ICT×未来

ビジネスの明日を動かすICTトレンド

スマートホーム市場は本当に立ち上がるか?(前編)――今まで普及しなかった2つの理由

文◎西俊明(ライトサポートアンドコミュニケーション) 2018.01.04

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

スマートスピーカーを筆頭に、ホームIoTをめぐる動きが活発化しています。いよいよスマートホームは普及期を迎えたのでしょうか。前編では、スマートホームの歴史を振り返りながら、今まで市場が本格的に立ち上がらなかった理由について解説します。

百花繚乱となった、我が国スマートスピーカー市場2017年秋、AIを内蔵したスマートスピーカーが、我が国の市場にも続々と登場し始めました。

すでにグーグルの「Google Home」、アマゾンの「Amazon Echo」、LINEの「Clova WAVE」、ソニーの「LF-S50G」などが販売開始されています。今後も、アップルをはじめ、内外の様々な企業からスマートスピーカーが発売される予定です。

まさに、百花繚乱といった状況です。

これらのスマートスピーカーは、口頭で問いかけたり命令したりすると、「質問に答えてくれる」「音楽を流してくれる」などして、私たちの生活をより便利にしてくれます。

しかし、スマートスピーカーの販売は、各社の真の狙いに対する第一歩に過ぎません。図表1をご覧ください。

 

図表1 スマートホーム市場をめぐる海外プレーヤーの動向
スマートホーム市場をめぐる海外プレーヤーの動向
出典:経済産業省 産業構造審議会 新産業構造部会 第12回(平成28年12月22日)配布資料より抜粋http://www.meti.go.jp/committee/sankoushin/shin_sangyoukouzou/pdf/012_06_01.pdf



これは、経済産業省の産業構造審議会(部会)で配布された資料の一部であり、「AI×暮らしを豊かにする機器・サービス」の章で説明されている、海外のプレーヤーの動向です。

ここでは、グーグル、アマゾン、アップル、サムスンの4社の状況が記載されていますが、いずれも「宅内IoT」あるいは「スマートホーム」に狙いを定めている様子がうかがえます。

彼らは、自社のスマートスピーカーをスマートホームのセントラルハブ、あるいは、人間とのインタフェースの標準とすることを狙っています。その結果として、スマートホーム市場における自社のプレゼンスを高めることを目論んでいるのです。

ここで、世界のスマートホーム市場の成長予測を見てみましょう。

 

図表2 スマートホーム市場の成長予測
図表2 スマートホーム市場の成長予測
出典:A.T.カーニー
https://www.atkearney.co.jp/communications-media-technology/the-battle-for-the-smart-home



コンサルティング会社のA.T.カーニーによると、2015年に140億米ドルの規模だった世界全体のスマートホーム市場は、2025年には2630億米ドル、2030年には4050億米ドルまで成長すると予測されています。ざっと40兆円以上の市場です。いかに有望視されているかが分かります。

また、図表2のグラフを見ると分かる通り、A.T.カーニーでは、利用目的(提供価値)別に、以下の5つのカテゴリに分類して市場予測しています。

(1)ホームセキュリティ
(2)エネルギーマネジメント
(3)快適&利便性
(4)健康維持と増進
(5)エンターテイメント(映像・音楽など)

上記カテゴリのうち、日本とは治安の異なる欧米では、ホームセキュリティ分野からスマートホーム市場が広がっています。

また、アメリカでは2014年に、日本より一足先に販売されたアマゾンのスマートスピーカーが4000万台以上販売された、という報道もありました。

このような状況を見ると、「日本でもこれから本格的にスマートホーム市場が立ち上がっていくのだろう」と期待する方もいるでしょう。

一方で、スマートホーム構想は、提唱されてから30年以上も経過しており、正直なところ、目新しい概念ではありません。実際、スマートホームと聞いて、「またか」と思われた方も多いはずです。

今回のスマートホーム市場への各社の参入が、我が国においても本格的な普及・定着へと続くものか見極めるためにも、まずは、スマートホーム構想のこれまでの流れを確認してみましょう。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

著者プロフィール

西俊明(にし・としあき)

慶應義塾大学文学部卒業。合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション代表社員/CEO。富士通株式会社で17年間にわたり、営業、マーケティング業務に従事。2008年、経済産業大臣登録・中小企業診断士として独立し、2010年、合同会社ライトサポートアンドコミュニケーション設立。専門分野は営業・マーケティング・IT。Webマーケティングやソーシャルメディア活用のテーマを中心に、8年間で200社以上の企業や個人事業主のマーケティングのコンサルを実施、180回以上のセミナー登壇実績をもつ。著書に『あたらしいWebマーケティングの教科書』『ITパスポート最速合格術』『高度試験共通試験によくでる午前問題集』(技術評論社)、『絶対合格 応用情報技術者』(マイナビ)、『やさしい基本情報技術者問題集』『やさしい応用情報技術者問題集』(ソフトバンククリエイティブ)、『問題解決に役立つ生産管理』『問題解決に役だつ品質管理』(誠文堂新光社)などがある。

スペシャルトピックスPR

sonybiz1904
silverpeak1904
cyber1903

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】キャリアネットワークの
   メガトレンド
●5Gを4つのキーワードで解説 ●通信インフラは「共有」する  ●基地局は持ち運ぶ時代へ ●ネットワーク機器の機能分離が加速 ●ゲームチェンジの引き金を引くO-RAN ●5G網はSRv6で一筆書き

●[インタビュー] クアルコムジャパン 須永順子社長「5Gの1年前倒しに大きな意義。ローカル5Gを工場へ積極提案」 ●スマホ内線化で働き方を変える ●埼玉県飯能市が“IoT罠”で獣害対策 ●ネットワン「サブスク拡大」の理由 ●IoTを導入しない企業は5年以内に脱落? ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー
プレゼントキャンペーン201904B

スペシャルトピックス

インテルキャリア網もクラウドネイティブへ
5G革命を推進するインテル

インテルが5G時代の新NW実現に向けた取組みを加速させている。

エクストリームネットワークス「ワイヤレスジャパン」に出展!
Wi-FiとIoTをAIが自動で管理

「Smart OmniEdge」がネットワークエッジのトラブルから解放する!

NTTコミュニケーションズeSIMを本格提供! 垂直統合で企業のIoT活用を支えるNTT Com

国内MVNO初のリモートプロビジョニング対応eSIMサービスも提供開始

サクサキャリア網の利用で高い通話品質
スマホ2台までお試し導入も!

サクサのビジネスホンなら、スマホ内線が途切れない! 使い勝手も◎!
NTTコムウェアスマホ内線で高い通話品質を実現!

交換機開発のノウハウを活かしたNTTコムウェアのクラウドPBXは、高い安定性や優れた通話品質が特徴

日本シエナコミュニケーションズ光伝送網の能力はもっと引き出せる
目指すは“どこでも400G”の世界

シエナが1波800Gbps伝送を可能にする新世代チップを発表した。

KCCS加速し続けるSigfoxの「今」
人口カバー率は94%を突破

グローバルでも年末には70カ国・1300万回線に拡大見込みだ。

専門人材が24/365で対応するMSS
最新鋭のSOCで途絶なく脅威を監視

次世代FWなどのセキュリティ機器は「設置しておしまい」ではない。

ケーエムケーワールド最大2.7Gbpsの次世代FW
100名以下の企業で採用が増加!

NISG3000は様々なセキュリティ対策が詰まったオールインワン型

ジュニパーネットワークス"クラウドが遅い"をSD-WANで解消
ブレイクアウトの課題とは?

クラウドの「体感品質」にフォーカスしたジュニパーのSD-WAN

シングテル海外拠点網“SD-WAN化”の注意点とは?

グローバルキャリアに聞く回線選びの重要性

ソニービズネットワークス“ひとり情シス”でも心配なし!
SD-WAN始めるならマネージド型で

SD-WAN導入に悩みを抱えるIT担当者に最適なマネージドSD-WAN

マクニカネットワークス高精度にアプリ識別可能なSD-WAN
速度も最大10倍以上に高速化

Silver PeakのSD-WANは「正確で速い」という強みを持つ。

ハカルプラス後付け簡単&低コスト! 5km飛ぶLoRa無線機で始める設備のIoT化

IoT導入時のハードルをぐっと下げる、ハカルプラスの「LoRa無線機」

サイバーソリューションズビジネスメール詐欺を確実に防御!
メール攻撃対策の頼れる存在

MAILGATESΣなら、既存メール環境と組み合わせて解決できる

ZETAアライアンスマルチホップができる革新的LPWA
ZETAでIoTビジネスを掘り起こす!

マルチホップという他のLPWAにない特性で、次々にユースケース開拓!

ソネット“ネットワークエンジニア不要”は
本当だった!

コスパの高さと圧倒的使い易さに感銘! Ubiquitiのユーザーが証言。

ラクスメール対応ミスを複数人管理で減少
誤送信を防ぐ送信前チェック機能も

返信モレに重複対応、誤送信……。メールによる顧客対応の課題解決!

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

アクセスランキング

tc1904
compass

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます