課題をどこまで解消できるかにかかっていると言えます。

1つめのポイントは、「お客様に付加価値を提供できるか」です。

これに関しては、「AIによる自動化」により、高い付加価値を提供できると考えられます。

従来は、家電や設備機器がネットワークにつながっていると言っても、基本はユーザーが意識的に操作するものでした。

しかし、IoTベースになったことで、センサーからクラウドに収集されたデータをAIが分析し、ユーザーを先回りして、フィードバックを返すことができます。

たとえば、「ユーザーの体温などをセンサーが測定して、自動的に空調などを最適制御する」などが該当します。

AIが様々なデータを学習し、ネットワークにつながる家電や設備も増えていくと、ユーザーには思いもつかなかったような「快適な提案」ができる可能性があります。

まさに「賢い住宅(スマートホーム)」と言えるのではないでしょうか?

続いて、2つめのポイントは「各メーカーの家電や設備機器をオープンにつなげることができるか」です。

これに関しては、この2~3年ほどで大きく状況が変わりました。

「IFTTT(イフト)」というWebサービスにより、欧米の主要なホームIoT機器は、規格が異なるものでも相互に接続させることができるようになったのです。

IFTTTの画面
IFTTTの画面

 


 
IFTTTが誕生したのは2010年。IFTTTという一見変わったネーミングの語源は「IF This Than That」。日本語では「もしコレをしたら、アレをする」となります。

IFTTTは当初、FacebookやTwitterなどの異なるSNSサービスを連携させるWebサービスとして利用されていました。たとえば、「Facebookに投稿したら、その内容をTwitterにも投稿する」などの使われ方です。

しかし、2014年頃から、ホームIoT機器を遠隔操作するWebサービス(クラウド上の遠隔操作プログラム)を登録して活用する事例が増えてきました。たとえば、「人感センサーが人間を感知したら、照明をつける」などです。

具体的には、人感センサーを遠隔操作/監視するWebサービスをIFTTTに「トリガー」として設定します。そして、「アクション」には、照明機器を遠隔操作するWebサービスを設定することにより、「トリガー&アクション」として一連の連携操作が可能になります。

IFTTTのような連携サービスが登場する以前は、欧米でも様々な規格が乱立し、囲い込み合戦の様相を呈していました。もちろん、現在でも複数の規格が存在しますが、いずれのメーカーも、急速にユーザーの支持を集めるIFTTTに乗り遅れることを恐れ、IFTTT対応を進めてきました。

その結果、欧米の主要なホームIoT機器がIFTTTに対応することになったのです。

残念ながら、国内のホームIoT機器でIFTTTに対応しているものは、現状では多くありません。ただ、IFTTTの対抗サービスとして、ヤフーのmyThingsやマイクロソフトのFlowなども出てきています。

各サービスが競い合うことにより、我が国においても、1つのサービスで、主要なホームIoT機器を連携させることができる日も、そう遠くないと考えられます。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、8年間で200社以上の企業や個人事業主のマーケティングのコンサルを実施、180回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。
  • Teitter
  • facebook
  • 印刷

スペシャルトピックスPR

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】WIRELESS SMART CITY

<Part1> ネットワークとともに進化する都市
<Part2> スマートシティネットワークの作り方
<Part3> 柏の葉に“Meta発”ミリ波無線の実験場
<Part4> スーパーシティ大阪 L5G広域利用の先行事例に
<Part5> ドローン「レベル4解禁」で変わる都市の物流
<Part6> ワイヤレス給電は都市をどう変えるか?

>>詳しい目次を見る

スペシャルトピックス

レッドハットインフラの自動化で34%の工数削減 レッドハットのネットワーク自動化2.0
人と人のコミュニケーションも効率化し、圧倒的な自動化を実現する。
i-PROセキュリティカメラの映像を遠隔監視 AI機能でマーケティングなどにも活用
幅広い用途に簡単、スピーディー、リーズナブルに対応するi-PRO Remo.
ジュニパーネットワークスWi-Fi 6E×AIで超効率ネットワーク 無線からWANまでクラウドシフト
ジュニパーはWi-Fi 6E時代に向けて、NW運用をAIとクラウドで効率化!
UniFiWi-Fi 6のライセンス費用がゼロに UniFiならコスパ抜群・簡単管理
圧倒的なコスパと手軽さで、オフィス、学校、工場、病院らが採用
日本マイクロソフト走り出した「5G網をAzureへ」計画
クラウド移行でキャリアは何を得るか

AT&Tの5GコアのAzure移行の狙いと進捗状況をマイクロソフトに聞いた。
ローデ・シュワルツ強みのミリ波技術で6G開発に貢献 1THz対応受信器もラインナップに
ローデ・シュワルツが得意のミリ波技術で6Gへの取組を強めている。

モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」<連載>NTTグループのプロフェッショナルたち
モバイル空間統計が直面した困難「ビッグデータのプライバシーを守れ」
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」<サイバーセキュリティ戦記>
NTT Comサイバー攻撃事件の舞台裏

「侵入者は対策メンバーのアカウントにもなりすましていた」
セイコーソリューションズISDNからインターネットへ スムーズな移行を可能にするには

ハードウェアを設置するだけ!ISDNからIP網への移行をフルサポート。

AirREAL-VOICE2簡単操作でマイグレーション実現
データ通信だけでなく通話・FAXも

アダプターの入替だけで移行が完了するMIの音声対応LTEルーター

NTTデータINSネットの後継ならお任せ!
移行で伝送時間短縮や負荷軽減

INSネットからの失敗しない移行方法をEB/FBの種類別に紹介しよう。

Wi-SUN AllianceWi-SUN認証デバイスが1億台突破
日本発の世界標準規格の普及加速

2.4Mbpsへの高速化など新たな進化も始まっている。

エヌビディアNTTとLINEが牽引する日本の自然言語処理、この2社がリーダーである理由

3月21日から開催の「NVIDIA GTC 2022 Spring」で知ろう!

ホワイトペーパー

アクセスランキング

tc202012

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2020 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます
当ウェブサイトはCookieを使用しています。閲覧を続ける場合、プライバシーポリシーに同意したことになります。