企業ネットワーク最前線

5Gへの“企業の期待”をガートナーが解説「4Gよりも10%以上多く払う」

文◎坪田弘樹(編集部) 2017.12.12

  • bookmark
  • Teitter
  • 印刷

ガートナー ジャパン 瀧石浩生氏

様々な産業分野での活用が想定されている5Gだが、ユーザーは実際、5Gにどんな期待を抱いているのか。そんな興味深いテーマで米ガートナーが行った調査の結果を紹介する。

 
74%のユーザー企業は5G(第5世代移動通信システム)に対して、4Gより多くの金額を費やしてもよいと考えている――。

これは、8月9日に米ガートナーが発表したグローバル調査結果の一部だ。企業・組織に所属する約200人を対象とした調査で、5Gに対する高い期待が窺える。

日本では2020年の実用化に向けて通信事業者が5Gの準備を進めており、ユーザーの認知度も徐々に高まりつつある。だが、特に企業ユーザーが5Gをどのように捉えているのかは、なかなか見えてこないのが実情だ。本調査の対象には残念ながら日本は含まれていないが(北米:55%、欧州・中東:32%、その他:13%)、それを読み解くヒントになりそうだ。

ガートナー ジャパンのリサーチ部門でテクノロジ&サービス・プロバイダー CSPテクノロジ リサーチディレクターを務める瀧石浩生氏の解説で、その結果を読み解いてみよう。

5GはIoT通信に使う1つめは、ユーザーの期待の高さを物語るデータだ。

「5Gはいつごろ広域に使えるようになると期待しているか」という設問への回答は、2018年が27%、2019年が23%、2020年が29%だった。2017年と回答した5%を含めて、84%が2020年までの「5G実用化」を期待している。瀧石氏は、「回答者が5Gをどこまで正確に理解しているかは不明」としながらも、「ユーザーは早く使いたいと考えている。期待しているからこその結果だ」と話す。

では、ユーザーは5Gを何に使おうと考えているのか。

想定用途について最も回答が多かったのは「IoT Communication」で57%。以下、「Video」(4K/8Kビデオストリームやビデオ会議)が50%、「Fixed Wireless Access(FWA)」が49%で続く。図表1でわかる通り、4位以下とは差が付いており、この3つの用途への期待が高い。

なお、3位のFWAは、AT&Tとベライゾンが固定アクセスの代替として5Gサービスを展開しようとしている米国ならではのニーズと言えるだろう。

 

図表1 ユーザー企業が考える5Gの想定用途
図表1 ユーザー企業が考える5Gの想定用途


「IoT向け通信」がトップになったことについて瀧石氏は、現状の通信サービスへの不満が背景にあると見ている。

「IoTにトライした結果、現状のLTEやWi-Fi等では不十分であり、これまでにない通信サービスが必要だという認識が広がったのだろう」

なお、この結果は純粋に5Gに対する期待だけでなく、LTE-MやNB-IoTといったLPWA(Low Power Wide Area)への期待が含まれていると考えることもできるだろう。
続きのページは「business network.jp」の会員の方のみに閲覧していただけます。ぜひ無料登録してご覧ください。また、すでに会員登録されている方はログインしてください。

スペシャルトピックスPR

tcloud
ntttx1901
hitachi1901

>> 今月の月刊テレコミュニケーション

月刊テレコミュニケーション【特集】5Gだけじゃない!
ネットワークの未来を変える
次世代テックたち

◆5Gの次、6G現る ◆有線IoTの大本命802.3cg ◆ワイヤレス工場の切り札誕生 ◆次世代IP映像伝送「SRT」 ◆ドローンで空からエリア構築 ◆P4が迫る“聖域”開放

●[インタビュー] Colt カール・グリブナーCEO & 日置健二社長/●地域BWA空白地帯を「プライベートLTE」に解放/
●日中間通信の課題と法規制/●モバイルワークの「コスト」と「安全性」 ほか

>>詳しい目次を見る

ホワイトペーパー

スペシャルトピックス

NTTコミュニケーションズ働き方改革を中小・中堅企業へ!

テレワークに必要なモバイルNW、PC、セキュリティをオールインワン提供するNTT Comの新パッケージ

SBクラウド日中間通信を国内並みの高品質に!
安心して使えるQR決済を下支え

Alipayで安定した決済サービスを提供するために導入した回線は?

NECモバイルワークに必須のアイテム
いつでもどこでも内線通話を実現!

NECのUNIVERGE ST500は、スマホを内線端末として利用可能にする。

パロアルトネットワークスパブリッククラウドをセキュアに!
24/365最新ポリシーで自動監視

パブリッククラウドのセキュリティリスクを軽減する「RedLock」

シーディーネットワークス中国でのWeb配信を8.5倍高速化
国内CDN事業者で唯一現地法人

中国でのWeb配信にはグレートファイアウォールなど多くの壁がある。

IIJグローバルソリューションズ日中の拠点間通信に“第3の選択肢”
セキュリティ対策も万全

日中間通信で「高品質」と「低コスト」の“いいとこ取り”!

ヤマハヤマハ独自の音声処理技術で
高音質な遠隔会議を実現!

しかも、規模に合わせて最適なマイクスピーカーが選べる。

TCloud for BizChat「月額180円」という低価格で
本格的な企業向けチャット!

都築電気の「TCloud for BizChat」の最大の特徴が安価な料金だ。

NTTテクノクロス長時間聞き取りやすい!
電話機とつなぐだけで会議を開始

NTTテクノクロスのマイクスピーカーならクリアな音声で遠隔会議。

日立ソリューションズ作業実績を簡単に収集&見える化
「IoTサイコロ」で製造現場改革!

製造現場の働き方改革の「切り札」がIoTサイコロだ。

漏洩同軸ケーブル(LCX)Wi-Fi電波を出すケーブルとは?

無線LANの不感知エリアの撲滅に効果的な「漏洩同軸ケーブル(LCX)」を使いこなせ!

ジュピターテクノロジー標的型攻撃対策としてのログ管理
7万エントリー/秒の高速処理!

ジュピターテクノロジーなら超高速処理と大規模環境に対応できる。

ノキアG.fastで簡単マイグレーション
VDSL回線を1Gbpsに高速化

ノキアのG.fastを使えば、既存のVDSL回線を気軽に高速化できる。

アクセスランキング

tcb
http://amzn.asia/d/ejYdrIg

「通信」の力でビジネスを進化させるbusinessnetwork.jp

Copyright(c) 2018 RIC TELECOM Co.,Ltd. All Rights Reserved. 記事の無断転載を禁じます